大紀元時報
トップ 中国の臓器狩り
中国の臓器狩り
新書発表会で読者にサインするデービット・キルガー氏(右)とデービット・マタス氏(中)(Samira Bouaou/The Epoch Times)
2009.11.21
新書 「血まみれの臓器狩り」、法輪功学習者から臓器摘出調査報告 カナダで出版

 【大紀元日本11月21日】カナダの著名国際人権派弁護士デービット・マタス氏(David Matas)とカナダの元内閣大臣で公訴官のデービット・キルガー氏(Dav...

「臓器はどこから」と報じる雑誌「財経」の表紙(ネット写真)
2009.09.23
臓器狩りで初の医師の逮捕、当局は報道禁止=中国

【大紀元日本9月23日】中国の「財経」経済専門誌は8月31日、「臓器はどこから」という報道で、西南部の貴州省で起きた臓器狩り事件を伝えた。35歳のホームレス1人が...

臓器移植手術(Getty Images)
2009.08.30
臓器移植数世界2位 提供源に根強い疑惑=中国

 【大紀元日本8月30日】8月25日、中国衛生部が主催したシンポジウム「全国人体臓器提供会議」が上海で開かれ、中国における臓器移植件数が年間1万1千件に達し、世界...

国連拷問問題の特別調査員で、オーストリアの法学教授マンフレッド・ノーワック氏(GETTY IMAGES)
2009.08.13
国連拷問特別調査官:生体臓器狩り、今も中国で...

 【大紀元日本8月13日】国連拷問特別調査官マンフレッド・ノーワック氏(Manfred Nowak)は最近、英文大紀元の取材に、法輪功学習者が中国で生きたまま臓器...

大阪・難波で開かれたマタス氏の報告会(大紀元)
2009.07.13
中国「臓器狩り」報告会、大阪で開く

 【大紀元日本7月13日】中国で迫害されている法輪功学習者を狙った「臓器狩り」告発が「紛れもない事実である」ことを検証したカナダの人権弁護士デービッド・マタス氏は...

シンポジウムに臨む人権弁護士デービッド・マタス
2009.07.08
中国「臓器狩り」シンポジウム:マタス氏囲み、専門家らが意見交換

 【大紀元日本7月8日】中国「臓器狩り」はいまだに続いていることを伝える人権弁護士デービッド・マタス氏を囲み、東京・文京で7月7日、シンポジウムが開かれた。臓器移...

マタス氏(中央)を囲み、中国「臓器狩り」の報告書を学んだ日本戦略フォーラムの勉強会(大紀元)
2009.07.08
中国「臓器狩り」:マタス氏、日本の有識者らと勉強会

 【大紀元日本7月8日】来日中の人権弁護士デービッド・マタス氏は、日本の有識者からなる「日本戦略研究フォーラム」の会合で、中国の「臓器狩り」に関する報告書を参考に...

2009.07.07
病院で遺体がなくなる、臓器売買疑う遺族

 【大紀元日本7月7日】中国山東省新泰市で、交通事故で亡くなったある男性の遺体が病院から消える事件が起きた。遺族は遺体が臓器売買に使われたと疑い、病院側に説明を要...

中国の「臓器狩り」は今もなお続いていることを訴えるマタス氏=2009年7月6日、東京・外国人記者クラブで(大紀元)
2009.07.07
人権弁護士マタス氏、法輪功学習者を対象にした「臓器狩り」は今も続いている

 【大紀元日本7月7日】中国で迫害されている多くの法輪功学習者を対象とした「臓器狩り」が行われているという告発は06年、二人のカナダ人弁護士による綿密な調査により...

開かれた記者会見に臨むスコット副議長(中)
2009.05.08
欧州議会副議長、「臓器狩り」記者会見=英国

 【大紀元日本5月8日】欧州議会のスコット副議長は最近、英国ロンドンの外国メディア協会で「沈黙のジェノサイド」と題する記者会見を開いた。中国問題の専門家、臓器移植...

