トランプ氏銃撃 目撃者「犯人が屋根を這っていた」

トランプ氏銃撃事件後、大紀元は、事件前に犯人が屋根を這っているのを目撃した人を取材した。
2024/07/14 子琴

トランプ氏退院 来週の共和党大会へ参加表明

トランプ米国前大統領は13日にペンシルベニア州で銃撃事件に遭遇した後、わずか2日後の15日からウィスコンシン州ミルウォーキーで開催される共和党全国大会に参加することを表明した。
2024/07/14 李言

トランプ氏銃撃、子供たちが父へ声援、トランプ氏「決して屈しない」

トランプ氏が銃撃された事件の後、トランプ氏の子供たちは父への支援声明を発表した。トランプ氏は「私は決して屈しない」と強く宣言し、支持者たちとの団結を強調した。
2024/07/14 徐簡

トランプ銃撃事件 バイデン大統領、岸田首相などの世界の首脳が暴力を強く非難

13日、ペンシルベニア州で行われた選挙集会中に、トランプ前米大統領が銃撃される衝撃的な事件が発生。アメリカの民主党と共和党の上級幹部、バイデン大統領をはじめとする世界各国の首脳が強く非難し、政治的暴力の無意味さと危険性を訴えている。
2024/07/14 徐簡

トランプ氏が襲撃され負傷:弾丸が肌を切り裂く感覚

13日の土曜日、アメリカ前大統領トランプ氏がペンシルベニア州での選挙集会に出席中に襲撃され、弾丸が耳をかすめ飛び、右耳に傷を負った。事件発生から数時間後、トランプ氏は自らの負傷に関する声明を出し、「右耳の上部」に弾丸が当たったと報告した。
2024/07/14 徐簡

トランプ暗殺未遂事件 犯人は会場外の屋根上から狙撃

13日発生した前米大統領トランプ氏銃撃で犯人はその場で警察によって射殺された。この事件を受けて、アメリカの民主党と共和党の上級幹部、世界各国の首脳たちが声明を発表し、トランプ氏への連帯と、このような暴力行為に対する厳しい非難の意を示した。
2024/07/14 林燕

トランプ氏が銃撃で負傷するも無事、容疑者と集会参加者が死亡

13日、アメリカのトランプ前大統領がペンシルベニア州バトラーでの選挙集会中に銃撃にあい、軽傷を負った。バトラー郡地方検事によると、発砲した人物と集会参加者の計二人が死亡したという。
2024/07/14 Ivan Pentchoukov

緊急報道:トランプ前米大統領、ペンシルベニア州の集会で銃撃に遭遇 シークレットサービスが迅速に対応

7月13日、ペンシルベニア州バトラーで開催された選挙集会中に、前米大統領トランプ氏が未確認の犯人による銃撃に遭遇。事件発生直後、シークレットサービスは迅速にトランプ氏を安全な場所へと避難。事件はトランプ氏がステージに立った直後に発生。シークレットサービスが事件を調査中。
2024/07/14 林燕

米ロ国防相が電話会談、安全保障脅威の予防など協議

米国防総省は、オースティン国防長官とロシアのベロウソフ国防相が12日に電話会談を実施したと発表した。約2週間で2度目という。
2024/07/13 Reuters

米大統領補佐官、インド高官と電話会談 「関係発展への協力で合意」

米ホワイトハウスのサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は12日、インドのアジット・ドバル国家安全保障補佐官と電話会談した。インド外務省が声明を発表した。
2024/07/13 Reuters

バイデン選対、トランプ氏からのゴルフ対決を拒否

バイデン大統領の選挙キャンペーンチームは今週、前大統領トランプ氏が提案したゴルフ対決を拒否した。これは、2週間前の2024年米大統領選初のテレビ討論会でバイデン氏自身がこの競技について言及したにもかかわらずのことである。
2024/07/11 李皓月

