大紀元時報
トップ 法輪大法
法輪大法
Photo by Danielle MacInnes on Unsplash
2020.05.16
≪医山夜話≫ (58)
患者からもらった玉子

私の小さい時の話です。ある日、母と買い物をするために街に行きました。そこで、変な歩き方をしている王さんを見かけたので、母は持っていた買い物かごを私に持たせ、「王さ...

米ヒューストン市長は同市の学習者を表彰し、5月13日を同市の「法輪大法デー」と宣言した。(明慧ネット)
2020.05.09
米ヒューストン市長、5月13日を「法輪大法デー」と宣言

2020年5月13日は、第21回「世界法輪大法デー」であり、法輪功が公開されてから28周年の記念日にもあたる。米テキサス州ヒューストン市のシルベスター・ターナー市...

優曇華の花(大紀元)
2020.05.09
ことわざから学ぶ 人生の智慧

「繁栄の世に骨董を集め 混乱の世に黄金を蓄え 世の末には修行を急げ」 最近、ネットでこのような言葉を見かけました。 「繁栄の世に骨董を集め、混乱の世に黄金を蓄えよ...

明慧ネット
2020.05.01
メニエール病から鬱に 中国伝統気功「法輪功」で地獄のような日々から解放

中国古来の気功修煉法から李洪志氏により伝えだされた「法輪功」。90年代の中国において法輪功の修煉を始めることによってさまざまな病気が回復した例が続出し、数年間で学...

ロレッタ・ダチャンプさん(NTD Inspired)
2020.04.17
10年以上のイジメ 自信を取り戻したきっかけは…

幼少期から思春期は、女の子にとって非常にデリケートな時期。「ブス」「太っている」「キモい」といった言葉を浴びると、まるで自分が本当に存在価値がないかのように思い込...

問題児クラスをまとめた新米小学校教師、子どもに響いた「心のレッスン」とは(mihoyuyu)
2020.03.08
教育
問題児クラスをまとめた新米小学校教師 子どもに響いた「心のレッスン」とは

初夏の暑さを感じさせる6月。春に新生活をスタートさせた新入生たちは、新しい環境に慣れてきたころだ。育った環境の異なる友人や仲間と触れ合うことは、「自分らしさ」を認...

明慧ネット
2020.03.06
法輪功は素晴らしい
人間ドックで膵臓に腫瘍が発見! 法輪功をはじめてから訪れた素晴らしい変化

システム開発のプロジェクト・マネージャーを任されており、仕事上、社内外のいろいろな 人と交渉を行うなど多忙な毎日を過ごしていた平井陽子さんは職場の検診の人間...

明慧ネット
2020.03.05
法輪功は素晴らしい
リウマチと膠原病のつらい日々からの脱出

もともと元気で病院通いには全然縁がなかったという平井裕子さん(70)は寝たきりの母親を介護する毎日を送っていた。そんなある日、全身に痛みが走り、原因不明の倦怠感に...

興味をもって法輪功の功法を学ぶ生徒達(明慧ネット)
2020.02.22
法輪大法は素晴らしい
法輪功がイタリア南部の高校の授業に導入

イタリア南部のサレルノ県にあるカーロー高等学校は、県下で最も良い言語高等学校である。また例年いつも、サレルノ県下で最も優秀な高等学校として選ばれている。そのずば抜...

米国証券取引所の元デザイナーで、英文大紀元のクリエイティブ・ディレクター、ロバート・カウンツさん(Edward Dai/Epoch Times)
2020.01.17
「作り手の想いが伝わるデザイン」米国証券取引委員会の元デザイナー、仕事に対する姿勢

ファッションデザイナー、建築家、音楽家、文筆家に至るまで、表現者は、いかに優れた技術力でアイデアを作品に反映させられるかに注目する。いっぽう、表現者としては、どの...

