トランプ氏、息子バロン氏の困難について語る:刑事裁判が家族に与える影響

ドナルド・トランプ前大統領は、ニューヨークでの刑事裁判の判決後、息子バロン氏が直面している困難について語った。フィル・マグロー氏のインタビューで、トランプ氏はバロン氏の状況とその影響について詳細に述べた。
2024/06/11 Jack Phillips

【プレミアム報道】法律専門家、特別検察官の任命は違憲(下)

ロリダ州の判事は、特別検察官が違法に任命されたとの主張に基づき、トランプ氏の訴訟を却下する申し立てを審理する予定だ
2024/06/09 Catherine Yang

行政特権の争議:バイデン氏とトランプ氏のケース分析

行政特権は、大統領が他の政府部門に対して特定のコミュニケーション内容を秘密にする権利であり、近年、バイデンとトランプの争議の焦点となっている。この特権の核心は、大統領が自由に顧問と交流し、その言動が報復の対象となることを心配せずに済むようにすることである。
2024/06/08 Sam Dorman

ダーショウィッツ氏、トランプ氏が最高裁への上訴を迅速に進める可能性があると発言

トランプ前大統領の有罪判決に対する控訴がどのように進行するかについての憶測が広がる中、ハーバード法学部の元教授アラン・ダーショウィッツ氏は、前大統領がプロセスを迅速化し、11月の大統領選挙前に米国最高裁判所に事件を持ち込む方法があると述べた。
2024/06/07 Tom Ozimek

トランプの有罪判決受け 激戦州共和党の決意強まる

激戦州の共和党リーダーたちは、トランプ前大統領の有罪判決に動じていない。それどころか、政治的な戦いに向けてより一層準備を整えている。
2024/06/07 Beth Brelje

【プレミアム報道】トランプ氏の有罪判決、激戦州の考えを変えないかもしれない

ミシガン州とウィスコンシン州の無党派層の有権者は、有罪判決そのものよりも、どの候補者が大統領職にふさわしいかを判断することに関心があった。

元DEA捜査官、イーロン・マスク氏、トランプ氏の国境警備と麻薬密売政策貢献できる

元アメリカ麻薬取締局(DEA)のエージェント、デレク・マルツ氏は、億万長者であり技術者のイーロン・マスク氏が自身のビジネスと技術の才能、リソースを使ってアメリカの国境警備を強化するアイデアを支持している。
2024/06/05 NTD

黒人とヒスパニック系の支持者が続々とトランプ氏へ転向

近年、黒人およびヒスパニック系の選挙人が民主党から共和党に転向する動きが広がっている。多くのバイデン支持者が、2024年の大統領選挙でトランプ氏に投票する意向を示している。

トランプ元大統領の有罪判決への著名人の反応

【ニューヨーク発】前米国大統領ドナルド・トランプ氏が、34件の虚偽商業記録の罪で有罪判決を受けたことに対し、多くの著名人が反応を示した。この判決は、米国の歴史上、現職または元大統領が初めて刑事裁判で有罪判決を受けたことを意味する。
2024/06/05 Aldgra Fredly

驚異的! トランプ氏が有罪判決後に5280万ドルを集める

トランプ前大統領が口止め料裁判での有罪判決を受けた直後に、5280万ドル(約83億円)という驚異的な金額をわずか1日で調達した。この額は昨年の同期間の資金調達額の半分以上に当たる。多くの人がその額に驚いている。
2024/06/01 陳霆

「もしトラ」はどうなる? トランプ氏の口止め料裁判で陪審員団が34の罪を認定

5月30日、トランプ氏の口止め料に関する裁判で、陪審員団は2日間の議論の末、トランプ氏に34の罪状を認定する判決を下した。トランプ氏は、この裁判を「屈辱」と表現し、「不正が行われた裁判」として批判した。
2024/05/31 林燕

