2024年米大統領選挙初の討論会 注目の6ポイント

アメリカの現職大統領と前大統領が来週木曜日(6月27日)に歴史的なテレビ討論を行う。両候補は全国世論調査でほぼ互角の支持を得ており、この初の討論会は非常に重要な局面となっている。
2024/06/23 李皓月

オピニオン:揺らぐ「中国夢」、中産階級の苦境と不動産危機

中国の中産階級はかつて楽観的で情熱的であったが、今や状況は変わり、多くの人々が貧困に陥りつつある。これは労働者にとって悲劇であり、中共にとっては危険である。
2024/06/22 Milton Ezrati

話題のプライベートクレジット 注意が必要

現在投資家から注目されている資産クラスはプライベート クレジットだ。
2024/06/22 Tom Czitron

インド株式市場がナスダックを上回る、中国株式市場の低迷の理由とは?

世界の株式市場で、人気のナスダックと並ぶ市場は少ないが、インドは例外である。強力な利益成長、地政学的な追い風、有利な人口構造により、インドは魅力的な投資環境を提供し、驚くべき成長を遂げている。一方で、中国株式市場は低迷しており、その背後には複雑な経済状況と政府の厳しい規制が影響している。なぜインド株がこれほどまでに好調で、中国株が低迷しているのか、その理由を探る。
2024/06/22 吳畏

G7、中国へ強硬姿勢を示した理由 専門家が分析

6月14日、7か国グループ(G7)の首脳会議で発表された共同声明は、中国に関する項目が過去に比べて大幅に増加し、言葉遣いもこれまで以上に厳しいものとなった。
2024/06/19 宋唐、易如

小さな行動で世界を救う

ほんの数年前まで私たちが知っていた文明が衰退しているように見えます。私たちが制御できる生活の側面があり、ここで誰もが変化の一部となることができます。
2024/06/19 Jeffrey A. Tucker

露朝 戦略条約で署名へ、中・露・朝の間で揺れる外交戦略ー専門家に聞く

日本時間19日未明に、ロシアのプーチン大統領と北朝鮮の金正恩総書記が会談を行い、「包括的戦略パートナーシップ条約」を締結する見通しだ。この複雑な状況は、東北アジアの地政学的な緊張を一層高めていると考えられる。国際関係および地政学の専門家である桜美林大学の菅沼雲龍教授は、朝鮮が国際情勢においてますます重要な役割を果たしていると指摘している。
2024/06/19 徐天睿

【プレミアム】アメリカのオンライン求人市場に潜む罠 偽求人情報の実態とその影響

アメリカの求人市場で偽求人情報が広がり、求職者と企業に深刻な影響を与えている。企業は成長のイメージを偽装し、社員の士気を保つために「幽霊求人」を利用。求職者は無駄な応募に時間を費やし、企業は信頼を損なっている。
2024/06/19 Autumn Spredemann

オーストラリア記者チェン・レイ氏、中国共産党による公然とした妨害行為を受ける

6月17日、オーストラリアの首都キャンベラにて、オーストラリアのアンソニー・アルバニージ首相と中国の李強首相が首脳会談を行いました。3年以上にわたり中国で拘束されていたオーストラリア国籍の中国系TVキャスター、チェン・レイ氏が両国間の文書署名式典およびプレスカンファレンスに出席することになっていましたが、中国共産党の官僚によって意図的に視界を遮られる事件が発生し、メディア界に大きな議論を呼んでいる。
2024/06/18 李皓月

【プレミアム報道】中共、アフリカメディアへ統制強め、反米プロパガンダ推進(2)

中国共産党の官製メディアはアフリカ54カ国のうち少なくとも40カ国に存在する。
2024/06/18 Darren Taylor

中国共産党が台湾芸能界に浸透 その真の目的が明らかに

台湾の人気歌手謝和弦氏が公開した中国企業からのオファーにより、中国共産党が台湾芸能界にどのように影響を及ぼしているかが明らかになった。マネートラップ。
2024/06/17 佟亦加

【プレムアム報道】脳死の人は本当に死んでいるのか?(3)

医学的な観点からは、脳死は死亡とみなされる一方で、倫理的、宗教的な観点からは疑問が残ります。脳死患者が本当に死んでいるのか、それともまだ生きているのかについての議論は続くでしょう。
2024/06/17 Marina Zhang

【プレムアム報道】脳死の人は本当に死んでいるのか?(2)

脳死の概念は半世紀前に始まりましたが、未だに多くの謎を残しています。脳死患者が本当に死んでいるのか、それともまだ生きているのかについての議論は続くでしょう。
2024/06/17 Marina Zhang

南シナ海で緊迫、中国海警とフィリピン補給船が衝突?