中国経済の繁栄の背後には日々深刻な貧富の格差と失業の一時帰休の問題が隠れており、次第に中国の経済発展の果実を併呑している(AFP)
2009.02.10
全面的に悪化する中国経済、成長モデルの維持は困難

 【大紀元日本2月10日】年末から年始にかけて、中国経済は、全体として顕著に悪化している。政府が公表した数字によると、08年第4四半期における中国の経済成長率は、...

国連の人権委員会で証言する国連特派調査員マンフレッド・ノーワック氏(Getty Images)
2008.11.24
国連、中国に臓器狩りの実態調査命じる

 【大紀元日本11月24日】国連は11月21日、中国当局に対し、集団弾圧されている法輪功学習者が虐待・拷問の末、臓器を強制摘出され、それらを売買しているとの告発を...

2008.10.02
「アジアの移植事情」(第4回世界移植DAY より)を聴講して

 【大紀元日本10月2日】9月20日、大阪国際会議場で第4回世界移植DAYが開催され、その第1セッション「アジアの移植事情」を聴講した。 きっかけは日本移植学会の...

フェニックス・テレビの番組で、調査団の電話録音で話したことを認めた医師・芦氏
2008.08.26
中国臓器狩りの新証拠、独立調査団が公開

 【大紀元日本8月26日】中国の臓器強制摘出の実態を調査する独立調査団のメンバー、元カナダ国会議員のデービット・キルガー氏と国際人権派弁護士デービット・マタス氏は...

中国共産党による法輪功学習者を狙った臓器狩りを糾弾するガルシア・ギャロン医師
2008.08.17
世界臓器移植協会:医師はみな中共の臓器狩りを知っている

 【大紀元日本8月17日】中米グァテマラからやって来た世界臓器移植協会(The Transplant Society)会員ルドルフ・ガルシア-ギャロン(Rudol...

講演中のマタス弁護士(大紀元)
2008.08.10
カナダ人権弁護士、中国当局の臓器狩り実態を語る=メルボルン

 【大紀元日本8月10日】カナダ著名の人権派弁護士デービット・マタス氏は8月6日、オーストラリア・メルボルン大学でシンポジウムを開き、中国当局による法輪功学習者の...

豪州ステファン・スミス外相(AFP)
2008.07.16
豪外相、法輪功学習者に書簡:臓器狩りの告発は信用できる

 【大紀元日本7月16日】豪州ステファン・スミス外相は先月、豪州在住の中国伝統画家の章翠英(ジャン・ツイイン)さんに書簡を送り、2006年にカナダ人権弁護士により...

今年3月の国連会議に参加した国連拷問問題特派員マンフレッド・ノーワック氏。2005年末に中国入りして拷問問題についての現地調査を行い、最初に中国入りして拷問問題を調査した国連関係者。同氏によると、法輪功学習者への拷問事件は国連報告の中国関係の66%を占めているという(明慧ネット)
2008.05.09
08年度国連報告書:中国当局による臓器狩りの責任追及

 【大紀元日本5月9日】国連信教の自由特別調査官アスマ・ジャハンギル氏と、国連人権委員会拷問問題特別調査官マンフレッド・ノーワック氏はこのほど、中国共産党(中共)...

世界人権の日シンポジウムでスピーチするキルガー氏(大紀元)
2007.12.17
カナダ元政治家=中共の崩壊は、中国の新時代誕生の絶対条件

 【大紀元日本12月17日】カナダの元国会議員デービット・キルガー氏は12月8日、中国当局の法輪功修練者を狙った臓器強制摘出に関する調査報告書が多国の政界要人に重...

