大紀元時報
トップ 新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
2020年5月、オランダ・アムステルダムの実験室で、研究者が中共ウイルスのワクチンを開発している(KOEN VAN WEEL/ANP/AFP via Getty Images)
2020.06.04
<中共ウイルス>豪研究チーム、ヒトへの感染に「完全に適応」

オーストラリアでの最新研究では、中共ウイルスの自然宿主が人類で、このウイルスがヒトに感染するよう完全に適応されていると唱えている。

中国インターネット上では、広東省深セン市で住宅ローンの返済不能が急増しているとの情報がある(MARK RALSTON/AFP/Getty Images)
2020.06.03
「もう住宅ローン支払えない」返済不能が1年で6割増=中国深圳

中国インターネット上ではこのほど、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)による経済的な打撃で、広東省深セン市で住宅ローンの返済不能が急増しているとの投稿が相次いでい...

中国国家疾病予防管理センターの高福主任(大紀元資料室)
2020.05.28
<中共ウイルス>中国専門家「発生源は武漢の市場ではない」 1月の発言を反故

中国疾病予防管理センターのトップ、高福主任はこのほど、メディアの取材に対して、武漢市華南海鮮市場は中共ウイルス(新型コロナウイルス)の発生源ではないと発言した。し...

1月11日に行われた台湾総統選で勝利した与党・民進党の蔡英文総統(前列右)と副総統に選出された賴清徳氏(前列中)(大紀元)
2020.05.27
中国大使館がブラジル議員に「蔡英文就任式を無視」 ネットで「台湾万歳」のメッセージ相次ぐ

ブラジル下院議員はこのほど、在ブラジル中国大使館から同国国会議員宛てに、2期目を始動させた台湾・蔡英文総統の就任式を黙秘するよう要求する書簡が届いていたことを明ら...

武漢市政府は5月12日、今後10日間内に全市民を対象に核酸増幅検査(NAT)を実施すると決定した(Photo by STR/AFP via Getty Images)
2020.05.27
湖北省で無症状感染者が増加 感染者として集計されず

中国当局が5月21日から両会(全国人民代表大会と全国人民政治協商会議)を開幕して以降、湖北省で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の無症状感染者が増加していることが...

5月22日、吉林省吉林市内の集合住宅の出入り口で、市の職員らは防護服を着て住民の身分証明書をチェックし検温を行っていた(STR/AFP via Getty Images)
2020.05.26
吉林省で院内感染が多発か、北華大学付属医院で95人隔離

中国東北部の吉林省で、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が拡大している。同省吉林市の病院では、看護師1人の感染が確認された後、同僚や家族など95人が隔離措置...

英メディアによると、英政府は2023年までに、ファーウェイの国内5G網への関与をゼロにする計画を立てている(陳柏州/大紀元)
2020.05.26
英政府、ファーウェイを5Gから完全排除へ=報道

英政府は、2023年までに中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を英国の第5世代移動通信システム(5G)から完全に排除する計画があると示した。同国のガーディア...

2020年3月25日、瀋陽市内の映画館を消毒する作業員(STR/AFP via Getty Images)
2020.05.23
中国東北部で感染拡大 吉林省、市民の北京入りを禁止

黒龍江省に続き、吉林省、遼寧省にも再び中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者が現れ、東北部で感染が拡大している。5月20日、吉林省舒蘭市は9つの住宅区を封鎖し...

中国北京市では5月21日午後3時ごろ、全国政治協商会議の開幕とともに上空が急に暗くなった(GREG BAKER/AFP via Getty Images)
2020.05.22
突然空が真っ暗に 北京で豪雨 政治協商会議の開幕時

中国当局は5月21日、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)の影響で延期された全国人民政治協商会議(政協)の第13期全国委員会第3回会議は北京で開幕した。当日の北京...

黒龍江省のハルビン第二病院で集団感染が発生したことを受けて、現地当局は各市町村に対して防疫管理の強化を行うよう「工作建議」を通知した(大紀元資料)
2020.05.21
<独自>閉鎖されたハルビン第二病院 監獄スタイルの管理=黒龍江省内部文書

黒龍江省では最近、中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)が再流行している。このほど、大紀元が入手した省の伝染病予防に関する内部文書によると、中国共産...

武漢の全市民1000万人検査で50万人感染確認 報道はすぐに削除(スクリーンショット)
2020.05.20
武漢の感染者は50万人? 報道はすぐ削除

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の発症地である武漢市では、当局によるウイルス核酸の全市民検査を開始した。 中国メディア・財新ネットは、武漢の核酸検査結果の予備評...

5月15日、湖北省武漢のコンピューターのモニター工場で、検査を受ける従業員(Getty Images)
2020.05.20
ウイルス対応で覇権狙う中国共産党 専門家、質の悪さで「マイナス評価」

世界中の人気の観光スポットや行楽地には、中共ウイルス(新型コロナウイルス)対策の影響を受けて、いまだに空っぽになっているところが多い。いっぽう、ウイルス流行の渦だ...

