孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その五)」

運勢には困窮と順調という変化がありますが、苦境に陥っていても道徳と信念を貫くことが出来れば、初めて万事順調の境地にたどり着くことが出来ます。行動に善悪の区別がありますが、善を堅持することが出来れば、必ず良い結果につながります。唐の名士の宋之問(初唐の詩人)、孟詵(唐の医学者)、盧照隣(唐初期の詩人)等はみな、孫思邈(そんしぼう)のことを礼儀を尽くして尊敬していました。孫思邈が後世に残したものとは何でしょうか?
2024/07/17 明慧ネット

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その四)」

孫思邈は中国医学の先駆者として、まばゆくばかりの輝く星のような存在でした。彼が中国の医学史に残した不滅の功績は千余年来、人々に高く評価されて崇拝されてきました。唐太宗・李世民は孫思邈のことを称賛し、「道を切り開いた名医として、三聖に補助し、四季に合わせて心身を調和させ、悪竜猛虎を屈服させ、危険から人々を救った。彼は巍々堂々たる百世の師と為るべし」と言いました。
2024/07/16 明慧ネット

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その三)」

孫思邈は数え切れないほどの患者の病気を治癒させただけでなく、しっかりと修煉をして医者としての道徳水準も高かったため、竜を治療し、虎を救い、人間だけではなく異なる種類の動物までも助け、その影響力を広く及ぼしたという、神話伝説も数多く残っています。それでは、その一部をご紹介しましょう。
2024/07/15 明慧ネット

孫思邈 「修煉の道 道徳を以て本と為す(その二)」

唐の貞観年間(627年~649年)、太宗李世民の長孫皇后(ちょうそんこうごう)は、妊娠してすでに10カ月以上になりましたが生まれる兆候がなく、かえって重病を患い、伏して起きられなくなりました。多くの侍医に治療してもらいましたが、病状が一向に好転せず、太宗はこの事で毎日憂うつな顔をして、居ても立っても居られませんでした。大臣の徐茂功の推薦により、民間の医者である孫思邈が皇宮に召されたのです。彼はどうしたのでしょうか?
2024/07/14 明慧ネット

孫思邈 「修煉の道 徳を以て本と為す(その一)」

孫思邈(そんしぼう・西暦581年~682年)は隋の前から唐の初期の陝西・西耀の人で、享年102歳でした。彼は7歳で学業を始め、日に千字を暗誦することができ、20歳前後になると、老子、庄子と諸子百家の学説を好んで読み、また、仏教の経典を読むのも好きでした。そんな歴史的有名な大医学者の物語をご紹介いたします。
2024/07/13 明慧ネット

牛乳と黒ごまでカルシウム補給 効果を高める秘訣

牛乳はカルシウムの優れた供給源として知られていますが、黒ごまのカルシウム含有量は牛乳の約8倍です。この2つを組み合わせたミルクティーは、カルシウムを効果的に補給し、骨を強化する優れた方法です。しかし、消化吸収を考慮しないと効果を発揮できません。
2024/07/07 白玉煕

夏にぴったり! きゅうりを使った健康レシピと中医学の知恵

きゅうりは、暑い季節にぴったりの野菜で、体を冷やし、熱中症を防ぎ、のどの渇きを癒し、便秘を改善する効果があります。血糖値を下げる成分が含まれており、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。
2024/06/29 白玉煕

中国に伝わる漢方の奥義書『黄帝内経』 その神秘的な成り立ちに迫る

中国医学は漢方とも呼ばれており、中国文明とともに数千年の歴史を歩んできました。「気」や「陰陽五行」などの神秘的な概念や人体と宇宙の対応関係、西洋医学とは全く異なる治療法の数々は、今も人々を魅了しています。中医学の根底となるのは、『黄帝内経』と呼ばれる書物です。
2024/04/23 白玉煕

脳卒中予防には正しい食生活だけでは不十分!(2)

中医学において健康的な飲食は、飲食の節制と地域で生産された食材の主食化、粗加工された食品の優先摂取、五味の調和、食事の摂取量の節制、摂取時間の規則正しさが基本的な考え方である。

脳卒中予防には、正しい食生活だけでは不十分!(1)