長年癲癇に悩まれていた李銀さん 法輪功を修煉して1カ月で完全治癒(李銀さん提供)
2019.12.19
修煉
癲癇(てんかん)が完治 薬を使わない方法とは

薬物治療で改善しなかった病気が、法輪功(ファルンゴン)の修煉を通じて短期間で完治する――。中国・河北省滄州市からオーストラリアに移住した李銀さんという女性の体験で...

David Mark / Pixabay
2019.09.03
各界4人のエリートが 九死に一生を得た物語(一)

現在は科学と医術が発達し、療養保険の条件が恵まれており、運動方法が多種多様になりましたが、多くの疾病の前では相変わらずどうしようもなく、多くの人が依然として病魔に...

NTDTV
2019.06.30
ストーリー動画
【実話】ワンさんの『はきつぶした9足の靴』の物語

世界中の人々が法輪功学習者による平和的なデモに注目しています。彼らは いつからここにいるの?昨日から、先週から、先月から。18年前から。そして今日も、彼らはここに...

清の時代に描かれた諸葛亮と司馬懿の対峙の様子( パブリック・ドメイン)
2019.06.22
諸葛孔明でも天意に逆らえなかった

諸葛孔明(181年- 234年)は、三国時代の蜀漢の政治家、戦略家です。彼は天文、地理、軍事の学問に精通し、草廬(そうろ 孔明の出世前の住居)から出る前に、既に天...

NTDTV
2019.03.07
メキシコ便り
モンテッソーリ学校の『心の授業』今一番大切な心の教育

座禅はあらゆる年代の人々に非常に効果的です。もちろん子供たちにとっても効果的です。メキシコにあるモンテッソーリ学校の校長先生は、週一回の「平和教室」という授業で、...

2月18日、半年間拘束されている法輪功信仰者の早期釈放を求める住民205人分の指印(明慧ネット)
2019.02.27
「法輪功学習者をすぐ釈放して」住民205人が指印付き嘆願書を裁判所に提出

中国山東省青島市膠州市のある村で、法輪功を学んでいたことを理由に夫婦2人が公安当局に拘束された。村民と家族は、2人には罪はなく拘束される理由はないとして、2月18...

法輪功を練習するインドの学生たち(明慧ネット)
2018.11.01
インドで愛される法輪大法 学校教育にも取り入れられる

中国発祥の修煉方法・法輪大法がインドでますます人気になっている。インドメディアbhaskarhindi.comは近日、インド中部のマハーラーシュトラ州のナーグプル...

ベトナム戦争中、各地で枯れ葉剤が散布され、多くの人々を苦しめることになった(ウィキペディア)
2018.07.09
戦争に苦しめられたベトナムの老兵、やっと幸せを掴んだ

ベトナム・イエンバイ省(Yen Bai)に住むNguyen Van Baiさんはベトナム戦争を経験していた退役軍人。戦争中、彼は化学薬品を誤飲したため、徐々に様々...

法輪大法を修煉してから心の安らぎを取り戻したマリタさん(明慧ネット)
2018.04.28
修煉をはじめてからのマリタさんの変化

マリタさんはこう言います。「夫は気ままなところがあり、以前なら、私はきっと彼と喧嘩になったでしょう。夫は私の事を偏執的で、絶対に譲らない性格だと言っていました。し...

(NTD Inspired)
2018.01.17
体験談
手術も薬もいらず 修煉して喉のガンが消えた

昔から言われている「病は気から」という言葉を信じている人はどれくらいいるでしょうか?修煉の本に従って心を修め、気功で身体を鍛錬した女性のガンが消失しました。西洋医...

長年小児麻痺に苦しんでいた台湾高雄の法輪功学習者、陳建銘さん(右)と妻の許美恵さん(左)
2017.12.21
気功
小児麻痺の患者 健康に回復した実例

台湾南部、高雄に住む陳建銘さん(47歳)は幼少期に小児麻痺に罹り、数十年もの間、病苦と戦ってきました。しかし現在は、完全に病から抜け出して健康な生活を送っています...

