大紀元時報
トップ 中国の臓器狩り
中国の臓器狩り
第26回国際移植大会が行われた香港会議展覧センターの内部(大紀元)
2016.08.24
臓器狩り
国際移植大会 中国医師団「臓器狩り」もみ消し図る

臓器移植という生命をつなぐ医療が話し合われる国際会議に、「人道犯罪者の参加」という不信感が残る内容だった。第26回国際移植学会(TTS)大会が香港で開催されたが、...

2016年の国際移植大会の会議が行われた香港会議展覧センター(Bill Cox/大紀元)
2016.08.22
臓器の強制摘出
移植学会に中国出席「殺人犯の招へいと同じ」=共産党元高官

 中国共産党の元老である羅瑞卿氏の次男で、元総参謀部前師級将校の羅宇氏は大紀元の取材に対し、「犯罪者を会議に招へいするのと同じこと」と非難した。

米ワシントンのナショナル・プレス・クラブで6月、中国の臓器強制的出問題についての最新報告書発表記者会見で発言するデービッド・マタス氏(李莎/大紀元)
2016.07.05
独占インタビュー
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(2)

 6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。これによると、中国の臓器移植件数は年間10...

中国での法輪功修煉者からの臓器摘出問題に関する調査報告の共著者、人権擁護弁護士デービッド・マタス氏。2007年5月29日、カナダ議会での公聴会で。(大紀元)
2016.07.04
独占インタビュー
中国臓器狩り新報告 共著者デービッド・マタス氏 独占インタビュー(1)

 6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。これによると、中国の臓器移植件数は年間10...

イーサン・ガットマン氏を手にもつ著書『殺処分(仮題)』(原題:The Slaughter)。原書は2014年8月12日に 米カリフォルニア州サンフランシスコで出版された。(Steve Ispas/Epoch Times)
2016.06.26
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(2)

米連邦議会で6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。それによると、中国の臓器移植件数...

イーサン・ガットマン氏と著書『殺処分』表紙(EndOrganPillaging.org)
2016.06.25
中国臓器狩り新報告 共著者イーサン・ガットマン氏 独占インタビュー(1)

米連邦議会で6月22日、中国で国家ぐるみに収容者の臓器を収奪していることに関して調査を続けてきた専門家が、最新の報告書を発表した。それによると、中国の臓器移植件数...

2016年6月13日 、 343号決議案が通過する前に、米下院議会で、中国での臓器収奪について発言するイリアナ・ロス=レーティネン議員(スクリーンショット)
2016.06.15
臓器狩り
米下院、法輪功の臓器摘出を非難する決議案を満場一致で通過

米下院議会で13日、中国当局が国家ぐるみで行っている法輪功学習者に対する強制的な臓器摘出を非難する「343号決議案」が満場一致で通過した。中国共産党による法輪功へ...

新華社「参考データ」は政権高官向けの特権情報資料「内参」に属し、秘密扱いにされるものであり、読後回収処分されることになる。
2016.06.03
中国情報の真相
中国高官の必読する極秘資料「内参」とは

このほど中国メディアが共産党内部の極秘資料「内参」の実態について公開し、その情報の信憑性や正確さなどはいずれも一般メディアが報じる内容をはるかに凌いでいると報じた...

米国議会の公聴会で、拷問や性的暴行について証言した法輪功学習者・尹麗萍さん(明慧ネット)
2016.04.20
迫害証言
「黒監獄」で女性へ性的迫害=米公聴会証言(2)

4月14日、米連邦議会議事堂で開かれた「広範囲に及ぶ中国の拷問」に関する公聴会。証言台に立った法輪功学習者、尹麗萍(イン・リーピン)さんは、凄惨な迫害について生々...

高圧電流を収監者の身体に放電する拷問「電撃」再現イラスト(法輪功学習者が作成)
2016.04.20
迫害証言
法輪功迫害は「硝煙のない戦争」=米公聴会証言(1)

米国議会の公聴会で、中国で迫害を受ける法輪功の学習者が、強制収容施設での拷問や性的暴行について証言した。そのなかで、馬三家労働教養所の所長が、法輪功迫害は「硝煙の...

