大紀元時報
トップ 中国共産党のスパイおよび浸透工作
中国共産党のスパイおよび浸透工作
米FBI長官クリストファー・ライ(Christopher Wray)氏、2017年7月撮影(Alex Wong/Getty Images)
2018.02.21
中国共産党の浸透工作
米FBI、孔子学院をスパイ容疑などで捜査対象「米国社会の脅威」

2月13日、アメリカ連邦議会上院の情報委員会の公聴会でクリストファー・ライ(Christopher Wray)FBI長官は、米国にある中国政府対外機関「孔子学院」...

中国共産党政権はグローバル規模でソフトパワーを浸透させ、諜報活動を展開している。2017年10月、第19回中国共産党全国代表大会が開催された北京の人民大会堂に集まるメディア(VCG/VCG via Getty Images)
2018.02.17
中国のソフトパワー輸出
日本語ニュースサービスを開始する新華社、報道機関、それとも諜報機関?

中国共産党政権はグローバル規模でソフトパワーを浸透させ、諜報活動を展開している。

南フロリダ大学にある孔子学院(ホームページのスクリーンショット)
2018.02.08
共産党のプロパガンダ
孔子学院は「反米の外国勢力」閉鎖よびかけ=米上院議員

米国議会上院議員はこのたび、米国内の学校に対して、中国共産党による一元的な歴史観や社会主義教育を施す孔子学院を閉鎖するよう呼びかけた。

新華社通信英語版ツイッターのフォロワーは、1100万を超えている。(ツイッターのスクリーンショット)
2018.02.04
共産党のプロパガンダ
米検察当局、「偽フォロワー工場」を摘発 新華社は重要顧客

米ニューヨーク州の検察当局がツイッターで偽アカウントを販売する企業デバミー(Devumi)社を調べており、中国国営の新華社通信が重要顧客の一つであると1月28日、...

米議会では、対外投資審査を厳しくするよう求める声が上がっている。対米外国投資委員会(CFIUS)の聴聞会が1月9日に開かれた(Mark Wilson/Getty Images)
2018.01.17
浸透するチャイナマネー
投資そのもの「武器化」する 中国の外国技術力入手戦略=米国委員会

米議会では、対外投資審査を厳しくするよう求める声が上がっている。外国投資と国内安全保障を審査する対米外国投資委員会 (CFIUS)は9日に専門家を招き聴聞会を開い...

中国共産党政権はグローバル規模でソフトパワーを浸透させる諜報活動を展開している。(Feng Li/Getty Images)
2017.12.29
中国共産党の「長い腕」に各国が警戒 法整備で阻止する動きも

近日、中国共産党政権の浸透工作が相次いで暴露され、各国が警戒心を強めている。オーストラリアは中国からの政治献金を断ち切る法整備を行い、米国では中国共産党の「長い腕...

経団連、日本商工会議所などで構成する訪中団は11月21日、北京の人民大会堂で李克強首相と会談。会議外の会場警備員(JASON LEE/AFP/Getty Images)
2017.12.25
知らぬ間にコントロール
「まるで茹でガエルのよう」中国共産党の浸透工作に警戒を=米公聴会

「米中国交正常化40年の歴史は偽りだったのか、疑問視されているところだ」。米国中央情報局(CIA)前中国担当局長は最近、ホワイトハウスで開かれた中国問題に関する公...

ソーシャルサイトLinkedInのロゴ。このたびドイツ諜報当局(BfV)は、中国スパイ機関がソーシャルサイトを使い、ドイツ政界、財界の人物の情報を収集していると警告した(Carl Court/Getty Images)
2017.12.11
スパイ工作
中国共産党、ソーシャルサイト「LinkedIn」で情報収集=ドイツ諜報部

ドイツ諜報当局は最近、中国のスパイ機関が、現地政界やビジネス界などに侵入するために自己紹介ソーシャルサイト「LinkedIn」で偽の経歴を作成し、情報収集している...

オーストラリアのターンブル首相(Stefan Postles/Getty Images)
2017.12.07
浸透工作を防止
オーストラリア、反スパイ法大幅見直し 外国の政治献金禁止など

中国共産党とつながる企業や個人が政治献金をオーストラリアの政治を影響しているとの懸念が強まっているオーストラリアで5日、新しい反スパイ法及び外国干渉防止法が公表さ...

