自閉スペクトラム症の急増、遺伝学と診断の新たな視点

医療界では、自閉スペクトラム症の増加率は診断技術の向上と共に遺伝的素因によるものだともよく言われています。しかし、子どもの健康に深く関わるホリスティックな視点を持つ小児科医として、より深い問題を見落としている可能性があるという懸念もあります。
2024/06/27 Joel Warsh

「酒さ」(赤ら顔)の症状、原因、治療、自然療法について(下)

新しい研究によると、慢性炎症性の病気である「酒さ(赤ら顔)」は、表面的な皮膚の問題にとどまらない可能性があります。
2024/05/23 Terri Ward

「酒さ」(赤ら顔)の症状、原因、治療、自然療法について(上)

新しい研究によると、慢性炎症性の病気である「酒さ(赤ら顔)」は、表面的な皮膚の問題にとどまらない可能性があります。
2024/05/23 Terri Ward

マスト細胞活性化症候群を診断:症状解明へのステップ

MCASという病気は様々な症状があるため、診断には時間が必要です。しかし、指導された一連のステップに従うことで、適切な診断に向かう道を築くことが可能です。
2024/05/07 Ashley Turner

知られざる症状 マスト細胞活性化症候群とは何か

さまざまな予測不可な症状に悩まされていませんか?一つの症状が改善されると、また別の症状が現れると感じていませんか?それはマスト細胞活性化症候群(MCAS)が原因かもしれません。
2024/05/01 Ashley Turner

新発見:妊婦が摂取するタンパク質の量が赤ちゃんの顔立ちに影響?

国際研究チームが、妊婦が摂取するタンパク質の量が、後代の顔の発育に影響を与える可能性があることを発見しました。この研究は、3月26日に『Nature Communications』誌に発表されました。チームは、人間の胎児の顔の組織の遺伝子の配列の解析することとマウスやゼブラフィッシュでの関連実験について報告しています。
2024/04/10 林達

再利用可能な使い捨てジップロックバッグ? ジップロックの説明

一度性密封保存袋で食品を保存するのは便利ですが、これらのプラスチック袋を再利用することは環境にもやさしく、お金も節約できます。問題は、一つの密封保存袋を何回再利用できるかですか?
2024/03/05 夏雨

孤独から脱出 5つの方法で脆弱な心が強くなる(3)

オープンな態度で身の回りの資源に接して、あなたの自由はあなたが必要なものを選ぶことができることにあります。それらを結ぶと、それは深いというものが現れます。徐々に蓄積し、徐々に沈殿することが、深く理解する最善の方法です。
2023/10/12 黄玉玲

古代ペルシャの冷蔵庫―二千年前の氷室「ヤフチャール」

古代文明の技術力の水準は低くて、現代と比べ物にならないというイメージを人々は持っていると思いますが、実はそうとは限りません。古代ペルシャ(イラン)では、真夏の砂漠地帯でも氷を保存できる技術をすでに習得していました。
2022/03/21

新研究:「人の細胞を脅かす」マイクロプラスチックによる全地球的汚染

今日、私たちの日常生活に欠かせない素材となっているプラスチック、その砕片であるマイクロプラスチックは、誰もが口にする食物や水、あるいは空気中に放出されて人体に害を与え、自然の生態系も脅かしている
2022/01/15

自宅で作れる「天然の洗剤」 環境に優しくピカピカに

米国でのある研究によると、長期的または過度に清掃用の洗剤を使用してきた女性清掃員の肺の状態が「10~20年間毎日タバコ1箱を吸っていた人の肺と同じ状態だった」という衝撃的な結果がでたという
2021/11/26

第2話:理想的な教育環境とは【子どもが人格者に育つ教え「三字経」】

『三字経』は中国で最も有名な儒教の古典の一つであり、宋の時代の偉大な儒教家である王応麟氏が最初に書いたもので、当時は私塾(現在の小学校に相当)の教科書として用いられていました。『三字経』には、儒教の根本から文学、歴史、哲学、天文地理などの内容が凝縮されており、まさに中国伝統文化の縮図のようなものです。

「中国は最大の汚染者」温室効果ガスの半分強、25都市が排出 ほぼ中国

世界の温室効果ガス(GHG)排出量の半分以上が、中国を中心とした約25の都市から排出されていることが、中国の環境研究者が発表した報告書で明らかになった。米政府系放送ラジオ・フリー・アジア(RFA)が12日報じた。
2021/07/14

