大紀元時報

中国当局、20代の市民ジャーナリストを拘束か、武漢P4実験室を訪ねた後

2020年02月28日 18時19分
2月26日、市民ジャーナリストの李澤華さんは動画を投稿し、運転中に中国国家安全当局の職員が追ってきたと訴えた(スクリーンショット)
2月26日、市民ジャーナリストの李澤華さんは動画を投稿し、運転中に中国国家安全当局の職員が追ってきたと訴えた(スクリーンショット)

中国では、中共肺炎(新型肺炎)の発生源である湖北省武漢市で取材活動を行っていた公民記者(市民ジャーナリスト)、李澤華さん(25)の消息が2月26日以降、途絶えた。当局に拘束されたとみられる。中共肺炎の感染拡大以来、当局に拘束された3人目の独立系市民ジャーナリストだ。

李さんは今月中旬、武漢入りし、葬儀業者や、移動禁止措置で武漢市に留まっている地方出身者などを取材していた。その取材動画をYouTubeに投稿した。

26日午後、李さんはSNSに動画を投稿した。動画は李さんが運転する車の中で撮影されている。李さんは動画の中で、武漢市にあるP4実験室(バイオセーフティーレベル4実験室)の現在の様子を見てきたと話し、国家安全当局の職員とみられる人に追われていると緊迫した状況を伝えた。

李さんは、中国マスメディア分野の名門校である中国伝媒大学を卒業した後、国営中央テレビ放送(CCTV)で番組司会者を務めた。2018年以降、セルフメディアを運営している。

一方、中国国内では、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者急増の原因は、武漢市のP4実験室(中国科学院武漢国家生物安全実験室)からウイルスが漏えいしたためだと指摘の声が上がっている。

26日、ホテルに戻った李さんは再び動画を投稿した。李さんは、この動画が「自分のfinal speech(最後のスピーチ)かもしれない」と話し、部屋の外で待っている国家安全当局の職員に対して「武漢に来て取材したことは憲法に違反していない。両親に恥じることはないし、伝媒大学にも、25歳の自分にも恥じることは何もない」と訴えた。

また、李さんは動画の中で、1989年の学生による民主化運動「天安門事件」に言及し、「座り込みはもう役に立たなくなった。今の若者は過去に何が起きたのかすら、わかっていない」「それでも、多くの若者に目覚めてほしい」と語った。この後、李さんは自らドアを開け、国家安全当局の職員を部屋に入れたが、そこで動画は止まった。

ネットユーザーは、李さんを 「中国の英雄だ」と称える一方で、李さんの身の安全を懸念した。

中国当局はこれまで、インターネット上で武漢市の感染実態を伝えた市民ジャーナリストの陳秋実さんと方斌さんを身柄拘束した。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^