勉強会でスピーチするスティーブン・バノン氏(大紀元/文亮)
2017.11.17
東京で中国民主化運動会議、トランプ氏元側近も出席 大使館から圧力も

11月15日、元米国大統領首席戦略官スティーブン・バノン氏は都内で行われた民主化運動家主催のカンファレンスでスピーチを行った。中国民主化運動団体「公民力量」(拠点...

米シカゴの孔子学院、すでに閉鎖した。参考写真(flickr)
2017.11.14
孔子学院の闇を暴くドキュメンタリー映画 日本で初公開

11月15日、孔子学院の闇を暴くドキュメンタリー映画が、東京オリンピックセンターで上映される。カナダの孔子学院で教員だった華人女性の活動を通じて、現地大学側と中国...

中国共産党政権はソフトパワーを全世界に浸透させる諜報活動を展開。(Feng Li/Getty Images)
2017.11.03
「世界を味方につける」中国統戦部プロパガンダ工作の手口=英FT紙

中国北京市府右街135号に聳え立つ巨大屋敷には看板が見当たらない。全世界で中国共産党政権のソフトパワーを浸透させる大役を担う中央機関、党統一戦線工作部(以下、統戦...

2016年、中国当局により、米諜報員が成都で拘束されていた。米政治紙が最近明かした。写真は11日、19大を控える北京の警備にあたる武装警察(WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
2017.10.13
米中スパイゲーム
中国当局、2016年に米諜報員を成都で拘束=米紙

米政治紙「ポリティコ」によると、中国四川省成都で2016年1月、中国当局が米諜報機関(CIA)関係者とみなす米国人男性を拘束し、数時間も尋問していた。男性は拘束さ...

郭文貴氏は5日、米ワシントンにあるナショナル・プレス・クラブで記者会見を開いた。(ネット写真)
2017.10.12
中国共産党の海外戦略
郭文貴氏、共産党の浸透工作を暴露 日本でも「藍金黄計画」を展開か

在米中国人政商の郭文貴氏は5日米ワシントンにあるナショナルプレスクラブの記者会で、中国共産党の浸透政策について言及した。前日に予定された同氏のトークイベントが直前...

英国ブライトン・カレッジに設置されている孔子学院のロゴ、参考写真(Confucius Institute Brighton College)
2017.10.06
加ベテラン情報調査官「孔子学院はスパイ機関」日本でも展開

カナダ政府の安全保障担当部門の研究者が、このたび、中国共産党当局の海外向け中国語教育機関「孔子学院」について、悪意あるスパイウェア「トロイの木馬」に例え、当局の諜...

中国軍幹部とも交流をもつ楊健議員。(ネット写真)
2017.09.17
ビューポイント
NZ中国出身国会議員のスパイ疑惑 諜報活動に詳しい元中国外交官が分析

南半球の2大先進国ニュージーランドとオーストリアの内政で、中国共産党が暗躍している。

ニュージーランド現職の与党国会議員に、中国当局スパイ疑惑が浮上(ニュージーランドの国会議員リストのスクリーンショット)
2017.09.14
ニュージーランド当局、中国スパイ疑惑で国会議員を捜査

ニュージーランドでは現在、9月23日に実施される総選挙に向け、与党の国民党と野党の労働党などが議席争いが繰り広げている。この中で、同国諜報機関のニュージーランド保...

日本でも販売中のHuawei製の格安スマホにも、上海広昇信息技術が開発したソフトウェアが採用されている。(Photo credit should read LLUIS GENE/AFP/Getty Images)
2017.08.06
中国製格安スマートフォンが危険? 個人情報を盗むスパイウェアを装着 

一部の中国製格安スマートフォンに、ユーザーの個人情報を許可なく中国のサーバーに送信するスパイウェアが組まれていると、米モバイルセキュリティ会社の調査で分かった。...

中国人留学生は共産党イデオロギーを持ち込んでいる、と豪有識者が警鐘ならす。シドニーのカンガルーのモチーフ。参考写真(Mark Kolbe/Getty Images)
2017.08.05
言論統制
中国人留学生、共産党イデオロギーを持ち込む 豪有識者が警鐘ならす

オーストラリアで中国の影響力が着々と広まっていることに懸念の声が高まっている。有識者は、約15万人の中国留学生は共産党思想と言論抑圧の手法を豪州の大学に浸透させて...