ゾウの群れ、謎の大移動 生息環境の悪化による「放浪」か=中国雲南省

最近、中国の「野生ゾウの北上ツアー」が話題になっている。昨年3月以降、雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れ(15頭)が、生息地を離れて800km以上(直線距離で約500km)北上し続け、6月2日夜に人口850万人の省都・昆明に到着した。
2021/06/08

中等の医者は人を治す

医者は病気を治すはずなのに、なぜ人を治すと言うのでしょうか。 
2021/04/01

中国はパリ協定で米国を弱体化させる=専門家

バイデン政権はトランプ政権の政策を覆し、2月19日にパリ協定に再加入した。これを受けて専門家らは、中国はこれを利用して米国を弱体化させるだろうと警告した。
2021/02/27

世界初『抗菌・土に還るネイルチップ』 ファッションを楽しみながら、環境汚染と感染予防の両立を実現

環境に優しいエネルギー開発に取り組むGSアライアンス株式会社(本社:兵庫県川西市、代表取締役社長:森 良平 博士(工学))は、コロナ第3波の影響が懸念される中での衛生意識が高まりを受け、石油系材料を一切使用せず自然由来のネイルチップに“抗菌加工”を施した『抗菌・土に還るネイルチップ』を商品化しました。
2021/02/15

赤ちゃんと過ごす夏のためにママが覚えておくべき対策法

赤ちゃんはとってもデリケート。 暑い季節にはふさわしいケアが必要です。 かわいい赤ちゃんと過ごす一度きりの夏、ママはどんなことに気を付ければいいのでしょうか。
2019/05/30

教育ママ必見!いい塾はこうして見分ける

親が教えるには限界のある子供の勉強。 いざ塾へ行かせようにも、どんな塾が「いい塾」なのかはなかなか見分けが付きません。 いい塾はどのように見分ければよいのでしょうか。
2019/05/30

うちの子の勉強、大丈夫?音楽を聴きながらする勉強のメリット・デメリット

あなたのお子さんは勉強中に音楽を聴いてはいませんか? この記事を見ているということは、あなたはそれに不安や疑問をお持ちなのかもしれません。
2019/05/29

中国、「独身の日」セールでゴミ急増 グリーンピース「環境の大災難」

中国では「独身の日」と呼ばれる11月11日、毎年ネット通販各社が大規模な値引きセールを開催している。こうした「爆買い」から生み出す宅配便の梱包材のゴミ問題が懸念されている。
2017/11/20

韓国のPM2.5、中国発は3割以上=調査 ネットでは「信じられない」と不信感

韓国の環境科学院とアメリカ航空宇宙局(NASA)が共同で韓国の大気汚染状況を調べたところ、PM2.5(微小粒子状物質)の3割超が、中国から飛来していることが明らかになった。韓国ハンギョレ新聞が19日に報じた。
2017/07/25

たった五つの方法で自信をつけよう!

自信とはいったいどれほど重要なのか?昔の著名人たちも自信に関する名言を数々残している。エマーソンは「自信は成功の第一歩である」といい、ナポレオンは「君に一つ忠告しよう、自分を主役にしろ」と言い残した。確かに自信が欠けている人は、優柔不断で最初の一歩がなかなか踏み出せず、物事を成し遂げて成功することは難しいだろう。 アメリカのライフブログ「Lifehack」から自信がつく五つの方法を紹介しましょう。日常生活の中でも試してみてください。
2017/01/02

飛行機から排泄物が 被害者が航空会社を訴える=インド

インド、インディラ・ガンジー国際空港(Indira Gandhi International Airport,IGIA)付近の住民は、国家グリーン裁判所(National Green Tribunal,NGT)に対して、住宅区の上空を通過した飛行機からヒトの排泄物が落下し、自宅を直撃したため、外壁が汚されたと訴えた。今月29日、NGTは政府関連部門に対して調査することを命じた。
2016/10/31

【動画】ツブラな瞳に癒される! ちびツバメたちの食事風景

今年も我が家の天井にツバメが巣を作りました。
2016/07/06

私の猫ちゃんはどこ? 

家にいるはずのペットの猫ちゃんが、突然見えなくなったことはありませんか?実は、周囲と渾然一体となっているだけかもしれません。まるでかくれんぼをしているかのような猫ちゃんたち。あなたは、猫がどこにいるか分かりますか?
2015/09/17