大紀元時報
トップ 伝統文化
伝統文化
見えますか?小さいけど正確に作られた折り鶴(スクリーンショット)
2017.07.10
微細な世界
どこまで挑戦できる? 折り鶴の極小アート

平和の象徴とされ、最近では日本だけでなく世界でも親しまれている折り鶴。カナダ人の男性デービッド・カワイ(David Kawai)さんが、技ありの難しい折り鶴を披露...

世界文化遺産に登録された至聖三者聖セルギイ大修道院(ウィキペディア)
2017.06.30
ロシアの歴史を語る 明るく色鮮やかな古城 

ロシアは1970年、観光産業の強化による戦略の一環として、観光ルート「黄金の環(ゴールデンリング)」を設けました。明るく色鮮やかなロシア宮殿や古城、大聖堂などをめ...

唐代の詩人・張継はどのような心情だったのだろうか。写真は中国の伝統建築物(寥素貞/大紀元)
2017.06.24
漢詩を楽しむ
旅船に響く夜半の鐘声 張継「楓橋夜泊」

中唐の詩人であり政治家でもあった張継(ちょうけい)は、字は懿孫、詩人を輩出した名門に生まれた。幼い頃から弓馬の道に長け、文武両道であった。唐代中期の735年(天宝...

(チェコ政府観光局 - チェコツーリズム)
2017.06.22
世界遺産、聖三位一体柱 バロックの都 オロモウツの魅力

チェコ共和国東側、モラヴィアの歴史都市オロモウツ。この街は多くのバロック遺産やトヴァルーシュキをはじめとする地域名産料理でも知られています。大都市プラハから列車で...

(Fotolia)
2017.06.14
故事
魂は引き継がれていく

輪廻転生(リーインカーネーション)――肯定するにしても否定するにしても、人びとを引き付ける永遠のテーマではないでしょうか。児童精神科医でもあるアメリカ合衆国ヴァー...

人間国宝・室瀬和美 蛍きらめく季節、きらめく日本の匠の技を間近で(藤田観光株式会社)
2017.06.05
ホテル椿山荘東京
人間国宝・室瀬和美 蛍きらめく季節、きらめく日本の匠の技を間近で

年を経る毎に透けてきた漆が、絶妙な質感を醸す。ホテル椿山荘東京は、6月1日から同中旬まで、人間国宝・室瀬和美氏による「車海老蒔絵乾漆八稜箱」が展示される。飴色の透...

京都の聴竹居。国の重要文化財に答申(www.chochikukyo.comスクリーンショット)
2017.05.19
日本文化
京都の聴竹居など 国の重要文化財、あらたに10件=文化審議会答申

文化庁は5月19日、新たに10件の建造物を重要文化財に指定するよう、松野博一文部科学相に答申した。

出土した中国古代の貨幣。古銭には、向かって右に「貨」、左に「泉」の文字がある(南あわじ市教育委員会)
2017.05.19
日中文化
弥生時代の日本へ 中国の貨幣を発見=淡路島

紀元14~40年にかけて中国古代「新」「後漢」時代で鋳造されたとみられる貨幣「貨泉」3枚が、兵庫県淡路島の入田稲荷前(いりたいなりまえ)遺跡で見つかった。

国史跡古津八幡山遺跡全景(新潟市)
2017.05.13
日本歴史
新潟市を代表する国史跡へ 古津八幡山遺跡

新潟市の「史跡古津八幡山 弥生の丘展示館」で6月25日(日曜)まで企画展「古津八幡山遺跡の保存・活用」を開催。国史跡古津八幡山遺跡保存活用計画の策定を記念し、発掘...

神韻公演の演目は、中国伝統文化の徳目を具現した内容になっている(大紀元)
2013.03.11
中国伝統文化と日本

東アジアの海の上という、おもしろい位置に日本がある。 「おもしろい」と言ったのは、大国である中国の隣国の一つでありながら、海を隔てているせいか、その影響の受け方が...

仲睦まじいオシドリ(全宇撮影)
2006.06.24
「比翼の鳥」と「連理の枝」の由来

「天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては連理の枝とならん」。これは、中国唐代の詩人白居易(=白楽天、772-846年)の長編叙事詩「長恨歌」の中の有名な一節で、...

^