神韻スター待望の来日! 銀座でファンイベント開催

世界最高峰の舞台芸術で知られる神韻芸術団のダンサーや演奏家たちが6月に来日し、銀座で待望のファンミーティングを開催する。神韻公演の司会者がMCを務め、様々な企画を通してファンと交流する。
2024/05/07

米下院議員、「神韻をどう守るか」を問う、公聴会で中国共産党の政治戦対応について議論する

中国共産党の影響力工作に対する米国内の懸念が高まる中、神韻芸術団を狙った中共の弾圧・妨害工作も次第に激化しているという議論が上がっている
2024/04/19 Eva Fu

中国古典楽器:琵琶(ピーパ)

数千年にわたり、琵琶は中国の民族楽器の「王」として位置づけられてきました。伝統絵画では天女が琵琶を手にしている姿が見受けられます。琵琶の形態は、中国の古代文化の信念の縮図ともいえましょう。
2024/04/12

中国古典楽器:二胡

四千年の歴史を誇る二胡は、中国楽器の中でも、最も重要なものに数えられます。弦はわずか二本ですが、あらゆる情感を幅広く表現することが可能です。
2024/04/12

中国古典楽器:大鑼(おおどら)

神韻芸術団オーケストラが用いる大鑼は、銅製で、直径は約1尺(約30センチ)上部の穴部分にロープを通し、枠内に掛けられています。
2024/04/11

中国古典楽器:碰鈴(ペんりん)

この二つの全く同じ鈴は、 碰鐘、双磬、鈴鈸など、いろいろな名前が付けられています。このハンドベルは、 小さなカップの形で、銅または真鍮の鈴2個からなり、ヒモが付いています。音の高低はありません。鈴と鈴がぶつかると、 余韻の残る明瞭で美しい音を奏でます。
2024/04/11

中国古典楽器:磬(けい)

磬(けい)は中国最古の楽器に数えられ、古代中国の音楽の中核にあります。周の時代(紀元前1046–256年)、楽器は素材(木、金属、皮革など)によって八つに分類されました。石で作られた磬は石の楽器として分類されていますが、その後、ヒスイや金属の磬も現れました。
2024/04/10

頼清徳:炭鉱労働者の息子から台湾総統までの人生【時代の名人】(後編)

長年にわたり台南で暮らし、働き続けてきた頼清徳氏。彼の人生は、地域社会から国政へとその活動の場を移し、台湾の政治シーンに大きな影響を与えてきました。

神韻芸術団が編み出す中国古典舞踊――ミャオ族の舞踊

ミャオ(苗)族は、中国で5番目の規模で、最古の民族に数えられます。秦の時代の前に、ミャオ族は揚子江の中ほどの地域に居住していました。何世紀にもわたり、ミャオ族は100以上の氏族へと分岐していき、それぞれ独自の習慣、衣装、舞踊様式を備えるようになりました。
2024/04/05

神韻芸術団が編み出す中国古典舞踊――朝鮮族の舞踊

朝鮮族の舞踊は必ずしも朝鮮半島にあるものではなく、中国の北東部に居住する朝鮮系の人々の間で見られるものです。
2024/04/04

神韻芸術団が編み出す中国古典舞踊――チベット族の舞踊

チベット民族の伝統に則った独自の生活は、踊りにも深く反映されています。おそらくこの舞踊様式で最も顕著な特徴は、 膝を使って途切れなく弾みながら、体を前方に傾ける動きでしょう。
2024/04/03

神韻芸術団が編み出す中国古典舞踊――花鼓灯

花鼓灯は、淮河(わいが)の浜に由来します。漢民族の民族舞踊の代表的なもので、最古に数えられます。揚子江と黄河に挟まれ、淮河とその周辺の民族は中国の北部と南部の独自の文化の最高峰を融合しています。
2024/04/03

【プレミアム報道】親中共メディア「ニューヨーク・タイムズ」、神韻芸術団への誹謗中傷を画策か

米ニューヨーク・タイムズが約半年前から神韻芸術団を攻撃する記事を準備していることが、エポックタイムズの取材でわかった。当該記事はまだ発表されていない。しかし、エポックタイムズが入手した情報によると、発表予定の記事は、中国共産党による神韻芸術団への国境を越えた弾圧政策を後押しする可能性がある。
2024/03/26 Petr Svab

神韻ポーランド公演が大盛況 中国共産党が妨害するも効果なし

12日、神韻芸術団がポーランドのトルンで公演を行ない、満員の劇場に集った観客らが感動を語った。また公演終了後、事前に中国共産党が公演の妨害を試みるも失敗に終わっていたことが、劇場側の証言で明らかになった。

神韻芸術団、パリでの7公演が大盛況 一流の観客らが高い芸術性を絶賛

今月2日、神韻パリ公演を鑑賞した作家のジャネット・ビュッシさんは、「すべてが新しい、大きな幸福感を覚えました。究極の視覚的な喜びを味わいました」と鑑賞の喜びを語った。

神韻福岡公演が大盛況「大感動…ここまで美しいとは」日本公演は閉幕、豪州へ

12都市で42公演を開催し過去最大規模となった神韻2024日本公演が16日、盛況のうちに閉幕した。現在、神韻は8つの同規模の芸術団を擁し、世界各国で同時に巡回公演を行ない、一大センセーションを起こしている。
2024/02/17 寺田崚平

神韻福岡公演が盛況 「真善忍に目覚める新時代の到来」観客らが感得

15日、神韻芸術団が福岡サンパレスホールで公演を行なった。経済学者で作家の伊藤幸男さんは「芸術的に素晴らしい演技だったと同時に、中国共産党による弾圧が一日も早く無くなることを強く心に思いました」と語った。
2024/02/16 寺田崚平

神韻神戸公演が閉幕「対立ではなく、救い合い」老僧が希望見出す

12日、神韻芸術団が神戸文化ホールでの最終公演を行なった。兵庫県議会議員の長瀬たかしさんは、「伝統的な芸術を見に行く感覚で来たら、すごく現代的でもあり、そして格調高いのに驚きました」と語った。
2024/02/13 寺田崚平

神韻公演が神戸で大盛況「真善忍、不朽の価値観」観客らが共感語る

11日、神韻芸術団が神戸文化ホールで昼夜2公演を行なった。昼公演を鑑賞したアナウンサーの上岡信夫さんは、「ダンサー、歌手、オーケストラ、衣裳、全ての面で最高峰だと思います」と絶賛した。
2024/02/12 寺田崚平

神韻札幌公演が閉幕、「時代の流れに負けない信念感じる」経営者らも絶賛

7日、神韻芸術団が札幌文化芸術劇場 hitaruで公演を行った。鑑賞した実業家の猪又將哲さんは、「期待通り本当に素晴らしかったです。すごく努力されているなと思います。パワーを感じました」と語った。
2024/02/09 寺田崚平