大紀元時報
トップ
Google Street View
2019.09.06
テキサスの少女に訪れた『奇跡』 手術不可能と言われた脳腫瘍が消失

地方紙によると、テキサスに住む少女の脳腫瘍が奇跡的に消失したという。12NewsNowによると、ロキシル・ドスはびまん性橋膠腫(DIPG)と診断された。「とてもま...

(Illustration - The Epoch Times)
2019.09.06
見える動物によってあなたの脳タイプが分かる?

あなたは右脳派?それとも左脳派?脳の優位性を知ることで、自分自身の性格のクセや考え方の傾向もわかるようになります。あなたは自分が右脳派か左脳派か、知りたくありませ...

Free-PhotosによるPixabayからの画像
2019.09.03
簡単に精神を鍛えるための 5つの方法

現代において、科学者たちは精神をさらに鍛える方法を模索し続けています。ここでは簡単に精神を鍛えるための5つの方法を取り上げます。

(Sharon McCutcheon/Pixabay)
2019.08.30
12年間、謎の昏睡状態に陥ったゴーストボーイとは?

マーティン・ピストリウスくんはちょうど12歳になった頃、謎の病気に悩まされた。 ある日、いつも通り学校から帰ってくるとマーティン君は喉の痛みを訴えた。数日後には...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.29
たった1%の人にしか見えない犬 あなたは見つけることができますか?

皆さんご存知の通り、頭の体操は脳を活性化させ、論理的思考力を鍛えられるすばらしいゲームです。実はパズルやなぞなぞによる脳の「運動」が認知症やアルツハイマー病の予防...

(The Epoch Times)
2019.08.28
足りない数字は何?:連続した数字のパズル、解けますか?

私たちは、人間であるがゆえに、自分の脳に自信を持ち、合理的で機知に富み、賢く、観察力も鋭いと思っています。合理的な脳は情報を収集し、アイデアを生み出し、先を見通し...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.26
体は死んでもまだ「生きている」 死後の意識について研究者が語る

死ぬと何が起こるのか。この謎の解決に近づく研究結果が発表された。ニューヨークの研究チームによると、人は死ぬ瞬間にもはっきり意識があるとのことだ。

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.25
頭蓋骨の外に脳 堕胎を助言された男の子、無事生き延びる

「この子は果たして『普通の人間』となれるのか」超音波検査の結果は、どんな苦境においても必ず希望はあると思えない程に医師には衝撃的でした。

(AJP/Shutterstock)
2019.08.22
なぜ言おうとしたことを忘れてしまうのか?

やることや言うことを忘れることは、みんなに起こることなのです。 部屋に入ってから、何を探していたか思い出せなかったことがありますか? 一度に複数かのことを考えて...

(Courtesy of Paul Minne Photography)
2019.08.20
内なる敵と戦う方法 ある武術家の発見

テレサ・バーン(Theresa Byrne)は子供の頃、映画“The Karate Kid”を見た時から、登場人物であるミヤギ老人(空手の使い手)にあこがれていま...

Shutterstock
2019.08.08
ターメリックの6つの驚くべき健康効果 うつ病症状の軽減も

ターメリックが香辛料の棚に並ぶことはあまり多くはないかもしれません。ターメリックはインド料理や様々なアジア料理に独特の香りを加える用途以外にも使い道があるのです。...

GettyImages
2019.02.07
「ど忘れ」を回避
脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米...

(GettyImages)
2019.01.23
過食が児童の知能に与える影響

一度にたくさん食べたり、あるいは食べるのを延々と止めなかったりすると、体内の血液が胃腸に集中するので、大脳の血流が減少してしまう。充分な血液の循環が発育の前提なの...

1日一杯のお茶を飲むと記憶力が高まり、認知症にかかるリスクを半減することができる(Bino Storyteller/Unsplash)
2018.10.12
ポリフェノールだけじゃない
お茶の効用 記憶力の低下を防ぐ=シンガポール研究

忙しい毎日の中で、お茶を飲みながらほっとするひと時。気分がリフレッシュするのと同時に、記憶力の低下を予防してくれるというのをご存じですか?シンガポール国立大学の研...

ど忘れしちゃった!っていう時、誰にでもありますよね(モデルファクトリー)
2017.08.03
「ど忘れ」を回避
脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米...

