大紀元時報
トップ オピニオン

オピニオン

大紀元インタビュー
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』   第四章(下) 共産邪霊、人類を破滅の道へ
2018.10.23
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』   第四章(上)共産邪霊 人類を破滅の道へ
2018.10.15
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』   第三章(下)共産邪霊の手段:環境と文化の破壊
2018.09.30
9月26日、ニューヨークで開かれた国連安全保障理事会で円卓に座る米トランプ大統領(GettyImages)
評論   トランプ大統領の失望 習近平主席は「もう友人ではないかも」最後通告か
2018.09.29
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』    第三章(上)共産邪霊の手段:殺戮
2018.09.24
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』   第二章(下)赤魔の陰謀:人類を壊滅させる
2018.09.20
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』   第二章(上)赤魔の陰謀:人類を壊滅させる
2018.09.19
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』   第一章 中心なる国 神より伝えられた文化
2018.09.18
『九評』編集部新刊   『共産主義の最終目的』序文
2018.09.17
全米オープンを制し、四大大会制覇を果たした大坂なおみ選手だが、会場に響くブーイングに悲しみの涙を流した。肩を抱く前回大会の覇者セリーナ・ウィリアムズ選手(GettyImages)
全米OP決勝、涙の大坂なおみと怒りのセリーナ 共感を得られない左派メディアの論点そらし
2018.09.11
中国共産党の化けの皮をはがすトランプ政権(MANDEL NGAN/AFP/Getty Images)
中国共産党の化けの皮を剥がすトランプ政権
2018.09.06
米学者のピーター・マティス氏は外交専門誌ナショナル・インタレストに寄稿し、米国などが中国共産党政権の崩壊に備えようと提案した(Getty Images)
末期症状の中国共産党 米学者「崩壊に備えよう」
2018.08.09
先月中旬、米露首脳会談後に米メディアがトランプ大統領を痛烈に批判したが、その後に行われた世論調査ではトランプ大統領への支持率は大きく下落することはなくやや上昇したことがわかった(Photo by Christopher Gregory/Getty Images)
トランプ大統領支持率の上昇と左翼メディアの失敗(2)
2018.08.06
今月中旬、米露首脳会談後に米メディアがトランプ大統領を痛烈に批判したが、その後に行われた世論調査ではトランプ大統領への支持率は大きく下落することはなくやや上昇したことがわかった(Photo by Christopher Gregory/Getty Images)
トランプ大統領支持率の上昇と左翼メディアの失敗(1)
2018.07.30
中国複合大手の海航集団(HNAグループ)の王健・共同創業者は3日、視察先のフランスで事故死した(Getty Images/大紀元合成)
中国HNAグループ共同創業者が転落死、深まる謎
2018.07.09
中国人民銀行は24日、市中銀行の預金準備率を0.5%引き下げると発表した(AFP)
中国の経済専門家、「バブルの崩壊はすでに始まっている」
2018.06.27
米中貿易協議は3回目となる交渉が終了したが、いまだに着地点を見出していない(AFP/Getty Images)
米中貿易摩擦の核心は「赤字削減」ではない 
2018.06.09
トランプ米大統領は24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にあてた書簡で、6月12日シンガポールで開催予定の米朝首脳会談を中止すると通告した(Mandel NGAN/AFP)
策に溺れた? 米朝首脳会談の中止で北朝鮮が劣勢に
2018.05.26
米国のムニューシン財務長官(左)、トランプ大統領(中)とライトハイザー通商代表(右)。(Chip Somodevilla/Getty Images)
メンツが大事?   通商交渉に温度差 米「満足していない」中国「ウィンウィン」
2018.05.23
米中貿易摩擦が高まるなか、中国当局内部でも意見が相違する2派がいる。(Photo by Spencer Platt/Getty Images)
習近平氏の市場開放宣言、「確実な実行が必要」=程暁農氏
2018.04.11
2018年3月、仏パリで自社製品のプロモーションを行う華為(ファーウェイ、HUAWEI)CEOの余承東(リチャード・ユー)(ERIC PIERMONT/AFP/Getty Images)
中国技術移転問題   共産党、陰に日向に「社会主義の中国モデル普及」目指す
2018.04.03
王岐山・前中央規律検査委員会書記が17日、全人代で国家副主席に選出された後、習近平国家主席と握手した。(AFP/Getty Images)
習近平政権2期目スタート 指導部新人事から読み取るもの
2018.03.21
チリの海底および地上の光ケーブル通信事業を請け負う。2018年1月、米ラスベガスで開かれた技術見本市に出展した、中国IT大手ファーウェイ(MANDEL NGAN/AFP/Getty Images)
ファーウェイ光通信網   「アフリカは第二の中国、中南米は第三の中国に」紅いカネに懸念強まる
2018.03.03
中国当局はこのほど、国家主席任期撤廃を盛り込んだ改憲案を提案した。(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
任期撤廃・後継者不在、中国政局に大きな変化あるか
2018.03.02
中国問題専門家・石濤氏(石涛NEWS)
中国、国家主席任期を撤廃へ「共産党はそもそも独裁政権」=中国問題専門家石濤
2018.03.01
2013年米国会議員代表団を率い、日本を訪問した米共和党所属のダナ・ローラバッカ―下院議員(AFP PHOTO/POOL/Shuji Kajiyama)
米知日派議員「中国共産党は世界にとって大きな脅威」=米VOA
2018.02.22
中国政府の管理機関「孔子学院は2007年9月28日、孔子の生誕を祝う式典で風船が飛ぶ。(China Photos/Getty Images)
中国共産党の浸透工作   スポーツ、獅子舞い、オペラコンクール…孔子学院は「地域社会に根を下ろす」
2018.02.22
格安航空会社の発着を担う成田空港第3ターミナル。参考写真(JIJI PRESS/AFP/Getty Images)
日中関係   成田空港騒ぎ、北京「火消し」に躍起 ちらつく日本懐柔策
2018.02.01
米ホテル大手のマリオットに続き、米デルタ航空なども、ホームページでチベットや台湾を「国」として扱っているとして、中国当局に修正と謝罪を命じられた。(Scott Olson/Getty Images)
チベット、台湾などの問題で外資叩き過熱 中国問題専門家「事実上欧米への報復措置」
2018.01.15
中国主導の経済サミット「一帯一路」が北京で5月15日、16日に開かれた。会場外(Getty Images)
一帯一路に蚕食された中南米 中国警戒論が台頭
2017.12.22
^