心を空にすると健康に?感情表現の脳への影響

あなたが悩んでいるときに、話を聞いてくれる友人や家族はいますか? 自分の心の中を誰かに話すのは恥ずかしいと思っていませんか? 誰かに話を聞いてもらうことで、脳の認知機能の低下を防ぐことができるという研究結果があります。

身近の食べ物ががん予防?!研究で支持された13の食材

食品とがんとの関係は、昔から切っても切れないものでした。実際、アメリカがん協会によると、「人は食べたものでできている」とのことです。結果、抗がん性の食品は、がんの予防と治療として多大な影響があるということになります。

「死」は二つの世界の中継点か

肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるでしょうか? このような素朴な疑問を抱く人は少なくないでしょう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在しますが、そのほとんどは魂の存在を認めています。

トラと旅人【世界むかしばなし】(10)

昔々、森の中に一匹のトラが暮らしていました。年を取り、もう自分で獲物を捕ることもできませんでした。ある日、トラは、湖のほとりで金の腕輪を見つけました。

梅雨にそなえて知っておきたい『梅雨独特の疾病』とは?

梅雨時のじめじめした空気には気分も下がりがちですが、体調まで崩してしまっては大変です。

左脳に潜在する、生まれつきの「快活的心情」

米国の神経生物学者が発見した驚くべきことには、快活的な心情を持つ人は後天的に形成されるのではなく、生まれつきであるといいます。人間の「快活的心情」は左脳に潜在するといいますが、左脳が主導している人は30%に過ぎないといいます。社会調査によると、心情の快活さは、性別、年齢、財産とは関係がないという結果が明らかになりました。

三顧の礼【ことわざ】

ある人が劉備に諸葛亮を推薦しました。彼が稀代の天才だというのです。そこで劉備は、関羽と張飛を連れて隆中の諸葛亮に会いに行きました。ところが、諸葛亮はあいにく不在で、どこに行ったのか、いつ戻るのか、わかりませんでした。劉備は非常に残念でしたが、しかたなく引き返すことにしました。

気は優しくて力持ち!金太郎伝説

 【大紀元日本4月23日】健やかでたくましい成長を願い、幼い男の子に送られる五月人形。人形のモデルはあの有名な金太郎です。しかし、話の内容に関しては、他の御伽噺と比べて一般的に認知度が低いようです(フ

旅立ちの日【季節の便り】

5月16日は、松尾芭蕉が奥の細道へと旅立った日(元禄2年=1689年)です。

人体の成長、あなたはどれだけ知っていますか?

「ダイエット」「血液サラサラ健康法」「ツボ押し」など、健康に関する話題は雑誌やテレビで盛りだくさん。健康に関して豊富な知識を持っている人は少なくありませんが、人体がどのように成長しているのか、注目したことがありますか?

緊急報告:法輪功学習者4人、ロシアで拘束

5月3日早朝、ロシア警察による法輪功学習者の家宅捜索が5件あった。「望ましくない組織」のために活動した疑惑で、4名が拘束された。ロシアの主要メディアが報じたが、法輪功に関して、中国共産党による誤った情報をそのまま流している。

子供の教育に役立つ 心に残る9つの物語 (下) 

子供のいじめ、自殺、暴力・・・昨今、心の痛むニュースが後を絶えません。生まれてきた時は、誰もが純粋で善良だったはずなのに、何が子供たちを悪へと走らせるのでしょうか。人生には学校の教科書から学ぶことのできない、大切な価値観があることを子供たちへ伝えることが重要です。将来を担っていく子供たちに、ぜひ読んでもらいたい物語を厳選しました。

ウサギの知恵【世界むかしばなし】(9)

昔々、森の中にゾウたちが暮らしていました。近くの池で、ゾウたちは水を飲んだり水浴びを楽しんだりしていました。

子どもの教育に役立つ 心に残る9つの物語 (中)

古代中国では身を修めることが重んじられ、子どもへの教育は、人格を磨き、訓練することが重要視されていました。それに関連する逸話や物語はたくさん伝えられており、現代人にとって学ぶ価値の高い内容のものも残っています。その中で、心に残る逸話をここに紹介します。

「温故知新」 刻舟求剣からの教え

刻舟求剣(舟に刻んで剣を求む)という物語は、『呂氏春秋』に出てくる寓話ですが、その内容は、以下のようなものです。

目の違和感 それは病気のサインかも!?

