大紀元時報

アフリカ南部襲ったサイクロン、被災者は260万人突破=国連

2019年03月20日 11時29分

[マプト/ハラレ 19日 ロイター] - 国連当局者は19日、アフリカ南東部を襲撃したサイクロンで260万人以上が被災したと述べ、南半球で起きた気象災害としては過去最大級との見方を示した。

サイクロンは時速170キロメートルの速度でインド洋を進み、モザンビークを直撃。その後ジンバブエとマラウイを席巻した。それから5日経過した現在でも、救助隊の被災地への到達は難航している。

支援団体の話では、被災地では建物が崩壊、村は洪水で浸水し、道路は寸断され、生存者は身動きがとれなくなっている。国際赤十字によると、モザンビーク中央部だけで少なくとも40万人が住宅を失った。

国際赤十字の救援責任者は「被害の規模は依然として不明だが、被災者と死者の数は増えると見込まれる」と述べた。

モザンビークでは当局が発表した死者数は84人だが、ニュシ大統領は18日、死者数が1000人を超えるとの見方を示した。


3月19日、国連当局者は、アフリカ南東部を襲ったサイクロンで260万人以上が被災したと述べ、南半球で起きた気象災害としては過去最大級との見方を示した。ジンバブエ東部チマニマニで18日、流された橋を眺める男性(2019年 ロイター/Philimon Bulawayo)
^