人工知能は全知全能ではない

新しい技術、AIは、本当に人間の持つ全ての問題を解決してくれると言い切れるのか?
2024/06/15 Jeffrey A. Tucker

アメリカの自由主義の黄昏 カール・シュミットの「友敵」論が現実化 

選挙で自分が投票した候補者と対立する人物が当選した場合、およそ国民の半分(当選者に投票しなかった人々)が狂乱状態に陥る状況だ。こうした派閥主義への瓦解策は何だろうか。
2024/06/14 Jeffrey A. Tucker

就業機会が減少しているのか?

2020年の経済不況の影響が大きく、雇用データは不安定です。雇用主はパートタイムの従業員を採用する傾向があり、フルタイムの仕事は減少しています。政治的な介入によりデータが信頼できなくなり、状況はさらに複雑になりました。経済構造が次第に悪化し、人々の生活にプレッシャーがかかり、家庭の財政状況が危機的です。仕事の機会が減少し、特に若者は雇用市場の課題を感じています。現状は楽観できず、経済の展望は不透明です。就業機会が減少しているのか?
2024/06/14 Jeffrey A. Tucker

科学的根拠のない6フィート規則、荒唐無稽か 誤解に基づく安全か

2020年3月、米国疾病対策センター(CDC)は、人と人の間で6フィート(約1.8メートル)の距離を保つという規定を発表した。アンソニー・ファウチ博士は再び、この規定には科学的根拠がないことを認めた。多くの人々にとって、この事実は非常に荒唐無稽に映る。
2024/06/10 Jeffrey A. Tucker

人間はバイオハザードではない(下)

米国国立アレルギー感染症研究所のNo.1とNo.2が推し進めてきたコロナ対策は、人間をバイオハザードとして扱っているものだ。
2024/06/08 Jeffrey A. Tucker

コロナウイルス、米国が支援する研究所から流出=NYタイムズ紙

新型コロナによるパンデミックから4年目、ニューヨークタイムスは初めて多くの人々には必要ない、感染も伝染も防ぐことのできないワクチンの副作用を報道した。
2024/06/06 Jeffrey A. Tucker

彼らはインターネットを閉鎖している(上)

長年にわたり、私たちはGoogleが大衆の評価を基準にした一般的な合意の結果を提供すると信じてきた。現在検索結果で表示されるのは、エリート層が私たちに見せたい情報だ。彼らが選択権を持ち、政治的、文化的な問題に基づいて結果を選び出している。
2024/06/04 Jeffrey A. Tucker

なぜ子供たちに薬を投与するのか? ADHDの診断の罠

今日の公立学校では、多くの子どもたちが日々「注意欠如・多動症(ADHD)」であると認定される可能性があるという脅威に直面している。ADHDを証明する科学的根拠はないことが分かった。治療のために、子供を薬漬けにしている。
2024/05/30 Jeffrey A. Tucker

政府発表と実感の乖離 急激なインフレで生活水準低下、その原因は?

現在、私たちは過去45年間で最も破壊的なインフレを経験しており、この状況はさらに悪化し、長期的には壊滅的な影響を及ぼす可能性がある。しかし、毎日のように「状況はそれほど悪くなく、すぐに収束する」と伝えられている。この二つの現実をどう調和させるのだろうか。明らかに、これらの二つは同時に真実であることはできない。
2024/05/29 Jeffrey A. Tucker

暴力は暴力を生み、戦争へと繋がる

暴力はさらなる暴力を生み出し、やがて戦争へと繋がる。法律は正義を保護するためのものであり、略奪の道具ではなない。同様に、パンデミック対策における強制的手段もまた、社会に深刻な影響を及ぼす可能性がある。本文は「法律」の本質について考察する。
2024/05/22 Jeffrey A. Tucker

新しい生活:持ち家は賃貸よりも本当に良いのだろうか?

第二次世界大戦後、マイホームを持つことはアメリカンドリームの象徴となっている。結婚後すぐに家を購入し、家庭を築くことが一般的とされていた。連邦政府は住宅ローンを保証し、この理想を支えるために様々なプロジェクトを立ち上げた。しかし、このアプローチは2008年の住宅危機により行き過ぎた結果を招った。この危機以降、不動産所有の概念は多くの人にとってリスクが高いものとなっている。
2024/05/21 Jeffrey A. Tucker

交通手段をめぐる戦争 背景に利権と米政府の失策

鉄道は長旅にも最適で、米経済の中心的な産業だった。しかし、利権絡みで、政府が自動車に重点を置き換えた。ところが今では、バイデン政権が旧来の自動車を切り捨て、懸念点が多いEVを推進している。
2024/05/20 Jeffrey A. Tucker

極少数のエリートに支配される世界政府は実現するのか?

世界政府実現への努力は決して止むことはなかった。国連はその一つに過ぎない。エリートの狙いは、最も賢い人々からなる極少数のエリートによって支配される未来の世界政府だ。
2024/05/18 Jeffrey A. Tucker

皆が知らないFRBと気候変動との関係

連邦準備制度理事会(FRB)はアメリカの中央銀行として、政策のあらゆる側面に口を出している。それでも、先週のFRBのプレスリリースは極めて奇妙だった。FRBが気候変動を管理できると思うか?FRBの支配は災いをもたらすだけだ。
2024/05/17 Jeffrey A. Tucker

世界各国の画一的なコロナ感染対策とは何だったのか 

とんでもないおふざけと残酷なディストピアを力づくで押し付けようとする単一の方針が、これほど急速に地球全体を支配したことはない。2020年、コロナウイルスを封じ込めようとする無益な試みによって、これは起こった。
2024/05/03 Jeffrey A. Tucker

金融危機の幕開け

アメリカがまるで魔法を使うかの如く金融危機を避けてきた事実は目を見張るものがある。実際に、5兆4千ドルが印刷され、その結果として持続的なインフレが生じている。これは、アメリカ経済を守るために権力者たちがこれまで取り組んできた方法である。
2024/04/03 Jeffrey A. Tucker

EVの場合、グレートリセットはうまくいかなかった

2020年3月、世界政府は世界の経済を「閉鎖」し、あらゆる社会活動を制限した。子供たちの学校教育を拒否し、礼拝や祝日を中止することを決定したとき、恐ろしい巻き添え被害についての警告は後を絶たなかった。それらのほとんどが検閲されていたら。
2024/03/12 Jeffrey A. Tucker