内部の敵が国家を蝕む:リンカーンとトランプの警告

内部の敵は外部の敵よりも危険である。アメリカは外部の力によって破壊されることは決してない。もし我々が動揺し自由を失うなら、それは自らの手によるものである。
2024/05/24 William Brooks

米24州知事が共同でパンデミック条約に反対 バイデン氏に署名しないよう要請

米バイデン政権が進めているパンデミック条約とIHR改定案に、24州の知事が共同で反対。同条約が世界保健機関(WHO)に「前例未聞に(米憲法に対し)違憲の権限を付与することになる」と懸念を示した。
2024/05/24 Kevin Stocklin

コロナ禍のソーシャルディスタンスは科学的証拠に基づいていない 米NIHの元所長が証言

米国立衛生研究所(NIH)のフランシス・コリンズ元所長によれば、6フィート(約2メートル)の社会的距離を置くというルールには科学的根拠が欠けていたという。米議会の非公開セッションでコリンズ氏が証言した。
2024/05/24 Tom Ozimek

台湾とアメリカの絆を強化する頼清徳総統の就任

5月20日、中国共産党政権による台湾への圧力が増大する暗い時代において、台湾新総統の頼清徳氏が就任し、アメリカと台湾に明るい未来をもたらした。
2024/05/24 Bradley A. Thyer

国土安全保障省が新規則を発表、南部国境で暗躍するテロリストの米国内滞在を防止

米国国土安全保障省(DHS)は最近、新しい規則を発表した。この発表の声明の中で、DHSは意図せずに、これら数百万の不法移民に対して背景調査を行っていないことを明らかにした。代わりに、これらの調査は庇護審問の段階まで延期されている。庇護審問は通常、数年後に行われる。
2024/05/23 James Breslo

FBIはトランプ氏私邸の家宅捜査でSSとの「交戦」を備えていた 銃を所持=開示文書

21日に新たに開示された文書によると、2022年にトランプ前大統領の私邸を家宅捜査した連邦捜査局(FBI)の捜査官は、米大統領警護隊(シークレットサービス)との「交戦」の可能性に備えていたことが分かった。
2024/05/23

トランプ氏:「避妊手段の制限はない」避妊薬制限計画を否定 

トランプ氏は、2024年5月21日にピッツバーグのテレビ局でのインタビューでの発言について、避妊薬の制限を支持しているとの報道を否定した。トランプ氏は、実際には経口中絶薬である「ミフェプリストン」に関する政策を言及しており、避妊薬に対する制限を意図はなかったと説明した。
2024/05/23 Tom Ozimek

アメリカ司法省、反中絶団体を提訴 中絶サービス妨害の疑い

上級法律顧問マーティン・キャノン氏は、「ハンディ氏が無辜の未出生の赤ちゃんの命を平和的に守るために尽力していることに感謝すべきであり、苦しみを伴う監禁を受けるべきではない」と声明で述べている。
2024/05/23 Tom Ozimek

スパイ容疑のウィキリークス創設者 引き渡しに異議を唱える権利を獲得

WikiLeaksの創始者ジュリアン・アサンジ氏は、3月、ジュリアン・アサンジ氏の弁護団は控訴で勝訴しスパイ罪に問われている米国への引き渡しに異議を唱える権利を得た。
2024/05/22 Owen Evans

もうアメリカでは暮らしていけない 苦しむ市民たち

実収入が7万5千ドルを下回り、なお減り続けている状況において、自宅を購入するという伝統的なアメリカン・ドリームを追い求められる者は、ますます減っていくだろう。
2024/05/22 Michael Wilkerson

連邦裁判所、米国議会東側階段を「自由な言論の場」と認定

アメリカ連邦判事が5月17日、米国議会議事堂の東側入り口への階段の下部が、第一修正に基づく表現の自由が認められる「伝統的な公共の場」であるとする判決を下した。
2024/05/21 Bill Pan

トランプ氏、バイデン大統領に薬物検査を要求

2024年5月19日、前大統領ドナルド・トランプは、現職大統領ジョー・バイデンに対して初の大統領討論会前に薬物検査を受けるよう要求する意向を示した。トランプ氏はバイデン氏が3月の一般教書演説の際に「薬物の影響下にあった」と主張し、そのため討論会前に薬物検査を受けるべきだと述べた。
2024/05/21 Naveen Athrappully

新しい生活:持ち家は賃貸よりも本当に良いのだろうか?

第二次世界大戦後、マイホームを持つことはアメリカンドリームの象徴となっている。結婚後すぐに家を購入し、家庭を築くことが一般的とされていた。連邦政府は住宅ローンを保証し、この理想を支えるために様々なプロジェクトを立ち上げた。しかし、このアプローチは2008年の住宅危機により行き過ぎた結果を招った。この危機以降、不動産所有の概念は多くの人にとってリスクが高いものとなっている。
2024/05/21 Jeffrey A. Tucker

交通手段をめぐる戦争 背景に利権と米政府の失策

鉄道は長旅にも最適で、米経済の中心的な産業だった。しかし、利権絡みで、政府が自動車に重点を置き換えた。ところが今では、バイデン政権が旧来の自動車を切り捨て、懸念点が多いEVを推進している。
2024/05/20 Jeffrey A. Tucker

全体主義を支持する暴動、アメリカとヨーロッパ

アメリカのキャンパス、テスラの工場、そして今月スウェーデンで開催されたユーロビジョン・ソング・コンテストの会場において、混乱を招き、あからさまに破壊的ですらある凶悪犯たちに共通するものは何だろうか?彼らは皆、何らかの形で資本主義を破壊したいのだ。
2024/05/18 Thomas McArdle

【プレミアム報道】なぜアメリカの1960年の選挙人団は勝利し、2020年の選挙人団は失敗したのか?

