中露軍事合作、南シナ海へ拡大 各国の警戒強まる

中共とロシアは南シナ海での合同軍事活動を強化しており、これによりアメリカ、日本、フィリピンなどの国々の懸念を引き起こし、西側諸国が専制政権の結束を警戒する可能性が高まっている。中共の官営メディアによると、中露は南シナ海で初めて実弾海軍演習を開始した。これは両国の軍隊がこの争議の多い海域で合同演習を行う初めてのことであり、近年中露の軍事協力が強化されていることを反映している。
2024/07/18 陳霆

前CIA分析官、韓国のスパイ容疑で起訴

中央情報局(CIA)およびホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)で勤務していた外交政策の専門家が、未登録の韓国政府代理人として活動し、贅沢品やその他の贈り物を受け取ったとして、アメリカで起訴された。スー・ミ・テリー(Sue Mi Terry)氏は、アメリカの著名な外交事務評論家である。起訴状によれば、彼女は連邦捜査局(FBI)に対して、自身が韓国情報機関の情報源であることを認め、2022年6月に行われた秘密会議の手書きメモを韓国の情報員に渡したとされている。
2024/07/18 陳霆

バイデン大統領、再選への意欲を再確認 「トランプより3歳年上なだけ」

【ワシントン発】 アメリカ大統領ジョー・バイデン氏は、NBCのインタビューで自らの思考力が依然として鋭く、再選に向けての意欲を示した。7月15日(現地時間)、バイデン大統領はNBCのレスター・ホルト氏によるインタビューを受け、再選の意向について語った。ホルト氏が最近の出来事が再選意欲に影響を与えたか尋ねると、バイデン氏は即座に否定し、その理由を述べた。
2024/07/16 陳霆

中比衝突は中共の台湾侵攻のリハーサルだ=前米副国家安全顧問

前米国副国家安全顧問のマシュー・ポッティンジャー氏は、火曜日(7月2日)に中共当局が現在の南シナ海でのフィリピンとの対峙を、台湾侵略の「リハーサル」として捉えていると述べた。
2024/07/05 陳霆

経済の低迷により、中国の若者たちが「リベンジ的貯金」

パンデミック終息後、世界各国で「リベンジ的消費」ブームが巻き起こり、今なおその余波が続いている。しかし、中国ではこれとは逆の現象が見られる。若者たちが「リベンジ的貯金」を始め、毎月高い貯蓄目標を設定するようになっている。
2024/07/03 陳霆

プラスチック生産過剰で、中国再び貿易摩擦の火種

専門家は、中国国内需要が低迷している中で、プラスチック供給量が増加し続けていることが供給過剰を招き、新たな国際貿易争端を引き起こす可能性があると警告している。ロディウム・グループ(Rhodium Group)で米中関係および中国産業政策の研究を担当する副主任チャーリー・ヴェスト(Charlie Vest)氏は、「鉄鋼や太陽光パネルに続き、中国の構造的失衡がグローバル市場に波及しているまた別の事例がある」と述べている。
2024/07/02 陳霆

フーシ派の襲撃が連鎖反応を引き起こし、アジアの港が混雑

世界第2位のコンテナ港であるシンガポール港が、COVID-19パンデミック以来の混雑のピークに達している。これはフーシ派が紅海で行った襲撃が、世界の海運を混乱させた結果である。多くのアジアやヨーロッパの港でも遅延が発生している。
2024/06/28 陳霆

トランプ氏、米大学卒業の外国人にグリーンカード発行を提案

アメリカ前大統領のドナルド・トランプ氏は6月20日(木)のインタビューで、米国の大学を卒業した外国人にグリーンカードを発行することを提案し、この発言は意外なものとして注目されている。この提案は、米国の移民政策を部分的に緩和することを示唆している。
2024/06/22 陳霆

日本、中国および香港の7企業に経済制裁

日本政府はロシアのウクライナ侵攻を支援しているとされる中国および香港の7企業に対し経済制裁を発表。この動きは、欧米が既に同様の措置を講じている中での日本の決定的なステップとして位置づけられる。
2024/06/22 陳霆

南シナ海で緊迫、中国海警とフィリピン補給船が衝突?

6月17日、中国海警は南シナ海での領土紛争が続くセカンド・トーマス礁周辺で、中国の海警船とフィリピンの補給船が衝突したことを公表した。この地域は長年にわたる領土紛争の焦点であり、新たな緊張が高まっている。 中国海警の報告によれば、フィリピンの補給船は6月17日の早朝5時59分に、セカンド・トーマス礁近くの海域に「不法に」侵入したとされる。
2024/06/17 陳霆

驚異的! トランプ氏が有罪判決後に5280万ドルを集める

トランプ前大統領が口止め料裁判での有罪判決を受けた直後に、5280万ドル(約83億円)という驚異的な金額をわずか1日で調達した。この額は昨年の同期間の資金調達額の半分以上に当たる。多くの人がその額に驚いている。
2024/06/01 陳霆