【プレミアム】パナマ・ダリエン地峡に移民が殺到 新大統領の経路封鎖対策開始前

【ダリエンギャップ(パナマ)発 】先週、数千人の移民が危険なジャングル地帯であるダリエン地峡(Darien Gap)を通過してパナマに入国した。新大統領ラウル・ムリノ氏がダリエン地峡を通る移民の流れを止める措置を講じる中、多くの移民がこのルートの閉鎖を恐れている。7月1日に就任したムリノ氏は、アメリカに向かう途中でパナマに入国する移民を本国に送還する費用をアメリカが負担するという合意を結んだ。

米 ジョンソン下院議長、中国共産政権に対抗するための立法パッケージを推進

米国下院議長のマイク・ジョンソン氏(共和党、ルイジアナ州)は、今年中に中国共産政権を標的とする重要な立法パッケージを議会で可決させたいと述べた。ジョンソン氏は、7月8日にハドソン研究所で行った初の主要な外交政策演説で、「中国は世界平和に対する最大の脅威だ。議会はあらゆる手段を駆使して中国に対抗することに焦点を当て続けなければならない」と述べた。

中国共産党関与のバイオ医薬スパイ活動が明るみに = 米国

米国司法省が5月22日に発表したニュースリリースによると、フロリダ州に住む51歳の男性が、フロリダ大学とは無関係にもかかわらず、同大学のシステムを悪用して危険な薬物や毒素を中国に違法に運送する計画に関与したとして起訴された。この計画には、私営会社の研究所の従業員と不明のフロリダ大学の学生も含まれている。
2024/07/11 徐天睿

米国のチャイナウォッチャー、「法輪功保護法」に注目

2024年6月25日、米国下院は「法輪功保護法案(H.R. 4132)」を可決した。この法案は、中国共産党(中共)による法輪功の迫害を即時に停止することを求めている。また、中共の臓器収奪行為に関与した者に対する制裁も規定しており、資産凍結や渡航禁止、刑事罰が含まれている。法案は今後、上院に送られ、可決されれば大統領の署名を待つことになる。

「私は選挙戦を最後まで戦う」 バイデン大統領が決意を明らかに

米国のバイデン大統領は7月8日、議会の民主党議員たちに手紙を送り、大統領選挙を最後まで全力で戦うことを誓った。民間の分析によると、バイデン大統領は今週行われたNATOサミットでのパフォーマンスが好評を得れば、有権者からの支持を確固たるものにすると見られている。
2024/07/10 新唐人テレビ

非市民の投票を禁止 米アイダホ州、新たな行政命令発令

7月9日(現地時間)、アイダホ州知事ブラッド・リトル氏は、州の有権者名簿から非市民を排除するための一連の行動を指示する行政命令「Only Citizens Will Vote Act」に署名した。この命令は、有権者の信頼を高め、選挙の透明性を向上させることを目的としている。
2024/07/10 Tom Ozimek

ヘイリー氏、代議員にトランプ氏への投票を訴え

元共和党大統領候補のニッキー・ヘイリー氏は7月9日、自身が獲得した97人の代議員に、前大統領トランプ氏を支持するよう呼びかけた。
2024/07/10 Jackson Richman

【プレミアム】 中国による軍基地近くの土地購入 米国は監視強化

米国農務省(USDA)の報告によると、現在、外国が所有する米国の農地は合計で4400万エーカーに達する。この報告は、1978年の農業外国投資開示法(AFIDA)に基づき、2022年12月31日時点での外国所有の農地状況を示している。

米国、軍事基地近郊の土地売買審査を拡大

米国財務省は、外国人購入者による米国内の多数の軍事施設近郊の土地購入に対する審査を拡大するための規則案を発表した。この提案された規則は、対米外国投資委員会(CFIUS)の権限を拡大し、56の追加軍事施設近郊の土地売買を審査対象とするものであり、対象施設の総数は227に増加する。
2024/07/10 Jana J. Pruet