多くのアメリカ人は、いまや1960年の選挙についてあまり覚えていない。 また、2020年の選挙が1960年の選挙と非常に似ていることに気づいている人も少ない。
2024/05/18 Lawrence Wilson

ISIS関係者が関与か? 不法移民によるテロ脅威を警告=コーニン上院議員 

国家情報長官アヴリル・ヘインズ氏が15日に、ISIS関連の人身売買ネットワークが南部国境を越えて不法移民の通過を容易にしていると確認した。これを受け、ジョン・コーニン上院議員は、テロの脅威が米国内で発生するのは時間の問題だと警告した。
2024/05/18 Tom Ozimek

米国と世界の選挙に影響力を行使、「中共は自信満々」=米国家情報長官

アヴリル・ヘインズ国家情報長官によると、北京は米国や世界の選挙に影響を与える能力に自信を深めているという。 2024年の選挙に対する外国の脅威に関する上院公聴会でヘインズ氏は、中共当局は人工知能とビッグデータ分析を通じて影響力作戦のツールを完成させていると述べた。
2024/05/18 Eva Fu

バイデンとトランプTV討論会で対決、6月と9月で両候補合意

史上最も早い時期に行われる大統領テレビ討論会が6月27日にCNNで開催されることが確認された。
2024/05/18 Chase Smith

【プレミアム報道】TikTokの闇に飲み込まれる米国の若者たち(下)

中国共産党はTikTokのアルゴリズムを「国家機密」のように扱っている。それは商業活動のためのプラットフォームではなく、影響力工作に使うものだ。
2024/05/18 Terri Wu

皆が知らないFRBと気候変動との関係

連邦準備制度理事会(FRB)はアメリカの中央銀行として、政策のあらゆる側面に口を出している。それでも、先週のFRBのプレスリリースは極めて奇妙だった。FRBが気候変動を管理できると思うか?FRBの支配は災いをもたらすだけだ。
2024/05/17 Jeffrey A. Tucker

米控訴裁判所 コロナ関連事件の判事解任

米連邦控訴裁判所は、COVID-19パンデミックによる陪審裁判の停止措置を理由に、刑事事件を2度却下した判事をその事件から解任した。5第9巡回控訴裁判所の3人の裁判官は、ジェフリー・オルセン氏に対する訴訟はコーマック・カーニーから別の判事に再割り当てされると発表した。
2024/05/17 Zachary Stieber

TikTok 中国では不適切扱いの有害コンテンツを米国で配信 

マクドナルド・ローリエ研究所(MLI)が公表した報告書によると、ソーシャルメディアアプリのTikTokは中国共産党による偽情報の拡散において重要な役割を果たしており、カナダ政府はこの種の外国からの干渉に立ち向かうべきであるとされている。
2024/05/17 周行

【プレミアム報道】TikTokの闇に飲み込まれる米国の若者たち(上)

2020年11月。家路を急ぐショッツ夫婦の顔に、表情はなかった。ついさっき、18歳の娘アナリーさんがコロラド州の農場で自ら命を絶ったとの知らせが舞い込んできたのだ。
2024/05/17 Terri Wu

5月14日アメリカ予備選挙、予想通りだったが、ハイライトも

5月14日、メリーランド州、ネブラスカ州、西バージニア州で民主党と共和党の初選が行われた。前大統領ドナルド・トランプ氏と現職大統領ジョー・バイデン氏は選挙戦でいくつかの警告信号に直面したが、全体的な状況は安定していた。5月14日予備選挙のハイライト

反ユダヤ主義法案を下院が可決、言論の自由をめぐる議論に拍車

反ユダヤ主義に対抗することを目的とした法案が米国下院で可決され、憲法修正第一条の権利に影響を及ぼす可能性について党派を超えた議論が巻き起こっている。反ユダヤ主義啓発法として知られるこの法案は、5月1日、321対91の賛成多数で米下院を通過した。

トランプ氏、民主党優勢なニュージャージー州の集会に数万人の支持者集める

ニュージャージー州ワイダーウッド、前大統領ドナルド・トランプは5月11日、ビーチでの珍しい演説に数万人のファンを集めた。民主党が優勢とされるこの州で、共和党候補がこれほど多くのファンを集めたのは歴史的な偉業だと言える。
2024/05/16 Janice Hisle

最高裁、アプリ開発者のアップルに対する独占禁止法違反訴訟を審理せず

5月13日、最高裁判所はアプリ開発者からの訴訟の審理を拒否した。 彼らは、アップルがCOVID-19追跡アプリとビットコインアプリをApp Storeで利用可能にすることを拒否したことで、独占禁止法に違反していると訴えた。
2024/05/16 Matthew Vadum