トランプ口止め訴訟、検察は証人の虚偽証言認め

注目を集める米国の前大統領トランプ氏が5月28日、ニューヨークの裁判所に出廷し、自身の口止め料に関する訴訟の結審弁論を傍聴した。トランプ氏の子供たちも裁判の全過程に同席した。
2024/05/31 新唐人テレビ

トランプ裁判の判決が迫る中 法律専門家、意見分かれる

前大統領ドナルド・トランプ氏の刑事裁判について、弁護団は6月4日に最終弁論を行う予定。裁判の判決について憶測が飛び交っている。
2024/05/30 Michael Washburn

トランプ氏、アサンジ被告の恩赦「真剣に検討」

トランプ氏は25日に、再選されたらウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏への恩赦を「非常に真剣に」検討すると発言した。

世界の指導者のうち「最も背が高い」のは誰か?

世界の指導者のうち「最も背が高い」人物は誰だろうか?「自由世界の指導者」がグローバル・ソーシャリズムの祭壇にひざまずいている中、ある国のトップが立ち上がった。
2024/05/29 James Gorrie

ロバート・ケネディ氏、リバタリアン党大会でトランプ氏とバイデン氏のコロナ政策を批判

5月24日、自由党全国大会の舞台で、ロバート・ケネディ氏氏が火薬のような演説を行い、前大統領ドナルド・トランプ氏と現大統領ジョー・バイデン氏の新型コロナウイルス対策を批判した。彼は両者が憲法の基本的権利を尊重しなかったと非難した。
2024/05/29 Jeff Louderback

バイデン、トランプ両氏、黒人有権者へのアピール強化

バイデン大統領とトランプ前大統領は、複数の激戦州で接戦している。両氏は黒人票の獲得に向けて積極的なアピールを展開している。

大統領倫理改革法案、当選後の税務申告書や外国からの入金、1万ドル以上の贈り物、ローンを開示

ワシントンD.C. 2024年5月23日。下院監視委員会委員長のジェームズ・コマー氏(共和党、ケンタッキー州)と下院議員のケイティ・ポーター氏(民主党、カリフォルニア州)は、超党派の新たな法案「大統領倫理改革法案」を発表した。この法案は、米国大統領と副大統領に対し、税務申告書や外国からの支払い、1万ドル以上の贈り物、ローンを開示することを義務付けるものである。
2024/05/27 Ryan Morgan

「中共対策計画」米国下院司法委員会が設置決定

5月22日、米連邦議会の下院司法委員会は、司法省に「中共対策計画」を新設する法案を可決した。この措置は、中共によるスパイ活動が、米国の国家安全保障に及ぼす脅威に対応するためのものだ。
2024/05/25 新唐人テレビ

内部の敵が国家を蝕む:リンカーンとトランプの警告

内部の敵は外部の敵よりも危険である。アメリカは外部の力によって破壊されることは決してない。もし我々が動揺し自由を失うなら、それは自らの手によるものである。
2024/05/24 William Brooks

FBIはトランプ氏私邸の家宅捜査でSSとの「交戦」を備えていた 銃を所持=開示文書

21日に新たに開示された文書によると、2022年にトランプ前大統領の私邸を家宅捜査した連邦捜査局(FBI)の捜査官は、米大統領警護隊(シークレットサービス)との「交戦」の可能性に備えていたことが分かった。
2024/05/23

ニューヨーク判事、トランプ裁判の終了時期明かす

トランプ氏のニューヨークでの刑事裁判を担当するフアン・メルチャン判事は、証人候補で元FEC委員のブラッドリー・スミス氏がこの事件や連邦選挙法について意見を述べることが許されないとの裁定を下した。
2024/05/22 Jack Phillips

【プレミアム報道】法律専門家、特別検察官の任命は違憲(上)

フロリダ州の判事は、特別検察官が違法に任命されたとの主張に基づき、トランプ氏の訴訟を却下する申し立てを審理する予定だ。
2024/05/22 Catherine Yang