(Chevanon Photography/Pexels)
2017.07.06
すでに依存している人にも提言
それでも飲みますか? コーヒーの弊害5つのこと

初めて飲んだ時は苦かったはずなのに、いつのまにか虜になっているコーヒー。太らないとか、頭をすっきりさせるとか言われていますが、弊害について語られることはあまりあり...

1日一杯のお茶を飲むと記憶力が高まり、認知症にかかるリスクを半減することができる(Bino Storyteller/Unsplash)
2017.04.27
ポリフェノールだけじゃない
お茶の効用 記憶力の低下を防ぐ=シンガポール研究

忙しい毎日の中で、お茶を飲みながらほっとするひと時。気分がリフレッシュするのと同時に、記憶力の低下を予防してくれるというのをご存じですか?

気功動作をする若い女性(minghui.org)
2017.02.28
心と体
職場の悩み 失恋の苦 気功でストレスフリー体験

2月、暦の上では春。寒さも和らぎ、小鳥たちのさえずりが聞こえるようになった。青々とした空のもと、屋外での活動に適した季節だ。都内の公園で、ゆったりとした気功を実践...

(David McNew/Getty Images)
2017.02.27
アルツハイマー患者 記憶障害が全くない場合も

最新の研究によると、一部の老人は脳に広範なアルツハイマーの病状が見られるにもかかわらず、彼らには認知症の症状がないばかりか、逆に記憶力が高い人もいることが分かった...

マイナス思考は繰り返し脳に現れ、最後には習慣化する(Fotolia)
2016.08.20
科学が教える 不満が多い人ほど体へ悪影響

イライラしている時、友達に愚痴をこぼしてストレスを発散させるのは人の常だが、不満を言った瞬間、本人も聞いている側も不愉快な気分になっているのではないだろうか。実際...

2014.03.05
【私の一枚】 シミュラクラ現象

【大紀元日本3月5日】シミュラクラ現象ってご存知ですか。この写真の木の模様がまるで人の顔のように見える現象です。人は3つの点が逆三角形に集まった図形を見ると脳が顔...

Christian Lauersen/Flickr
2013.11.28
暗闇でも手の動きが見える?=米研究

【大紀元日本11月28日】一筋の光もない真っ暗な空間で手を左右に振ってみる。果たして影のような動く物体が見えるだろうか? 脳の認知研究を行っている米科学者によれば...

実は、中高年が一番、頭が冴えている時(YOSHIKAZU TSUNO/AFP/Getty Images)
2010.08.18
脳の黄金年齢は40代~60代

ほら、あの人、あの人の名前、何だっけ?あそこで会ったでしょ、あそこで・・・。会話に「あれ」「それ」を多用し、名前がなかなか思い出せなくなってきた・・・なんてぼやく...

瞑想でリラックス(写真・大紀元)
2010.06.13
瞑想で集中力アップ

 【大紀元日本6月13日】瞑想(Meditation)すると集中力が増すということをご存知ですか? 米国・マサチューセッツ州総合病院(Massachusetts ...

(Photos.com)
2009.05.29
脳の不思議:ボーっとしている時ほど、直観に優れる?

 【大紀元日本5月29日】考えても考えても、いいアイデアが浮かばない・・という時はないだろうか。そんな時、考えるのを止めて何か他の単純な作業を始めるといいかもしれ...

現在のウィリアム君(thisislondonネットから)
2007.10.28
英国男児、脳の手術後に「女王口調」の英語を話す

 【大紀元日本10月28日】イングランド北部・ヨークシャーの男児ウィリアム・マイケル・ムーア君(10)は、昨年3月に突如頭痛を訴え、発熱のような症状を呈した。脳膜...

2007.09.09
児童の過食は、知能の発達に有害

 【大紀元日本9月9日】過食により大脳血流量が減少 一度にたくさん食べたり、あるいは食べるのを延々と止めなかったりすると、体内の血液が胃腸に集中するので、大脳の血...

2007.07.25
高度脳萎縮の男性、生活能力は正常=フランス

 【大紀元日本7月25日】フランスのある男性は、足の怪我によって病院で検査を受けた際、脳の高度萎縮が発見された。ただ、生活能力に異常は見られないことから、医師たち...

^