オーストラリアでは中国共産党の浸透工作が蔓延(Ian Waldie/Getty Images)
2017.07.04
中国元外交官・陳用林氏
元外交官に聞く中国共産党によるオーストラリアへの浸透工作(3)

豪州メディアの共同調査で、少なくとも5人の中国系人物が政治界への巨額な政治献金と賄賂を通じて、同国の内政に干渉してきたことが明らかになった。このほど、大紀元の取材...

6月上旬に報じられたオーストラリアのメディアの調査によると、少なくとも5人の中国系人物が政治界への巨額な政治献金と賄賂を通じて、同国の内政に干渉してきたと明かした。写真は2009年、シドニーの夕暮れ時の街並み。 (Brendon Thorne/Getty Images)
2017.06.29
中国元外交官・陳用林氏
元外交官に聞く中国共産党によるオーストラリアへの浸透工作(2)

豪州メディアの共同調査で、少なくとも5人の中国系人物が政治界への巨額な政治献金と賄賂を通じて、同国の内政に干渉してきたことが明らかになった。このほど、大紀元の取材...

オーストラリアのメルボルン(Scott Barbour/Getty Images)
2017.06.26
元外交官に聞く中国共産党によるオーストラリアへの浸透工作(1)

オーストラリア(以下、豪州)メディアのフェアファクス・メディアとオーストラリア放送協会(ABC)時事報道番組「フォー・コーナーズ(Four Corners)」は6...

2017.06.24
中国のスパイ活動
米元国務省職員、中国に極秘情報漏えいで起訴

米司法省22日の発表によると、中国の諜報員に極秘情報を売り渡した疑いと、取り調べで虚偽の供述をしたとして、米国務省・外交保安局の元特別捜査官を「スパイ防止法」違反...

中国が日本に送り込んでいるスパイは5万人。横浜の中華街で獅子舞いが上がり、旧正月が祝われる(Chris McGrath/Getty Images)
2017.05.11
日本はスパイ天国 中国人諜報員5万人が活動 

中国が日本に送り込んでいるスパイは5万人に上り、自衛官と結婚して妻になったものもいる。実際、外国人妻を持つ自衛官約800人のうち、7割の妻が中国人だという。

(woodleywonderworks/flickr)
2017.01.26
大紀元評論・謝天奇
日本へ戦争賠償請求しなかった中国共産党 国交正常化後のODAに続く「反日」利用(2)

今一度、日本は中国共産党政権の悪な本質を再認識すべきだ。中国共産党は国内の政権への不満をそらすため、常に「反日」を使い、大々的に反日キャンペーンなどを主導してきた...

Getty Images
2017.01.25
大紀元評論・謝天奇
日本へ戦争賠償請求しなかった中国共産党 国交正常化後のODAに続く「反日」利用(1)

第二次世界大戦の戦勝国となった中国は、日中戦争中に甚大な被害を受けた。72年の価値で換算すると、日本軍が中国を侵攻した14年間に、中国が受けた直接損失が1200億...

2014.09.23
質より量の中国スパイ 学生に「愛国精神」呼びかけ(2)

中国のスパイ活動がずさんで警戒不足に見えるのは、その大雑把な方法にある。情報保全企業ブラック・オプス・パートナーズ(BlackOps Partners)の情報部門...

一人のスパイは1万の文書を盗めるが、1万人の学生がそれぞれ1文書を盗むことも可能 (Mario Tama/Getty Images)
2014.09.22
質より量の中国スパイ 学生に「愛国精神」呼びかけ(1)

世界各国の諜報当局は、中国のスパイ活動はずさんで「プロ」の技術ではない、と認識している。多くの国が技術力と機密性を上げるなか、中国は数を増やすことに力を入れている...

中国インターネットで出回る中国最新ステルス機の画像(ネット写真)
2013.06.07
中国最新ステルス機 米国機と酷似 イラン経由で技術盗用か

【大紀元日本6月7日】中国のインターネットで出回っている中国軍最新ステルス無人偵察機と見られる画像が注目を集めている。専門家は、同機は2011年にイラン東部の国境...

2007年7月の記者会見で豪州でのスパイ活動を暴露する元在シドニー中国総領事館一等書記官・陳用林氏(写真中央)(大紀元)
2012.10.01
海外に暗躍する中国人スパイ 米国で法的措置相次ぐ

【大紀元日本10月1日】米ニュージャージー州ニューアーク市連邦法廷の陪審団は9月26日、米軍の軍事技術を窃取し不法に中国へ移そうとしたなどの罪により、昨年3月に逮...

^