大紀元時報
トップ
GettyImages
2019.02.20
「死」は二つの世界の中継点か

肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが、そのほとんどは魂の存在...

神韻芸術団
2018.12.29
神韻へのいざない
中国神話の登場人物:盤古

昔々、天地ができる以前、宇宙には巨大な卵形の物体だけがありました。

(Epoch Times Uplift)
2018.01.10
37秒後に生還
自分の死を予言した女性 分娩の事故で現実に

悪夢や嫌な予感が時には現実になることもあります。自分の死を予言した女性アーノルドさんが命拾いしたケースをご紹介します。

(Jean-Pierre Clatot/AFP/Getty Images)
2017.12.29
科学の向こう側
地獄は存在する ある証言者の体験

臨死体験(NDE)の証言を集めたウェブサイトNDEリサーチ・ファウンデーションによれば、臨死体験者たちは、そのほとんどが光や天使などを目撃し、安らぎと平和に満ちた...

(NTD Inspired)
2017.12.13
人生で一番大切なもの
最後の時を迎えた王様 4人の妻たちの言葉は?

地位と名誉に恵まれ、割と順調だった人生を終えようとする間際。王様は死の床で、何を思ったのでしょうか。何に執着していても、人間があの世に持って行けるものはただ一つ。...

NTD Inspired
2017.12.01
知らない世界
亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…

神秘に包まれた「死後の世界」は永遠のテーマ。誰もが逝かなくてはならないなら、せめて穏やかにその瞬間を受け入れたいものです。医学の進歩により、あの世の一歩手前から戻...

Moyan Brenn/Flickr
2015.07.06
英国の医師 魂の存在を実証

【大紀元日本7月6日】魂は、本当に存在するのだろうか。古来、人々は魂の存在を信じ、日本では仏壇のお供えや法事、お盆などの行事が行われきた。また、最近では医療の蘇生...

(ユーチューブより)
2011.04.21
<心の琴線> 生と死について―最後だとわかっていたなら

 【大紀元日本4月21日】未曾有の大災害を目のあたりにして、多くの被災された方々のことを思うとともに、生や死について深く考えさせられた。そしてすぐに10年前、NY...

(calydelphoto/Creative Commons)
2011.03.27
≪医山夜話≫ (24)体から魂が抜け出た人(下)

 【大紀元日本3月27日】「あなた、あと7日で納税の締め切り日が来るわ。書類を整理して、すぐに郵送しなければだめよ。もし今回も以前のように、だらだらとそれを遅らせ...

(calydelphoto/creative commons)
2011.03.20
≪医山夜話≫ (24)体から魂が抜け出た人(上)

 【大紀元日本3月20日】Aさんの主治医は私の診療所をAさんに紹介し、カルテをたくさん送ってきました。私がまだカルテを読んでいないうちに、Aさんは私の診療所へやっ...

著名な在日台湾画家の池依依さん(右)は、昨年の感動を忘れられず、お姉さんと2度目の神韻鑑賞(大紀元)
2010.03.07
在日台湾画家「魂が震撼させられるステージ」

 【大紀元日本3月7日】著名な在日台湾画家の池依依(チ・イーイー)さんが6日夜、五反田の「ゆうぽうとホール」で開催中の神韻芸術団東京公演に訪れた。昨年に続く2度目...

東京都議の古賀俊昭氏と夫人(中央)(撮影=李明/大紀元)
2009.02.12
東京都議・古賀俊昭氏「魂の危機について考えさせられた」=神韻東京公演

 【大紀元日本2月12日】東京都議会議員の古賀俊昭氏と夫人が、11日、米国神韻国際芸術団・東京公演を鑑賞に訪れた。 神韻公演を鑑賞するのは今年で3回目だという古賀...

ダイ族の女性(ネット写真)
2008.06.02
ダイ族に伝わる神の「天地創造」

多くの民族に、神が土で人類を創ったという神話がある。例えば、漢民族には女媧が泥を捏ねて人間を創ったという伝説があり、ダイ(イ+泰)族にも同じような伝...

2008.02.21
【神韻芸術】ネットで「神韻」を見た中国の民衆、「人々の魂を洗い清める」

 【大紀元日本2月21日】中国の新年の期間にあたる2月11日、河北省のある男性が、携帯電話に入ったショートメールによって知りえた放送時刻と情報規制を突破するある方...

2007.08.23
前世を記憶する老僧

 【大紀元日本8月23日】ある老僧が屠殺場を通りかかった際、涙が流れるのを禁じえず、深い哀しみを覚えた。人々はとても不思議に思い、なぜ哀しんでいるのか、老僧に尋ね...

2007.08.16
【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(2)

 【大紀元日本8月16日】「手術を受けている時、私は自分が2人いるような感覚でした。一人は手術台に載せられていて、もう一人の魂は宙に浮いて、手術の工程を見ているの...

2006.07.04
「死」は二つの世界の中継点か

 【大紀元日本7月4日】肉体が亡くなっても、魂は存続し続けるだろうか?このような素朴な疑問を抱く人は少なくないだろう。古代から、異なる民族に異なる伝説が存在するが...

^