「億万長者がどう考えようと関係ない」 バイデン大統領「候補辞任説」を断固として否定

ジョー・バイデン米大統領は、2024年7月7日、ペンシルベニア州ハリスバーグ国際空港に到着後、地元関係者とセルフィーを撮影した。バイデン大統領は、大統領選テレビ討論後に民主党内で浮上した「候補辞任説」を断固として否定し、党内の結束を呼びかけた。8日(現地時間)、バイデン大統領は民主党議員に宛てた書簡で、「メディアや各方面でのあらゆる憶測にもかかわらず、私は最後まで予備選を戦い抜き、ドナルド・トランプを打ち負かすために尽力する」との決意を表明した。
2024/07/09 徐天睿

米 ウィスコンシン州最高裁、2024年選挙に向けて無人投票箱を許可

【マディソン発】ウィスコンシン州最高裁判所は7月5日、2024年選挙前に無人投票箱の再使用を認める判決を下した。4対3の票差で可決されたこの決定は、2022年に施行された無人投票箱の禁止を覆すものである。
2024/07/09 徐天睿

トランプ前大統領、ヘリテージ財団の「プロジェクト2025」から距離を置く発言

7月4日、トランプ氏はヘリテージ財団のシンクタンクが推進する「プロジェクト2025」と関係ないと述べた。
2024/07/06 Jack Phillips

中比衝突は中共の台湾侵攻のリハーサルだ=前米副国家安全顧問

前米国副国家安全顧問のマシュー・ポッティンジャー氏は、火曜日(7月2日)に中共当局が現在の南シナ海でのフィリピンとの対峙を、台湾侵略の「リハーサル」として捉えていると述べた。
2024/07/05 陳霆

米国で消費者がチップに反発、要求に不満広がる?

数日前、テッド・ロスマン氏はニューアーク空港でサンドイッチを購入した際、大きな驚きを経験した。ロスマン氏は金融情報サイト「Bankrate」の上級産業アナリストであり、自動販売機で自らスキャンして支払いを済ませたところ、チップを求められたのだ。「人々がチップを求められる場面がかつてないほど増えている」とロスマン氏は述べ、「10年前には考えられなかった状況が増え、避けることが難しくなっている」と語った。
2024/07/05 吳畏

米政府 中国人116人をチャーター機で本国送還、2018年以来初めて

アメリカ政府は6年ぶりにチャーター機を動員して、米国に滞在資格のない中国国籍者を大規模に強制送還した。米国土安全保障省(DHS)は、2日(現地時間)、移民・関税執行局(ICE)が中国当局と調整し、週末の間にチャーター機で中国人116名を本国に送還したと発表した。
2024/07/04 徐天睿

都市から農村まで、アメリカが過去最大規模で独立記念日を祝う

今週木曜日(7月4日)、アメリカは第248回独立記念日を迎える。予想では、この日にはアメリカ国内の旅行者数が史上最多となり、消費額も過去最高を記録すると見込まれている。多くの地域で猛暑と激しい雷雨が予想される中でも、祝祭ムードは衰えることはないだろう。
2024/07/04 John Haughey

米最高裁 トランプ氏に免責認める判決、その意義と影響

7月1日、アメリカ最高裁判所は前大統領ドナルド・トランプ氏に免責の勝利をもたらし、トランプ氏が在任中に行った行動について刑事訴追を大幅に免れることとなった。九人の裁判官は6対3の票決で、大統領がその核心的な職務範囲内で行う行動については絶対的な免責を有し、他のすべての公式行動についても推定的に免責を享受するとの判断を下した。
2024/07/03 程雯

米『法輪功保護法案』成立 日本議員が各国に追随を呼びかけ

アメリカ下院はこのほど、全会一致で『法輪功保護法案』を可決した。これを受けて、日本の複数の議員が政府に対し、直ちに追随し、中国の人権を保護し、中国共産党による法輪功弾圧を制止するための関連法案を制定するよう呼びかけた。

元検察官 免責判決でトランプ氏の裁判が選挙後に延期されるかも

トランプ氏の免責判決を受け、複数の法律アナリストや元連邦検事は、裁判は11月の選挙前には行われない可能性が高いと示唆した。
2024/07/03 Jack Phillips