子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな重症事例(下)

2009年のJAMA誌の記事によると、子宮頸がん予防のHPVワクチン「ガーダシル」が米国で発売された直後、FDAとCDCは2年以内に1,896例の失神を報告した。他のワクチンよりもかなり高い発生率だ。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな重症事例(中)

メルセン博士は、HPVワクチン接種に関連した副作用が疑われる患者の臨床と研究の両方に携わってきた。患者たちの症状は、慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)に見られるものと共通している。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな重症事例(上)

最も効果的なワクチンの1つとされるHPVワクチン(子宮頚がん予防)接種後に、それまで健康だった子供たちが重篤な傷害を負い普通に生活できなくなった事例に関して、エビデンスとなる文書を紹介していく。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(下)

HPVワクチンは、子宮頸がん予防の主な手段として医師から推奨されており、医師をはじめ多くの人々がリスクは存在しないと信じていますが、本当にそうでしょうか?HPVワクチンの一種であるガーダシルに関して検証します。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(中)

子宮頸がんワクチン「ガーダシル」に含まれるHPV-16L1が注射後に単球によって取り込まれ、血液脳関門を越えて脳に蓄積し、深刻な炎症性の副作用を引き起こしうることは2件の死亡例から明らかです。

子宮頚がん予防のHPVワクチン接種後の明らかな死亡事例(上)

HPVワクチンは、子宮頸がん予防の主な手段として医師から推奨されており、医師をはじめ多くの人々がリスクは存在しないと信じていますが、本当にそうでしょうか?HPVワクチンの一種であるガーダシルに関して検証します。