人々がメタボリックシンドロームの状態に長時間いることが原因で、脳卒中の発生年齢が若年化しています。 かつては、若年性の脳卒中患者には潜在的な危険因子がありましたが、最近は結論を下すことが非常に困難になっています。根本的には、食生活の乱れ、睡眠不足や生活ストレスなどの生理的な不均衡に加え、運動不足が原因で早期に発症しているのです。

なぜ食材が薬となるのか 

ナスは、現代医学の観点からは単なる野菜、食材であり、薬ではありません。しかし、伝統的な中国医学では、薬として使用することができるため、薬膳という考え方があります。 では、なぜ食材が中国医学では薬になるのでしょうか?実際、中国医学の視点からは、何でも薬になり得るとされています。
2024/01/22 白玉煕

腎を鍛えて若返り!

腎に栄養を与えることで、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防し、脳と歯を強化し、若々しさを取り戻すことができると思います。
2024/01/03 白玉煕

女性は凄い!「月経前症候群」と戦う女たち (1)

月経は女性にとって長い期間にわたる生理現象であり、約40年にわたり、合計で約480回の月経周期があります。出血日数は3360日におよびます。この数字には驚かされますよね。 生理が私たちとこれほど密接な関係にあるなんて。 中国の伝統医学は、女性の「経帯胎産」に非常に重要性を置いています。「経」は「月経」のことを指しています。月経は女性の「手強い相手」であり、「足を引っ張る仲間」でもあります。

一粒お米には一つの宇宙 玄妙深く五臓を補う

現代人は米を無価値な炭水化物と軽蔑していますが、実際に、お米は生命なのですよ。一粒のお米は一つのミクロな宇宙として存在します。現代科学の手段では、それを見ることはできませんが、お米の中には、五行のエネルギーが運行するメカニズムが隠されています。精製されていないお米は日本語で「玄米」といいます。それは偶然ではなく、きっと中には「玄妙(道理や技芸などが、奥深く微妙なこと。趣が深くすぐれていること)」があります。
2023/12/04 白玉煕

大白から隔離施設まで 中国だけに再来する「ゼロコロナの悪夢」

中国各地で今、発熱や肺炎をともなう呼吸器系の感染症が、爆発的に流行している。大白から隔離施設まで「ゼロコロナの悪夢」が再来している。
2023/12/03 李凌, 鳥飼聡

椎間板ヘルニアを手術せずに治すには

阮愛蓮博士によると、椎間板ヘルニアに対して中医学の治療を選択した場合、効果的かつ再発の可能性は低く、何より患者が手術を不要と感じるといいます。
2023/08/01 May Cheng, Teresa Zhang

生姜を食べる最適な時間はいつ?皮は剝くの? 医師が推薦!体を壊さない食べ方(2)

また、「生姜は皮ごと食べたほうがいいのか、皮なしで食べたほうがいいのか」というのも、よく人を悩ませる疑問です。漢方では、植物の部位によって味や効能が異なるとされており、生姜の果肉と皮はその一例です。

冬瓜は「痩せる瓜」!? むくみを取り除き、皮膚を若々しく保つ

冬瓜は「夏一番の瓜」として知られ、暑さ、水、むくみを解消するだけでなく、減量と美白、古来より減量瓜、痩身瓜として知られ、女性のスリムな体、潤いのある白い肌を作ることができます。医学者・李時珍はこれについて「太りたければ食べるな」という格言を持っています。減量効果が抜群であることがわかります。
2023/06/27 白玉煕

生姜を食べる最適な時間はいつ?皮は剝くの? 医師が推薦!体を壊さない食べ方(1)

生姜は一般的な薬味としてだけでなく、健康食品としても注目されています。 生姜はいつ食べるのがベストなのでしょうか? 生姜の皮は剥いた方がいいのでしょうか? 健康を害さない生姜の食べ方を探ってみましょう。

1週間に1食減らすだけ!? 脳神経外科医おすすめ減量法 脳ダイエットと中医学の知恵

肥満とは、体内の脂肪が多すぎて、体重が正常値を超えてしまう病的な状態のことです。外見に影響を与えるだけでなく、心臓病、脳卒中、糖尿病、不妊症など、さまざまな慢性疾患のリスクを高めることになります。中医学と西洋医学の長所を生かし、日本の医師による脳ダイエットと中医学による肥満対策の知恵を組み合わせ、リバウンドすることなく理想の体重を維持しながら、健康的にダイエットできます。
2023/06/26 王賀, 胡乃文