『目は魂の窓』というように、目は心と身体の状態を表します。米国ペニシルベニア大学・ペレルマン医学部(Perelman School of Medicine at the University of Pennsylvania)の眼科医ハーマン(Deborah Herrmann)医師によれば、目と体の中枢神経は連結しており、目に違和感がある時は、身体に重大な病気が潜んでいる可能性があるといいます。

「安珍・清姫伝説」【季節の便り】

地球は神々の思い出から造られた、あこがれの星です。それが驚きに満ちた不思議な家であったとしても、悲惨と希望と無関心を混載して銀河の中を、ドラマティックに天走しています。軋むような明るい哀しみの音を奏でて、宇宙のトワイライトを演出するのが、地球の美しい役割なのだといいます。

子どもの教育に役立つ 心に残る9つの物語 (上)

古代中国では身を修めることが重んじられ、子どもへの教育は、人格を磨き、訓練することが重要視されていました。それに関連する逸話や物語はたくさん伝えられており、現代人にとって学ぶ価値の高い内容のものも残っています。その中の一部を、ここに紹介したいと思います。

石工と山の精霊【世界むかしばなし】(8)

昔々、あるところに石工が暮らしていました。石については豊富な知識があり仕事ぶりが丁寧だったため商売はうまくいっていました。

子供を成功に導く北欧の「失敗教育」

フィンランド人の「失敗教育」は世界的に有名であり、その方法は簡単です。つまり、子供に失敗する経験を与え、失敗に立ち向かう術と勇気を学ばせるのです。現代では多くの人が盲目的に「成功」した人々を見習おうとしますが、失敗をも味わうことの大切さを無視しています。

寛容で謙虚な心【世界むかしばなし】(7)

中国の明の時代、江蘇省の江陰に張畏岩(チョウ・ワイガン)という男がいました。地元では文章の達人として知られていました。

漢字の神秘(10):責

中国で生まれた漢字には、時に宗教的な意味合いを含む場合があります。 漢字が形成された時代に生きた人々は、神など人間には見えない生命を心から信じていたことが、漢字から窺われます。

修行僧とハチミツの壺【世界むかしばなし】(5)

離れ島のある町に、信心深い男が住んでいました。妻をめとりましたが、長いあいだ子供ができませんでした。

マーボー豆腐の由来

日本でもすっかりお馴染みの「マーボー豆腐」 あなたはマーボー豆腐がなぜこのように呼ばれたのか知っていますか?

現代と伝統が交わる 驚異の目の健康法:白内障を克服

目の健康体操が白内障の治療効果に本当に奇跡的な影響を与えるのでしょうか? 台湾心医堂の中医診所所長である吳国斌氏は、新唐人の「談古論今話中醫」プログラムで、この目の健康体操と白内障の中医治療法を紹介しています。

仁愛の士は天下に敵無し(下)

庶民にしてみれば、陛下は今、仁愛の情を動物に施されましたが、自分たちには施してもらっていません。

仁愛の士は天下に敵無し(上)

孟子(紀元前372年?-紀元前289年)は各国を周遊していた時、訪れた斉国で貴賓として迎えられました。あるとき、斉国の宣王(?-紀元前324年)が孟子に尋ねます。

神韻ポーランド公演が大盛況 中国共産党が妨害するも効果なし

12日、神韻芸術団がポーランドのトルンで公演を行ない、満員の劇場に集った観客らが感動を語った。また公演終了後、事前に中国共産党が公演の妨害を試みるも失敗に終わっていたことが、劇場側の証言で明らかになった。

観念【ことばの豆知識】

これは、乳がんで乳房が大きく腫れたにもかかわらず隠していた於勝を、青洲が診察しようとする場面で、「観念した」とは、隠し続けるのを「あきらめた」ということです。

体が喜ぶ旬野菜

立春が過ぎると、植物は開花に向けて成長する時期に入ります。人間の身体も同様に、春夏に向けて体内の新陳代謝が活発になり、血液の量も増えます。漢方では、冬を過ごした身体は陰陽のバランスを整えることが大事であるとしています。