湖南省の病院で、移植用臓器を運ぶ医師たち(大紀元資料)
2016.03.18
【独占インタビュー】元老の次男、江沢民告訴を支持 臓器狩りを調査し公開すべき

中国共産党元老の一人で、故羅瑞卿・元中国軍大将の息子である羅宇氏は、習近平氏に対して中国の独裁政治を終わらせるよう呼び掛ける公開状を発表したことで注目を集めた。先...

2013年10月、米ロサンゼルスの人権集会で演説する「臓器強制摘出に反対する医師会(DAFOH)」代表トルステン・トレイ医師(大紀元)
2016.03.18
2016年ノーベル平和賞候補に「臓器狩りに反対する医師会」

国際的な医学倫理組織「臓器強制摘出に反対する医師の会(DAFOH、米ワシントンDC拠点)」がこのほど2016年ノーベル平和賞候補になった。同組織は長年来、移植用臓...

法輪功支援組織からの公開状が、米ニューヨーク・タイムズの一面広告に(Friend of Falun Gong)
2016.01.29
迫害停止
「 親愛なる習近平主席 」ニューヨーク・タイムズ紙面に法輪功の友 公開状 

中国で非合法化されている気功法・法輪功の支援組織である非営利団体「法輪功の友」(米ニュージャージー州拠点)は28日付け米紙ニューヨーク・タイムズに、「習近平中国国...

アナスタシア・リンさん。米ニューヨークで6月13日撮影(Benjamin Chasteen/Epoch Times)
2015.12.26
アナスタシア・リン
「動揺しない」女優、ミス・カナダ出演の映画 来年公開

中国で開催された2015「ミス・ワールド」決勝大会で、入国を拒否され参加できなかった唯一の参加者として、国際的に注目を集めたカナダ代表アナスタシア・リンさん。15...

12月18日、米記者クラブで会見するアナスタシア・リンさん (撮影 Lisa Fan/Epoch Times)
2015.12.20
アナスタシア・リン
「恐怖に屈しない」中国が入国禁止するミス・カナダ、米で会見

2015年ミス・ワールド世界大会の決戦が、中国の海南島三亜市で12月19日に開かれた。しかし、中国の人権問題を訴えてきたカナダ代表アナスタシア・リンさんは当局に入...

映画のポスター
2015.11.14
臓器狩り
ピーボデイ賞受賞ドキュメンタリー映画 台湾の医薬大で上映

米放送界の最高栄誉とされるピーボデイ賞を受賞した、中国の臓器収奪問題を取り上げたドキュメンタリー映画『人狩り(Human Harvest)』が、台湾・台中市の中国...

「江沢民を告訴」のバナーを掲げる法輪功学習者(潘在殊/大紀元)
2015.10.07
迫害停止
法輪功、香港で「十一」集会とパレード 共産党の解体と江沢民告訴もとめる

香港の中心地・九龍で10月1日、中国当局からの迫害停止と江沢民元国家主席の告訴を求める法輪功が、集会とパレードを行った。集会では複数の香港議会議員や人権弁護士など...

楊光さんは50万人を超える法輪功学習者が臓器狩りにより死亡したと暴露(スクリーンショット)
2015.08.31
中共による臓器狩りの内幕
内情を知る者の暴露

デンマークに居住する楊光さんは、法輪功学習者が臓器狩りの対象にされていることを知り、自分の人脈を使って探りを入れたところ、生死を共にした2人の友人から驚くような内...

2015.07.03
「国連は臓器収奪の中国調査を」医学倫理組織や人権団体が促す

【大紀元日本7月3日】中国で法輪功学習者など受刑者の臓器が臓器移植手術用に収奪されているとの疑惑について、関連医師会や人権団体などが6月24日、ジュネーブの国連事...

中国の臓器狩りを描いたドキュメンタリー映画「ダビデとゴリアテの戦い」のポスター (大紀元)
2015.05.01
中国臓器狩りのドキュメンタリー映画、米放送界最高賞を受賞

【大紀元日本5月1日】中国では国家ぐるみで、刑務所の受刑者らが臓器収奪されているとの疑惑の国際調査を収めたドキュメンタリー映画「人狩り(Human Harvest...

