大紀元時報
トップ 細菌
細菌
Pixabay
2020.04.21
【漢方の世界】鼻水―身体のシグナルを送る

今回のテーマは、鼻水。鼻水は「汚い」というイメージを持つ人も多いが、実は人体にとって非常に重要な働きをしている。例えば、汚染された空気や細菌・ウイルスに遭うと鼻水...

(Eden, Janine and Jim/Flickr)
2020.03.17
リンゴを食べる時 注意すべき四つのポイント

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、美容と健康によいリンゴ。でも、色が変わってしまったリンゴや、古いリンゴジュースを飲んでいいのでしょうか?加熱すると、リンゴは...

(Lotus Images/Shutterstock)
2019.08.21
有機栽培のりんご 普通のりんごとの違いは?

有機栽培で育てられたりんごは、従来通りの方法で育てられたりんごよりも細菌の種類が豊富なことが新たな研究でわかりました。どちらのりんごも栄養は同程度含まれていますが...

In The Light Photography/Shutterstock
2019.08.06
自宅で出産した赤ちゃん、健康を増進させる微生物を持つ 

人類の歴史上、赤ちゃんは母親が生活をしていた場所で生まれるものでした。この一世紀で人類の誕生は自宅から病院に移りました。これによって私たちの体内で生きる微生物にど...

(看中国)
2018.09.17
なぜ日本紙幣は世界で最も清潔なのか

お金は最も清潔ではないものの一つですが、私たちのほとんどは、日常的に紙幣や硬貨に触れざるを得ません。言い換えると、私たちは毎日、お金に付着しているさまざまな細菌に...

(Eden, Janine and Jim/Flickr)
2017.07.16
リンゴを食べる時 注意すべき四つのポイント

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、美容と健康によいリンゴ。でも、色が変わってしまったリンゴや、古いリンゴジュースを飲んでいいのでしょうか?加熱すると、リンゴは...

自分の身体に注射して、抗老化効果を試したロシアの科学者ブロチコフ(Anatoli Brouchkov)氏(スクリーンショット)
2015.11.05
自分の身体で細菌の抗老化効果を実験する科学者

また一人、勇気ある科学者が自分の身体を実験台にした。350万年前から生存してきた細菌を自ら注射し、その抗老化効果を試したのである。注射後、科学者の身体は以前より丈...

2011.06.21
中国の牛乳品質基準、「世界最低」か

 【大紀元日本6月21日】先日、福建省福州市で行われた酪農関係者による討論会の席で、中国の酪農業会で設定されている1ミリリットル当たり牛乳許容細菌数200万という...

100人民元紙幣を数える(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
2007.04.19
要注意!世界で最も汚い中国人民元紙幣、細菌18万個

 【大紀元日本4月19日】お金に親しみを感じている人は少なくない。親しみを感じているから、つい警戒心が薄れて、お金の汚い一面を忘れてしまう人も多い。 香港城市大学...

今日のご馳走の安全性は大丈夫?
2005.05.11
食中毒にご用心

 【大紀元日本5月11日】食中毒は、細菌性、化学性、自然毒の三種類に大別できる。その中でも細菌性食中毒は大多数を占めている。食中毒の多発時期は5-10月の間である...

^