大紀元時報
トップ 研究
研究
NTD Inspired
2018.05.22
お釈迦さまの歯に埋まった「舎利」 ミクロで見える姿は?

世界には、まだ私たちには計り知れない不可思議な現象があります。科学者が解明できたのは、奥深い宇宙の謎のほんの一端に過ぎないのかもしれません。

NTD Inspired
2017.12.01
知らない世界
亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻...

犬顔のコウモリ。フルーツが大好きだという(スクリーンショット)
2017.11.30
ちょっと不気味だけど可愛い
犬そっくり!フルーツバット

犬がコウモリ傘をかぶっている?そんな錯覚に陥りそうになるのが、フルーツバット。名前のごとく、フルーツが大好きなコウモリです。

30年以上オーラの研究を続けているKorotkov氏 (Konstantin Korotkov氏提供)
2017.11.16
病気も感情も分かる? オーラで人体を診断=ロシア科学者

人を見た目で判断してはいけないが、いわゆる「気配」や「雰囲気」を感じ取ることはないだろうか。陰気な人と一緒にいると、こっちも気が滅入ってきたり、エネルギッシュで明...

2016年11月、ニューヨークの国際会議に出席したスコット・ケリー氏 (Brian Ach/Getty Images for LocationWorld 2016)
2017.11.07
NASA
宇宙滞在は人体にどんな影響がある?双子で研究

ほぼ一年間、宇宙空間で生活した宇宙飛行士スコット・ケリーさん(Scott Kelly)と、彼の双子の兄の身体機能や認知能力を比較する研究が始まっている。

小惑星の衝突により、ほとんどの生物が死滅したと推定される(Getty Images)
2017.09.04
研究
6600万年前に小惑星が地球に衝突 2年間の暗黒時代があった

地球の歴史がどんなものだったのか、謎に包まれている部分は多い。アメリカ大気研究センター(US National Center for Atmospheric Re...

結婚生活に浮き沈みはつきもの。離婚したくなった時は、ちょっと立ち止まった方がいい(iStock)
2017.08.22
最新研究
離婚を考えた夫婦の5割 1年後に気持ちを改める

離婚を考えたことのある夫婦のうち、半数以上は1年経つと離婚を考え直すという研究データが発表された。同研究の責任者の1人、アルバータ大学人類生態学生活学科専門家のア...

筋力と集中力を養うボルダリング。ロープを使わないので気軽に始められる(Flickr)
2017.08.21
ストレス解消の効果も
ボルダリングで抑うつの症状を改善=最新研究

ロープを使わずに、岩壁や人工壁を自由に登る「ボルダリング」。筋力と忍耐力を鍛えると同時に、ストレス解消にも効果があるとして最近人気が高まっている。一方、ボルダリン...

静寂が漂う日本庭園。海外観光客にも人気だ(Pixabay)
2017.08.09
禅の効果?
アルツハイマー患者 日本庭園を見て落ち着く

静寂の中に独特の景観を織りなす日本庭園。禅の思想が凝縮されたその美しい空間が、アルツハイマー患者を落ち着かせるという報告がある。ナショナル・ジオグラフィック・ボイ...

NTD Inspired
2017.08.04
便利なものばかり
130年前にすでに食洗機が 女性が発明した家電と日用品

いつの時代においても、家事は重労働。多くの女性が掃除、炊事、洗濯、育児と朝から晩まで働き、忙しい日々を送っています。特に女性が社会進出するようになってから、すべて...

ど忘れしちゃった!っていう時、誰にでもありますよね(モデルファクトリー)
2017.08.03
「ど忘れ」を回避
脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米...

18年ぶりにあったチンパンジーのスイングと抱き合うリンダ・コーブナーさん(スクリーンショット/大紀元)
2017.07.26
動画
感動の涙 18年ぶりの再会 恩人を覚えていたチンパンジー

チンパンジーは、私たちの想像を超える優れた記憶力と友愛の情を持っているようです。南フロリダ州動物園に住むチンパンジーたちは、18年前に自分たちを助けてくれたアメリ...

サウジアラビア・タイマの砂漠にある真っ二つに切断された神秘的な巨石(スクリーンショット)
2017.07.21
なぜ割れているのか
サウジアラビア 不思議な巨石アル・ナスラ

サウジアラビアの西北部に位置する古都タイマ(Tayma)のオアシスに、アル・ナスラ(Al-Naslaa)と呼ばれる不思議な巨石があります。巨石はまるでレーザーを使...

40歳までに、きちんとした目の健診を受けておきましょう(photos.com)
2017.07.17
酷使しないように
目にダメージを与える8の生活習慣

スマホやパソコンが欠かせない今、視力の低下に悩む若者が増えています。テレビやゲームなども、長時間見続けると眼精疲労、視力低下の原因になりますが、このほかにも、目の...

絶食の状態を続けていても、身体はいたって健康なプララド・ジャニさん(GettyImages/Stringer)
2017.07.11
修行のたまもの!
80年近く飲まず食わず インド苦行者 医師らを仰天させる

人間は一生飲まず食わずで生きていけるのでしょうか? 87歳のインド苦行者プララド・ジャニ(Prahlad Jani)さんは70年以上、食べ物も飲み物も一切口にして...

(余小敏/大紀元)
2017.06.16
専門家のアドバイス
メガネのお手入れ 石けんの使用はタブー

「めがねレンズ」は私たちが想像する以上にデリケートなものです。身体の一部であるメガネを末永く良い状態で使うために、専門家が推奨する手入れの方法をご紹介しましょう。...

世界で最も辛い唐辛子。ギネス世界記録を申請中(スクリーンショット)
2017.05.27
食べられないけど医療に役立つ?
世界一辛い唐辛子の栽培に成功=英国

イギリス・北ウェールス地方で、世界で最も辛い唐辛子が誕生した。植物栽培の専門家、マイク・スミス(Mike Smith)さんが育てたのは、激辛種の「ドラゴン・ブレス...

退屈は心理的ダメージを与えることも、創造性を刺激することもできる(Fotolia)
2017.05.24
心理研究
退屈は悪くない? 創造力を促すことも

どの分野においてもその道の専門家が存在するものだが、心理学の分野では、「退屈」についての研究者がいるらしい。今年4月、ワルシャワでは第5回目となる「国際学際退屈会...

ぱっと見「ステキ!」よく見りゃ「残念」なオンナ 目撃者は8割(JUMII TOKYO)
2017.04.27
調査
ぱっと見「ステキ!」よく見りゃ「残念」なオンナ 目撃者は8割=調査

ネイル商品を展開するJUMII TOKYOが行った調査によると、ぱっと見ステキだと思って近づいた女性に対し、「幻滅したことがある」という回答が、82.4%にのぼる...

『史記・巻六・始皇帝本紀』(Bjoertvedt/维基百科)
2016.09.15
二千年に及ぶ冤罪 今その真相が解き明かされる
秦の始皇帝に対する数々の誤解 2000年ぶりの再検証

秦の始皇帝(紀元前259年~210年)は、約550年にも及ぶ春秋・戦国時代に終止符を打ち、初の統一王朝「秦」を作り上げた人物として歴史の教科書にも必ず登場する人物...

論文作者の1人、董宇紅医学博士。(林沖/大紀元)
2016.06.10
法輪功は末期ガン患者に延命効果=米臨床腫瘍学会

米国臨床腫瘍学会はこのほど、中国気功法輪功の修練で末期ガン患者が、症状改善や完治、延命の効果を得ている研究論文を発表した。論文内容をまとめた要約は、現在同学会の公...

^