 フリーチャイナ/信じる勇気 (新唐人テレビ)
2015.04.10
「中国の民主化は遠くない」ノーベル平和賞候補カナダ政府元高官

【大紀元日本4月10日】中国の「臓器狩り」について調査し、この問題を世界に公にしたことでノーベル平和賞候補になったカナダの元アジア太平洋地区担当大臣デイビッド・キ...

米国サンフランシスコで臓器強制奪取の停止を訴える華人活動家 (大紀元)
2015.04.02
刑務所警官が実名告発 「臓器強奪の闇産業チェーン」(2)

「この内容は現実味を帯びており、告発した警官は事情に詳しい内部の人間」と瀋陽市康家山刑務所元警官の雷鳳春さんは、新唐人テレビの取材に答えている。「刑務所には多くの...

華人活動家が米国ワシントンで行った、中国の臓器強制奪取「臓器狩り」停止を訴えるデモンストレーション (Jim Watson/AFP/Getty Images)
2015.04.01
刑務所警官が実名告発 「臓器強奪の闇産業チェーン」(1)

国家ぐるみの組織犯罪「中国臓器狩り」の実態が、日を追うごとに明らかになっている。刑務所警官を自称する人物が、同所の副刑務所長ら幹部職員が10年前から受刑者を殺害し...

「臓器狩り」のデモンストレーションで同問題を訴える、米国の法輪功学習者たち (大紀元)
2015.03.20
元衛生部次官、死刑囚の臓器移植に「周永康氏が深く関与」

【大紀元日本3月20日】中国衛生部の元次官である黄傑夫氏は16日に放送された香港の「鳳凰衛視(フェニックステレビ)」の番組で、死刑囚の臓器移植を、「周永康前中央政...

米国で「臓器狩り」デモンストレーションを行う法輪功学習者 (大紀元)
2015.03.09
イタリア上院、「人喰いだ」と中国臓器狩りを批判 死刑数と手術件数の不一致を指摘

【大紀元日本3月9日】イタリア上院は、人間の臓器を取引する個人に対し厳しく罰する議案を可決した。投票前の議論のなかで、数万人が臓器収奪で死亡したとされる中国臓器移...

元中国軍部病院実習生が暗幕の中の「臓器狩り」を証言(大紀元)
2015.03.09
【独占報道】元中国軍部病院実習生が証言 暗幕の中の臓器収奪

阿鼻叫喚の中国「臓器狩り」の詳細が体験者により明かされた。中国軍医学校の元卒業生と名乗るジョージさん(仮名)は、臓器摘出に係わった体験を大紀元に語った。軍の護衛と...

カナダ議会外交委員会直轄、国際人権委員会の公聴会、2014年10月21日 (大紀元)
2015.02.09
臓器狩り停止の請願書、ホワイトハウスが回答「重く受け止める」

【大紀元日本2月9日】在外法輪功学習者や支持者による中国の非人道犯罪「臓器狩り」中止を求める米国政府宛て請願について、米国オンライン請願サイトは1月30日、回答し...

死刑囚臓器利用の疑惑が晴れるまで、長春大学との提携を中止するとカナダ・ラヴァル大学は決定。写真は地元紙「ル・ソレイユ」。(スクリーンショット)
2014.12.24
カナダ大学、提供臓器問題で長春大学と提携中止 大型病院で「手術練習」

【大紀元日本12月23日】中国吉林省の長春大学と25年の提携関係にあったカナダ・ケベック州のラヴァル大学は、「死刑囚と政治犯の臓器を移植用に使用」との疑いがあると...

中国の臓器狩りを描いたドキュメンタリー映画「ダビデとゴリアテの戦い」のポスター (大紀元)
2014.12.10
中国臓器狩りドキュメンタリー 世界最大のオンライン映画祭で最優秀賞受賞

【大紀元日本12月10日】11月にカナダ・ハミルトン映画祭で獲得した最優秀ドキュメンタリー賞に引き続き、中国の臓器狩りを描くドキュメンタリー映画「ダビデとゴリアテ...

2014.10.31
杭州臓器移植大会、国際組織は欠席 「臓器狩り」再注目

【大紀元日本10月31日】中国臓器移植大会2014(Chinese Transplant Congress)が29日から31日にかけて、杭州市で開かれた。もともと...

^