6月17日、中国海警は南シナ海での領土紛争が続くセカンド・トーマス礁周辺で、中国の海警船とフィリピンの補給船が衝突したことを公表した。この地域は長年にわたる領土紛争の焦点であり、新たな緊張が高まっている。 中国海警の報告によれば、フィリピンの補給船は6月17日の早朝5時59分に、セカンド・トーマス礁近くの海域に「不法に」侵入したとされる。
2024/06/17 陳霆

バングラデシュ、中国製武器は技術的問題を抱えると不満

技術とは積み重ねによるものだが、中国製の兵器にはそれがないようだ。バングラデッシュがそれを報告している。バングラデシュは長年中国から軍事装備を輸入しているが、最近、中国製の部品に不具合が見られるなど技術的な問題が発生し、不満を表明している。 インドの「エコノミック・タイムズ」紙が6月13日に報じたところによる。
2024/06/16 李皓月

米中貿易戦の影響続く中、港湾の動向に注目

港湾の正常運営はアメリカのサプライチェーンの安定にとって不可欠である。現在進行中の米中貿易戦や東海岸港湾での労使交渉の一時中断を受け、バイデン政権の「経済顧問委員会」(CEA)主席であるジャレッド・バーンスタイン氏が経済の見通しについて語った。
2024/06/16 姜琳達

米国薬典報告、薬品不足が10年ぶりの高水準に達したと発表

米国薬局方(USP)が発表した初の年間薬品不足報告によると、2023年の薬品不足は過去10年で最高水準に達した。報告書によれば、「過去10年間で薬品不足は増加し続け、2023年末までに米食品医薬品局(FDA)が監視している薬品不足の数は125種類に達した。この高水準の不足は、市場の脆弱性が持続している直接の結果である」としている。「2023年に不足した薬品のうち、約4分の1(34種類)は新たに不足したものである。」
2024/06/14 Amie Dahnke

国連安保理、バイデン大統領提案のガザ停戦決議を採択

国連安全保障理事会(安保理)は6月10日、アメリカ主導の決議を採択し、バイデン大統領が5月31日に提案したガザ停戦協定を確認した。安保理の15加盟国のうち、13カ国がアメリカの提案に賛成票を投じ、拒否権を持つロシアは棄権した。
2024/06/14 Ryan Morgan

就業機会が減少しているのか?

2020年の経済不況の影響が大きく、雇用データは不安定です。雇用主はパートタイムの従業員を採用する傾向があり、フルタイムの仕事は減少しています。政治的な介入によりデータが信頼できなくなり、状況はさらに複雑になりました。経済構造が次第に悪化し、人々の生活にプレッシャーがかかり、家庭の財政状況が危機的です。仕事の機会が減少し、特に若者は雇用市場の課題を感じています。現状は楽観できず、経済の展望は不透明です。就業機会が減少しているのか?
2024/06/14 Jeffrey A. Tucker

バイクを取られた男性 道路の真ん中に「横たわり」抗議

交通警察に電動バイクを取り上げられた男性が道路の真ん中に横たわった。
2024/06/14 李凌

AIがもたらすものとリスク(下)

AIが人文学の分野で、好景気をもたらす可能性があると考えている。これは、AIが人間のように新たな視点で物事を結びつける能力に欠けているためだ。
2024/06/13 Graham Young

AIがもたらすものとリスク(上)

アラン・チューリングが『計算機械と知能』を書いてから74年、AIという用語が作られてから68年が経ったが、今ではジャーナリストを含め、誰もがAIについて語っている。
2024/06/13 Graham Young

大発見、ノルウェーでヨーロッパ最大級のレアメタル鉱床!

ノルウェーのレアメタル鉱業会社が、ヨーロッパ最大級のレアメタル鉱床を発見したことは、中国への依存を減らすためのヨーロッパの新たな希望となるかもしれない。この鉱床は、電気自動車や風力タービンといったクリーンエネルギー技術に不可欠なレアメタルを豊富に含んでおり、EUのレアメタル自給率向上に大きく寄与する見込みである。
2024/06/13 張婷

さいたま市で「人狩り」上映会 中国臓器移植の闇を暴露

6月9日、さいたま市緑区プラザイーストで中国の違法な臓器移植の闇を暴露したドキュメンタリー映画「人狩り(Human Harvest)」の上映会が行われた。なぜ、中国政府は強制的に生きたまま、人の臓器を取り出して、移植することが犯罪だとわかっているのに、止められないのだろうか? 人を殺しても、国家が得るものは何か、医師が得るものはなにか? 濡れ衣を着せて捕まえた善良な法輪功の人々を、今日も、迫害し臓器を奪っているのだ。
2024/06/12 清川茜