大紀元時報
トップ 修煉(人生の意味)
修煉(人生の意味)
NTDTV
2019.03.07
メキシコ便り
モンテッソーリ学校の『心の授業』今一番大切な心の教育

座禅はあらゆる年代の人々に非常に効果的です。もちろん子供たちにとっても効果的です。メキシコにあるモンテッソーリ学校の校長先生は、週一回の「平和教室」という授業で、...

GettyImages
2019.02.19
虹の光を放ちながら天に返る チベット密教の「虹化」

密教修煉の中には、さまざまな不思議な生命現象がある。例えば、活佛転生の現象、人が心の中で考えていることを察知できる「他心通」の現象、マイナス40度の雪の中で裸のま...

GettyImages
2019.02.15
声が出ない憨山和尚

明朝の後期、後に後代の人々から「明清四大高僧」の一人と謳われた、憨山(ハン・サン)和尚という人物がいた。これは、憨山和尚が托鉢をしていたときのエピソードである。...

すっかり元気を取り戻したクリストファーさん
2019.02.13
うつ病から脱出した英国青年

イングランド北東部のニューカッスル市に住むクリストファーさんは、政府機関の生活福祉部門で電話相談を担当していた。毎日、電話で不満や叱責を聞き、問い詰められて強いス...

(NTD Inspired)
2019.01.26
奇跡的に治った子どもの不眠症
子どもの不眠症から解放された母親の体験談

スウェーデン在住のエバ・サガフォースさん(Eve Sagerfors)は、娘のマルバちゃん(Malva、10歳)の不眠に長年悩まされてきました。他の兄弟はすぐに眠...

法輪功を練習するインドの学生たち(明慧ネット)
2018.11.01
インドで愛される法輪大法 学校教育にも取り入れられる

中国発祥の修煉方法・法輪大法がインドでますます人気になっている。インドメディアbhaskarhindi.comは近日、インド中部のマハーラーシュトラ州のナーグプル...

病院で手当てを受ける覃永潔さん(Minghui.org)
2018.06.13
大やけどを負い密航した男性 彼の壮絶な過去とは

およそ2000年前、ローマの大王ネロによってキリスト教徒たちが弾圧を受けていたのはご存じでしょうか。火あぶりや動物の餌にするなど、迫害は凄惨を極めました。一方、現...

ロレッタ・ダチャンプさん(NTD Inspired)
2018.06.07
10年以上のイジメ 自信を取り戻したきっかけは…

幼少期から思春期は、女の子にとって非常にデリケートな時期。「ブス」「太っている」「キモい」といった言葉を浴びると、まるで自分が本当に存在価値がないかのように思い込...

法輪大法を修煉してから心の安らぎを取り戻したマリタさん(明慧ネット)
2018.04.28
修煉をはじめてからのマリタさんの変化

マリタさんはこう言います。「夫は気ままなところがあり、以前なら、私はきっと彼と喧嘩になったでしょう。夫は私の事を偏執的で、絶対に譲らない性格だと言っていました。し...

(NTD Inspired)
2018.04.05
薬も何もいらない
子供の不眠が治った

長年悩まされていた子供の不眠症から解放された母親の体験談です。

(NTD Inspired)
2018.01.17
体験談
手術も薬もいらず 修煉して喉のガンが消えた

昔から言われている「病は気から」という言葉を信じている人はどれくらいいるでしょうか?修煉の本に従って心を修め、気功で身体を鍛錬した女性のガンが消失しました。西洋医...

長年小児麻痺に苦しんでいた台湾高雄の法輪功学習者、陳建銘さん(右)と妻の許美恵さん(左)
2017.12.21
気功
小児麻痺の患者 健康に回復した実例

台湾南部、高雄に住む陳建銘さん(47歳)は幼少期に小児麻痺に罹り、数十年もの間、病苦と戦ってきました。しかし現在は、完全に病から抜け出して健康な生活を送っています...

長年癲癇に悩まれていた李銀さん 法輪功を修煉して1カ月で完全治癒(李銀さん提供)
2017.11.20
修煉
癲癇(てんかん)が完治 薬を使わない方法とは

薬物治療で改善しなかった病気が、法輪功(ファルンゴン)の修煉を通じて短期間で完治する――。中国・河北省滄州市からオーストラリアに移住した李銀さんという女性の体験で...

仏門に出家し、尼僧として修行していたグエンさん。ガンに侵された時、別の修煉法に出会う(NTD Inspired)
2017.10.30
修煉法
ガンに侵されたベトナムの尼僧 病気を克服した体験記

病魔に襲われ、日常生活もままならなかったベトナムの若い尼僧、グエン・ホアン・エンさん(Nguyen Hoang Uyen)。彼女は古代中国から伝わる修煉法で心身の...

ペルーの女子中学校で中国伝統気功法・法輪功の練習が取り入れられた(明慧ネット)
2017.10.12
【写真】ペルー女子中学校で生徒らが法輪功を体験

ペルー首都リマ市にあるテレサ・ゴンザレス女子中学校(IE Teresa Gonzalez de Fanning Primaria)では9月4~22日まで、各学年か...

インドのスーパーモデル、プージャ・モー(Credit:Ace Amir)
2017.10.07
華やかな舞台の裏で…
LVのランウェイも経験 NYスーパーモデルが選んだ修養法とは

エキゾチックな顔立ちと細身の長身。穏やかで神秘的な雰囲気をまとうインド生まれのプージャ・モーさん (Pooja Mor, 25)は、カルバン・クラインやジバンシー...