長年癲癇に悩まれていた李銀さん 法輪功を修煉して1カ月で完全治癒(李銀さん提供)
2017.11.20
修煉
癲癇(てんかん)が完治 薬を使わない方法とは

薬物治療で改善しなかった病気が、法輪功(ファルンゴン)の修煉を通じて短期間で完治する――。中国・河北省滄州市からオーストラリアに移住した李銀さんという女性の体験で...

仏門に出家し、尼僧として修行していたグエンさん。ガンに侵された時、別の修煉法に出会う(NTD Inspired)
2017.10.30
修煉法
ガンに侵されたベトナムの尼僧 病気を克服した体験記

病魔に襲われ、日常生活もままならなかったベトナムの若い尼僧、グエン・ホアン・エンさん(Nguyen Hoang Uyen)。彼女は古代中国から伝わる修煉法で心身の...

法輪功の修煉を指導する書『轉法輪』を読み始めて4か月、30年来の病苦から抜け出したベルギーの女性アンさんと彼女の美術作品
2017.10.09
全身の痛みが消えた女性の体験

我々は読書を通じて様々な知識や情報を得ることができます。また、知識・情報にとどまらず、本によっては、本に秘められた不思議な力が読者に様々な影響を与えることもありま...

頻繁にひきつけを起こし、絶望していたグエトさん。今はすっかり回復し、穏やかな日々を送っている (Dang Thi Nguyet)
2017.08.18
修煉
脳腫瘍が治ったベトナムの女性 

ベトナムに住むグエトさん(Nguyet)が脳腫瘍と診断され、闘病生活が始まったのは、18歳の時。高校生だった彼女は学校の教室で激しいひきつけを起こし、意識を失った...

9.11事件の3週間前、勤務先だった貿易センタービルを離れたナディアさん。法輪大法を修煉して16年になる(minghui.org)
2017.07.13
修煉ストーリー
9・11直前に貿易センタービルを去った人 運命の選択

2001年9月11日、米ニューヨーク中心地で、2機の飛行機が世界貿易センタービルに激突し、倒壊した。同ビルに入る一流企業に勤務していた金融コンサルタントのナディア...

2014年12月、エディンバラ大学ビジネス・スクールで講演するバレンティン・シュミッド氏(Youtubeスクリーンショット)
2017.07.10
修煉
仏大手銀行の元投資マネージャー やっと心から笑えるようになった

今年34歳のバレンティン・シュミッドさんはドイツのバイエルン州ミュンヘン出身。2009年にフランスのメガバンク「BNPパリバ銀行」傘下資産管理会社パリバ・インベス...

米国証券取引所の元デザイナーで、英文大紀元のクリエイティブ・ディレクター、ロバート・カウンツさん(Edward Dai/Epoch Times)
2017.06.12
「作り手の想いが伝わるデザイン」米国証券取引委員会の元デザイナー、仕事に対する姿勢

ファッションデザイナー、建築家、音楽家、文筆家に至るまで、表現者は、いかに優れた技術力でアイデアを作品に反映させられるかに注目する。いっぽう、表現者としては、どの...

問題児クラスをまとめた新米小学校教師、子どもに響いた「心のレッスン」とは(mihoyuyu)
2017.06.07
教育
問題児クラスをまとめた新米小学校教師 子どもに響いた「心のレッスン」とは

初夏の暑さを感じさせる6月。春に新生活をスタートさせた新入生たちは、新しい環境に慣れてきたころだ。育った環境の異なる友人や仲間と触れ合うことは、「自分らしさ」を認...

(明慧ネット)
2016.09.26
難病を乗り越えて
「母との和解、そして心の平安」ある生物学者の修練体験

米月刊誌『The Atlantic』 ネット版に「Choosing My Religion」というコラムがある。改宗にまつわる体験談や考え方を読者同士がシェアする...

^