食べて減量! マイナスカロリー食品の魅力

人は生きるために食べなければなりませんが、食べ物にはカロリーが含まれており、食べ過ぎると余分なカロリーが脂肪として蓄積され、肥満になる可能性があります。では、「マイナスカロリー食品」、つまり食べることで痩せる食品はあるのでしょうか?専門家の意見を伺いましょう。
2024/07/11 陳俊村

動物性食品が脳の健康に良い理由

専門家が植物ベースの食事と脳の健康について、必須栄養素を探り、動物性食品とのバランスをとることの重要性を説明します。
2024/07/04 Zena le Roux

オレンジの皮で心臓病予防? その健康パワーに注目

果汁を絞った後に無意識に捨てられがちなオレンジの皮が、心血管疾患のリスクを抑える強力な可能性を秘めていることが、新たな研究で示されました。
2024/07/02 George Citroner

食品添加物は本当に安全? 見過ごせないリスク(2)

客観的に言いますと、一部の食品添加物には長所があります。
2024/06/26 李路明

食品添加物は本当に安全? 見過ごせないリスク(1)

エリザベス・ダンフォード(Elizabeth Dunford)さんがオーストラリアからアメリカに引っ越した初日のことです。何気なく近くのスーパーに立ち寄ってパンを買おうとした彼女は、食品添加物の研究者として反射的にパンのラベルに書かれた成分表に目を通しました。
2024/06/26 李路明

人気甘味料が脳に悪影響?うつ病リスクとの関連

砂糖ゼロの食品は魅力的に思えるが、新しい研究によると、代替甘味料が精神衛生上にも悪影響を及ぼす可能性があるという。健康を理由に糖分を控える人は多いです。しかし、一部のパン、ヨーグルト、プロテインバーなどの超加工食品に含まれる代替甘味料が、うつ病のリスクを高めるという研究結果が出ています。

自己免疫疾患を取り除く! 免疫システムを完全に修復する3つのこと

あなたは自己免疫疾患に苦しんでいますか? 例えば、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、自己免疫性甲状腺疾患など、これらは自己免疫疾患とも呼ばれています。

冷凍野菜&果物をもっとおいしく! 簡単8ステップ

ほうれん草や牛乳をはじめとする多くの食品は、冷蔵保存されることが多いですが、実際には冷凍保存することで驚くべき効果が得られます。以下に、日常的に冷凍に適した食品の数々を紹介し、食品保存のヒントをお届けします。
2024/05/20 李若琳

超加工食品をやめて何を食べる?ヘルシー選択肢

超加工食品は人々に好まれていますが、研究で、このような食品は健康被害をもたらしがちだとわかりました。しかし、現在人に取り巻く環境から超加工食品を排除することも不可能に近いと言えるでしょう。
2024/05/15 李言

50代以下の大腸がん増加:問題のサプリメントとは

アメリカがん協会の最新報告によると、癌の死亡率は数十年にわたって持続的に減少しています。しかし、1990年代以降、特に若年成人の大腸がんの症例が増加しているといういくつかの例外的な状況が懸念されています。
2024/05/09 Jennifer Sweenie

レタスの鮮度を永遠に:保存のコツとトリック

レタスはサラダやサンドイッチなどで活躍しています。レタスは一回食べ切れない場合が多いですが、冷蔵庫で保存すると、すぐしなびてしまいます。そんな時、専門家がレタスを6週間も新鮮に保つことができる正しい保存法を説明しました。
2024/04/28 陳俊村

がんの根源を断つ!科学が認めた抗がんスーパーフード23選

重要な科学的レビューが、癌の悪性腫瘍の根源である癌幹細胞を殺すことができる最も重要な23種の食品とハーブを特定しました。
2024/04/16 Sayer Ji

食べ物との上手な付き合い方がポイント!簡単ダイエットの秘訣

ダイエット効果が得られるはずの多くの女性はダイエットは難しいと思っていますが実はそうではありません。ダイエットは、日常の食事から実現可能で、女性が以下の食品の摂取に注目するだけで、ダイエットはとても簡単にできるのです。

眠りの質を高めるために!食べるとよく眠れない7つの食べ物

食事は睡眠障害の多くの原因のひとつです。 よく知られているアルコールやカフェイン飲料のほかにも、眠りを浅くする一般的な食べ物や飲み物がありますが、それが睡眠の質をどれほど破壊するか、必ずしも多くの人が気づいているとは限りません。専門家の意見を見てみましょう。
2024/03/14 陳俊村

アーモンドを食べると減量効果や糖尿病・心臓病予防につながる(2)

アーモンドは、1カ月毎日50グラム食べると、血液中の抗酸化剤が増加し、血管機能が改善します。アーモンドには、血流を改善し、血圧を下げ、心臓病のリスクを減らす効果があります。1日40グラムが十分で、アーモンドミルクなどの製品もあります。

料理に欠かせない「うまみ調味料」 それは安全なのでしょうか?