北京の天安門広場で私服警察官らに足蹴りを受ける法輪功修煉者、もう一人の修煉者は警察の車両に押し込まれようとしている(CBCドキュメンタリー映画「赤い壁の向こう側:法輪功の迫害」から)
2007.11.05
カナダ国営放送、法輪功迫害ドキュメンタリー映画放映予定

 【大紀元日本11月5日】カナダの映画監督ピーター・ロウ氏(Peter Rowe)氏制作のドキュメンタリー映画「赤い壁の向こう側:法輪功の迫害」(Beyond t...

台湾立法委員・田秋菫氏は10月29日に、台湾立法院で開かれた記者会見に参加(大紀元・王仁駿)
2007.11.03
台湾立法委員ら、大陸の臓器移植関与の医師らの入台禁止求める

 【大紀元日本11月3日】中国医師が台湾で行っている臓器移植斡旋について徹底調査が必要であるとして、台湾立法委員・田秋菫氏、陸委会法制局局長、米人権法律協会アジア...

2007.11.01
最新中国臓器移植事情:「袖の下」合戦で、費用高騰

 【大紀元日本11月1日】中国の臓器移植病院が今年5月に人体臓器売買禁止法を施行したが、この半年間において、臓器の供給を控えたために価格が高騰した。移植手術jを急...

閉鎖前の「中国国際臓器移植支援センター」中国語サイト、中国当局による支持をアピールしていた(大紀元)
2007.10.20
中国の臓器移植:逮捕された日本人斡旋業者、当局の支援アピール

 【大紀元日本10月20日】中国外交部は10月16日、日本人に臓器移植を斡旋する日系企業の長瀬博之代表の逮捕を明らかにした。中国で臓器移植に関与したとして日本人が...

2007.10.09
中国当局、臓器移植で世界医学学会と合議書=疑問視される実効性

 【大紀元日本10月9日】中国当局の衛生部(日本の厚生省に相当)幹部は10月5日、直系親族を除いて、囚人あるいは他の監禁者の臓器を移植しないとする合議書を世界医学...

中国国内で発生している臓器狩りの陳情書簡への英女王からの回答
2007.09.18
英政府:中国の生体臓器摘出問題に関心寄せる

 【大紀元日本9月18日】国際社会は、中国国内で発生している生体臓器摘出問題に関心をよせつつあり、多くの民衆が、それぞれの政府に対して中国の人権迫害に関心を寄せる...

2007.05.28
中国臓器狩り:死刑囚のほか、監禁されている人も臓器強制摘出=カナダ国際医師組織

 【大紀元日本5月28日】カナダで新たに結成された医師組織「臓器強制摘出に反対する医師の会」はこのほど、中国当局はこれまでに死刑囚の臓器摘出のほか、生きた法輪功学...

自殺した李保春・教授を紹介する病院のサイト
2007.05.28
上海:腎臓移植の軍医、飛び降り自殺

 【大紀元日本5月28日】新華社24日の報道によると、中国透析移植委員会委員、上海第二軍医大学付属病院の腎臓内科副主任で、腎臓移植の権威である李保春・教授(男、4...

2007.05.11
2007年国連報告書:中国の法輪功学習者を狙った臓器狩りを立証

 【大紀元日本5月11日】最近公表された2007年度国連報告書には、国連人権委員会拷問問題の特別調査官マンフレッド・ノーワック氏の最新報告内容が含まれている。その...

米国ミズーリ州セント・ルイス市のBarnes-Jewish病院で開かれたシンポジウム(大紀元)
2007.05.06
米医学界:中国臓器狩りに議論活発化

 【大紀元日本5月6日】中国国内の秘密収容所で生きた法輪功学習者の臓器を強制摘出・売買する裏幕が昨年3月に暴露され、カナダの独立調査団は本件について、同年7月に調...

2007.04.12
中国臓器移植新条例公布、臓器出所の問題解決にならず

 【大紀元日本4月12日】4月6日、中国当局は、いかなる団体または個人が人体臓器売買およびそれに関連する活動を禁止する「人体臓器移植条例」を公布し、同条例は5月1...

^