視覚を超えて中医学を見る(下)

陰陽五行説の相生相克は単なる名詞概念ではなく、どの道を通れば、誰が誰を制するのかがわからなくなります。五行が実際に存在し、別の空間のエネルギーメカニズムであることを理解することで、相生相克の医学理論を実践に適用し、疾病の治療に役立てることができます。
2023/06/25 白玉煕

張錫純 中医学から見ると糖尿病は不治の病ではない

糖尿病は現代において不治の病と見なされ、人々は常に危機感を持っています。しかし、中国の伝統医学家にとっては、これは単に食生活や生活習慣の乱れにより、五臓六腑の経絡気血の流れが障害を受けた病気であり、経絡気血を適切に調整すれば、誰でも不治の病になるわけではなく、健康を回復することができると考えられています。
2023/06/22 白玉煕

スイカは天然の白虎湯で、夏の病気予防に最適です

中国伝統医学には白虎湯(ビャッコトウ)と呼ばれる古典的な処方があり、これは白虎が強い風を連れて、熱や毒素を取り除き、心を落ち着かせ、心肺を回復させます。夏期の熱症を解消する特効薬であると言われています。いわば、病気に対する夏の特効薬が身近にあるのです。
2023/06/20 白玉煕

コロナ感染やワクチン接種後の血栓形成を防ぐ4つの習慣

新型コロナウイルス患者の間で増加している血栓症を、中医学のアプローチで予防しましょう。
2023/05/31 Jonathan Liu

『ほうれん草』は、肝を養い、血を補い、腸を潤し、便秘を解消する西洋野菜の王

「ほうれんそう」は古くからペルシア(現在のイラン)を指す「菠薐」という漢字で表記され、西洋では野菜の王とされています。現代人はそれを天然の鉄分補給として高く評価しています。しかし、一方で「ほうれん草は鉄分補給には効果がない」「人体が吸収できる鉄分はわずかで効果がない」という否定的な意見もあります。中国の伝統医学(中医学)からこの疑問に答えましょう。
2023/05/29 白玉煕

人はどうすれば病気にならないのですか?

人の体の中にある陰陽の気が正常な状態に保たれていることを意味します。 陰陽学説では、疾病は陰陽の相対的バランスが崩れ、そのために偏盛あるいは偏衰がおこり、その結果としておこるものであると考えています。伝統中医学は体の中の陰陽のバランスの崩れを正すものです。 私たち一般人がこのことを知ることは非常に重要で、病気の治し方はわからなくても、正気が乱れず、陰と陽のバランスは崩れなければ、病気は防げるのです。正常な状態に保つことで、病の邪気を寄せ付けません。ですから、病気を避けたいのであれば、普段の健康管理は万全にしなければなりません。
2023/05/28 白玉煕

旬の春ニラは腎を温め、肝を活性化させる

ニラは、腎を温め、胃を健やかにし、肝の詰まりを解消し、瘀血を散らし腸を通す効果があるとされ、癌、便秘、腎虚胃寒などの病気に予防や治療効果があります。漢字の「韮」は、中国語では「久」と「救」と同じ読み方で、長寿や命を救うという意味合いがあるのです。
2023/05/03 白玉煕

腎臓の実である栗は、腎臓と脾臓を強化し、万病を予防します

漢方医学によると、栗は腎臓病や腰痛、足の弱さを治すために食べるべき果物であり、胃を滋養し、脾臓を強め、腎臓を補い、腱を強め、血行をよくする効果があります。明代の医師李時珍は、「栗は滋養強壮剤の中でも最も優れたものである」と言いました。栗の効能を理解するためには、中医学レベルで腎臓と脾臓の役割と相互関係を理解する必要があります。
2023/05/01 白玉煕

春菊——身体を守り 元気を固め 心を清めて安らかに

春菊は天然の健康食品であり、中医学では腎を温めて肝気を疏通し、心を安定させ、五臓を調整し、健康を維持する効果があるとされています。春菊は古代中国の皇帝たちのストレス解消法としても使用されており、現代のストレス社会にも役立つ可能性があります。
2023/04/29 白玉煕