「うま味調味料」は私たちの日常生活で、よく使われる食品添加物です。これは食品を美味しくしますが、しかし、健康的かどうかについては議論が続いています。では、果たして健康的なものと言えるのでしょうか?詳しく探ってみましょう。

腎臓に悪い11のこと!予防には1種のお粥と4つのツボ押し(2)

では、日常的に腎臓をどのように保護すればいいのでしょうか。漢方医学の観点から見ると、胃と腸は腎臓の働きと密接に関連しており、胃や腸を養うことで腎臓を健康に保つことができます。

不安で眠れない?リラックスに5つの最高の食べ物(1)

不安が人生に影響していますか?心配しないでください。体にも気分にも良い、不安を和らげるこれら5つの食べ物で、精神と空腹感を和らげることができます。

伝統薬物による身体系統破壊 8つの自然療法による頭痛緩和(1)

頭痛はよく見られる現象で、通常は鎮痛薬で緩和されますが、年間525億円以上が費やされています。薬に含まれる成分や悪い効果について知りたい人も多いでしょう。また、自然治療法が効果的なのかも気になるところです。

脂肪増加は内臓機能を低下させる! 脂肪細胞を飢餓状態にする3つの食品(2)

肥満の人の中には、該当する薬の発売を心待ちにしている人も多くいると思いますが、ウィリアム・リー氏は「脂肪に対する抗血管新生療法は、まだ薬の開発研究の段階です」と言います。そして、新しい治療法はコストや入手の問題から、すべての人に行き渡るとは限らないことを著書の中で強調しています。さらに、これらの薬は問題を予防するのではなく、病気を治療するために設計されているのです。
2023/02/22 李路明

家庭にあるものでできる5種類の自然治癒(下)

キウイフルーツには、抗菌作用や血管新生作用があります。14年に医学研究雑誌「Journal of Research in Medical Sciences」に発表された予備研究では、神経性の糖尿病性足潰瘍を持つ37人に、キウイフルーツ抽出物を1日2回、21日間投与しました。その結果、コラーゲンと肉芽組織の量が有意に増加することが確認されました。
2023/02/19 GreenMedInfo

幹細胞は「不老不死を実現させる」? 幹細胞を増やす食品とは(2)

肝臓のほか、心臓も幹細胞で再生されます。しかし、再生速度は年齢に影響され、20歳の時には心臓の細胞の約1%が毎年新しく生まれ変わるが、この速度は年齢とともに遅くなり、75歳では0.3%しか生まれ変わらないといいます。
2023/01/09 李路明

お湯は「殺菌の宝庫」 食中毒を防ぐ3つの原則

食べることは人生の大きな楽しみですが、食中毒になってしまったら、得るものよりも失うものの方が大きいです。しかし、3つの原則を守ることで、細菌性食中毒を予防することができます。

知らなかった!!カボチャに含まれる驚くべき成分

カボチャは秋に最も人気のある野菜の中の一つでビタミンやミネラルが豊富なので、健康増進や美肌、ダイエットにも効果的です。
2022/12/26 夏雨

GI値が高い食品には注意!!血糖値を上げない、糖尿病にならない食べ方TOP3(下)

食品に含まれる「レジスタントスターチ」(RS)の量を増やすと、血糖値のコントロールやインスリン感受性の向上に役立ちます。レジスタントスターチには、一般的に次の4種類があります。
2022/12/10 蘇冠米

ゴーヤは血糖値を下げ、糖尿病を抑制する効果がある!? 摂取を注意すべき状態とは(2)

ゴーヤを食べるときはこんなことに注意して糖質を減らしましょう。 貴重な野菜であるゴーヤには、摂取する際に注意しなければならない副作用があります。
2022/12/07 李路明

GI値が高い食品には注意!!血糖値を上げない、糖尿病にならない食べ方TOP3(上)

炭水化物は体にとって重要なエネルギー源です。しかし、血糖値の変動を引き起こし、私たちの体に大きなダメージを与えることがあります。では、炭水化物を安全に取り入れ、血糖値への影響を抑えるためにはどうすればよいのでしょうか。
2022/12/06 蘇冠米

ゴーヤは血糖値を下げ、糖尿病を抑制する効果がある!? 摂取を注意すべき状態とは(1)

血糖値を良好に保ち、インスリン抵抗性を回避するには、どのような食材を食べればよいのでしょうか。近年、独自の性質を持つ数百種類の有効物質が含まれている食材として「ゴーヤ」が注目されています。
2022/12/04 李路明

私たちの体にはがん細胞が潜んでいる!(下)がん細胞の成長を抑える食材

いわば、血管新生作用のアンバランスを防ぐことは、がんを含むさまざまな病気を防ぐことと同じなのです。科学者たちは、植物由来の化合物を組み合わせて血管新生を妨害し、がんを予防することは、がんと闘うための有効かつ有望なアプローチであると信じています。
2022/11/11 李路明