ブリンケン国務長官、WHOに「台湾を世界保健総会に招待」を要請

5月27日、世界保健機関(WHO)は年次世界保健総会(WHA)を開催する。アントニー・ブリンケン米国務長官は5月1日(水)、台湾にオブザーバーとして会議に参加するよう強く求めた。
2024/05/03 陳霆

バイデン氏、中国企業を禁輸リストに追加=過去最多

バイデン大統領は就任以来、319の中国実体や個人をエンティティーリストに追加し、トランプ政権時代の数を超えている。米中緊張がさらに高まっていることが示されている。
2024/04/13 陳霆

中国デフレ圧力が再燃 3月のCPIは弱く、PPIの下落幅は拡大

4月11日に中国国家統計局が公表した最新の経済データによれば、3月の中国の消費者物価指数(CPI)は僅かながらも増加したが、生産者物価指数(PPI)の下落が続き、デフレ圧力が再び強まる兆しを見せている
2024/04/11 陳霆

売れない中国EVが大量に滞留 駐車場と化した欧州の港

ヨーロッパの港湾地帯は、中国からのEVの大量輸入により、実質的に巨大な「駐車場」と化した。
2024/04/11 陳霆

太平洋の島国フィジー 中国警察官の国外退去を命じる

フィジーのラブカ首相は、中国共産党(中共)の増大する影響が太平洋地域の民主主義に対する脅威であるとの懸念から、同国に駐在する中共の警察官に国外退去を命じた。
2024/03/30 陳霆

宇宙核兵器配備禁止決議案 日米が国連安保理に提出

3月18日、日本と米国は、宇宙での核兵器の使用禁止を定めた条約の順守を各国に強く要請する決議案を国連安全保障理事会に提出した。
2024/03/19 陳霆

ブリンケン米国務長官の韓国訪問中 北朝鮮が弾道ミサイルを発射

米国のブリンケン国務長官がソウルを訪れ、第3回民主主義サミットに参加している最中、北朝鮮は複数の弾道ミサイルを東部海域に向けて発射し、挑発を行った。 3月18日、韓国の合同参謀本部は、北朝鮮の首都である平壌南部から発射された複数の短距離ミサイルが、朝鮮半島の東部に落下したと発表した。
2024/03/18 陳霆

米国 台湾向けのMQ-9B無人機4機を製造 「米日台」各軍の協力をサポート

米国防総省は3月12日、台湾向け「スカイガーディアン」無人機4機の製造を目的とした契約が、ジェネラル・アトミックスと締結されたと発表した。
2024/03/16 陳霆

バイデン大統領 新日鉄によるUSスチール買収案に反対を表明

バイデン米大統領は3月14日、新日本製鐵(新日鉄)が米国の製鋼会社USスチールを買収しようとする計画に対し、反対する姿勢を表明した
2024/03/15 陳霆

バイデン 新日鐵の買収計画に懸念を示すか、USスチール株価大幅下落

情報筋によれば、バイデン米大統領は、新日本製鐵株式会社(略称:新日鉄)による米国鉄鋼大手USスチールの買収計画に対して懸念を示す声明を発表する予定である。この報道を受け、USスチールの株価は、過去4年間で最も大きく下落した。
2024/03/14 陳霆

ファーウェイのチップは、米国の制裁措置前に購入した米企業製の設備で製造された

情報源によれば、ファーウェイおよびその協力企業である中芯国際(SMIC)が2023年に製造した最先端の7ナノメートルチップは、米国の制裁措置が実施される前に購入されたアプライド・マテリアルズ社やラム・リサーチ社の設備を用いて生産された。
2024/03/08 陳霆

フィリピン船に突っ込む中共船 接触の映像が公開

フィリピンは3月5日、中共海警局の船が「危険な操作」を行い、接触し、フィリピン沿岸警備隊の船が軽微な損傷を受けたと主張した。フィリピン側の船は、補給任務を実施中だった。
2024/03/05 陳霆

1月販売台数は僅か1台 韓国で不人気なテスラEV 中国製が足枷か?

テスラが1月に韓国で販売したEVはわずか1台だった。安全性への懸念、価格、不十分な充電インフラ、そして消費者の「中国製」に対する悪い印象が原因だとされる。
2024/02/08 陳霆

中国米国商会、中国で利益を上げるのはまだ難しい

中国米国商会(AmCham China)が2月1日に発表した年次調査「中国ビジネス環境調査」によると、多くの米国企業が中国で利益を上げるのはまだ難しいと考え、地政学的緊張や新たなデータ安全法に懸念を抱いているという。
2024/02/02 陳霆

2年以内にAIによるサイバー攻撃が増加、世界的な脅威となる=NCSC報告書

1月24日、英国の諜報機関である政府通信本部傘下のNCSCは報告書で、今後2年間で、AIはサイバー攻撃の量の増加に繋がり、世界的なランサムウェアの脅威に寄与することが予想されると指摘した。
2024/01/24 陳霆