9月2日、埼玉県で日本の法輪功学習者による修煉体験交流会が開かれた(野上浩史/大紀元)
2017.09.03
日本の法輪大法学習者、交流会を開催 創始者から祝辞

9月2日土曜日、埼玉県さいたま市で「日本法輪大法学習者心得体験交流会」が開催され、日本各地から集まった学習者が参加した。正装した学習者たちは、交流会で自らが修煉す...

奇跡の回復を遂げたワン・ サンタイ医師(スクリーンショット/大紀元合成)
2017.08.30
生死の境を彷徨った
心臓病専門医 難病が完治したきっかけとは

ベトナム、ホーチミン市チョーライ(Cho Ray Hospital)病院に勤める心臓科主任の阮清泰(ワン・ サンタイ)医師は、心臓病の手術を受け、生死の境をさまよ...

頻繁にひきつけを起こし、絶望していたグエトさん。今はすっかり回復し、穏やかな日々を送っている (Dang Thi Nguyet)
2017.08.18
修煉
脳腫瘍が治ったベトナムの女性 

ベトナムに住むグエトさん(Nguyet)が脳腫瘍と診断され、闘病生活が始まったのは、18歳の時。高校生だった彼女は学校の教室で激しいひきつけを起こし、意識を失った...

命に換えても大事にするだけの価値があると思えるものは何か。コラム作者の曾錚と娘。(曾錚提供)
2017.07.29
曾錚コラム
命に換えても大事にするだけの価値があると思えるもの

常に他者のことを一番に考える人間になろうと心の底から思える功法には、私たちが命に換えても大事にするだけの価値がある。

(NTD Inspired)
2017.07.27
絶望の淵からの生還
C型肝炎が治った ある中国人女性に起きた奇跡

慢性病を患う人の痛みや苦しみは、経験した人にしか分からない。医師に回復の見込みがないと言われれば、どんな高価な薬でも民間療法でも頼りたくなるだろう。どれが本当に効...

9.11事件の3週間前、勤務先だった貿易センタービルを離れたナディアさん。法輪大法を修煉して16年になる(minghui.org)
2017.07.13
修煉ストーリー
9・11直前に貿易センタービルを去った人 運命の選択

2001年9月11日、米ニューヨーク中心地で、2機の飛行機が世界貿易センタービルに激突し、倒壊した。同ビルに入る一流企業に勤務していた金融コンサルタントのナディア...

2014年12月、エディンバラ大学ビジネス・スクールで講演するバレンティン・シュミッド氏(Youtubeスクリーンショット)
2017.07.10
修煉
仏大手銀行の元投資マネージャー やっと心から笑えるようになった

今年34歳のバレンティン・シュミッドさんはドイツのバイエルン州ミュンヘン出身。2009年にフランスのメガバンク「BNPパリバ銀行」傘下資産管理会社パリバ・インベス...

米国証券取引所の元デザイナーで、英文大紀元のクリエイティブ・ディレクター、ロバート・カウンツさん(Edward Dai/Epoch Times)
2017.06.12
「作り手の想いが伝わるデザイン」米国証券取引委員会の元デザイナー、仕事に対する姿勢

ファッションデザイナー、建築家、音楽家、文筆家に至るまで、表現者は、いかに優れた技術力でアイデアを作品に反映させられるかに注目する。いっぽう、表現者としては、どの...

問題児クラスをまとめた新米小学校教師、子どもに響いた「心のレッスン」とは(mihoyuyu)
2017.06.07
教育
問題児クラスをまとめた新米小学校教師 子どもに響いた「心のレッスン」とは

初夏の暑さを感じさせる6月。春に新生活をスタートさせた新入生たちは、新しい環境に慣れてきたころだ。育った環境の異なる友人や仲間と触れ合うことは、「自分らしさ」を認...

東京・銀座で5月4日、法輪功25周年パレードが行われた。(明慧ネット)
2017.05.15
法輪大法が伝わり25周年 日本の学習者の声

1992年5月13日に、中国伝統気功法・法輪大法が伝えだされてから、今年で25周年を迎える。この日は、日本のほか台湾、香港、北米や欧州でも現地の学習者がパレードや...

気功動作をする若い女性(minghui.org)
2017.02.28
心と体
職場の悩み 失恋の苦 気功でストレスフリー体験

2月、暦の上では春。寒さも和らぎ、小鳥たちのさえずりが聞こえるようになった。青々とした空のもと、屋外での活動に適した季節だ。都内の公園で、ゆったりとした気功を実践...

(明慧ネット)
2016.09.26
難病を乗り越えて
「母との和解、そして心の平安」ある生物学者の修練体験

米月刊誌『The Atlantic』 ネット版に「Choosing My Religion」というコラムがある。改宗にまつわる体験談や考え方を読者同士がシェアする...

論文作者の1人、董宇紅医学博士。(林沖/大紀元)
2016.06.10
法輪功は末期ガン患者に延命効果=米臨床腫瘍学会

米国臨床腫瘍学会はこのほど、中国気功法輪功の修練で末期ガン患者が、症状改善や完治、延命の効果を得ている研究論文を発表した。論文内容をまとめた要約は、現在同学会の公...

カナダの映画スター、マイケル・マホナンのフェイスブックに掲載された画像
2016.01.16
デヴィッド・ボウイの専属ドラマー ドラムに「真善忍」

世界的なロック・ミュージシャンのデヴィッド・ボウイが10日、がんにより死去した。フェイスブックには、彼の死を惜しむ多くのファンからメッセージが寄せられた。あるカナ...

^