武漢市政府は5月12日からの10日間内に全市民を対象に核酸増幅検査(NAT)を実施する(Photo by STR/AFP via Getty Images)
2020.05.19
<中共肺炎>中国本土感染者が64万人以上 軍関連ウェブマップが示唆

米誌フォーリン・ポリシーによると、中国軍が関わるデータベースでは、中国国内の中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者が64万人以上いると示された。

2020年4月7日、ホワイトハウスで記者会見に出席したトランプ米大統領(MANDEL NGAN/AFP via Getty Images)
2020.05.19
評論
米中通商協議の第1段階合意、頓挫の可能性も

最近、米中関係をめぐる様々な事象から、米中通商協議の第1段階経済・貿易協定が水泡に帰す可能性が大きくなった。トランプ米大統領は5月8日、フォックスニュースの取材に...

武漢市当局はこのほど、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染者が新たに確認された団地、「三民小区」の出入口に鉄の板を張り付けて封鎖した(スクリーンショット)
2020.05.16
武漢市、新感染者確認の団地を封鎖 宅配企業がサービス停止

武漢市東西湖区の団地ではこのほど、中共ウイルス(新型コロナウイルス)感染者が新たに確認された。市当局は団地の住民に対して外出制限措置を実施した。宅配業者は市内の8...

ホワイトハウスの元首席戦略官スティーブ・バノン(Steve Bannon)氏
2020.05.16
米シンクタンク、中国ネット検閲システムの破壊が可能 

米トランプ政権は中国共産党のネット検閲システムを破壊する計画を本格的に推進していると、ホワイトハウスの元首席戦略官スティーブ・バノン(Steve Bannon)氏...

武漢市民の楊敏さんは5月11日、市当局による中共ウイルスの情報隠ぺいをめぐる真相究明と責任追及を求めた(情報提供者より)
2020.05.15
<中共肺炎>武漢市、情報隠ぺい追及する母親を自宅軟禁

武漢市民の楊敏さんは5月11日、武漢市党委員会弁公室の前の街頭で泣きながら、市当局が中共ウイルス(新型コロナウイルス感染症)の人から人への感染情報を隠ぺいしたこと...

中共肺炎が猛威を振るう中の中国製造業の工場(NOEL CELISAFP via Getty Images)
2020.05.14
陝西省咸陽市、第1四半期経済データ水増しか GDP伸び率20%以上大幅修正も

情報筋がこのほど大紀元に提供した陝西省各県の内部資料は、各県の2020年1~3月期のGDPデータが大幅に水増しされた可能性を示した。中共肺炎(新型コロナウイルス感...

サウスカロライナ州司法長官アラン・ウィルソン氏(州ホームページより)
2020.05.13
<中共ウイルス>米国17州の司法長官、ウイルス起源の調査求め公開書簡

米国17州の司法長官は、新型コロナウイルスの蔓延における中国の責任を問うため、州議会に公聴会を開くよう求める連名の公開書簡を発表した。この5月9日付けの書簡は、中...

2020年2月6日、中国湖北省武漢市の「火眼」研究所で、検査技師が新しくコロナウイルス検査を受ける人から採取したサンプルを調査している(STR/AFP via Getty Images)
2020.05.12
<中共肺炎>武漢市、市民全員に核酸検査実施へ 新たな集団感染も確認

中国武漢市政府は5月11日、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)の感染対策会議を開き、市内で核酸増幅検査(NAT検査)の実施範囲を拡大するなどの方針を決めた。国内...

武漢ウイルス研究所、。2020年4月17日撮影(Photo by HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020.05.12
武漢ウイルス研究所、昨年10月一時閉鎖との報道 米議員「漏えい事故の間接証拠」

トム・コットン米上院議員(共和党)は5月10日、米FOXニュースの取材に対して、中国の武漢ウイルス研究所が昨年10月に一時閉鎖されたと報じられたことについて、「同...

米紙によれば、南米パラグアイ上院は台湾との国交断絶を否決した。写真は2019年10月、台湾の呉外交部長がビジネス団を連れて同国を訪問し、マリオ・アブド・ベニテス大統領と会談した(Getty Images)
2020.05.11
南米パラグアイ上院、台湾との国交断絶を否決=米誌

台湾の国交樹立国である南米のパラグアイ上院は4月中旬、台湾との国交断絶について投票が行われた。反対が賛成を大幅に上回り、否決された。

中共肺炎のワクチン開発を進めている中国製薬会社の武漢生物など2社について、過去に欠陥ワクチンと贈賄の疑いが報じられた(Getty Images)
2020.05.09
<中共ウイルス>中国、ワクチン開発に4社承認 2社が過去欠陥ワクチン製造

中国当局は、国内製薬会社4社に対して、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)のワクチン開発を批准した。しかし、4社のうちの2社について、過去に不正ワクチン事件や賄賂...

米議員、中国大使館前の通りを「李文亮プラザ」へ改名する案を提出した。写真は2020年2月、武漢市内の病院前の献花台で撮影(Getty Images)
2020.05.09
中国大使館前の通りを「李文亮プラザ」へ改名 米議員提案

複数の米国議会議員は7日、ワシントンの中国大使館前の通りを、中国の医師・李文亮の名を入れた「李文亮プラザ」に改名する法案を提出した。議員たちは、新型コロナウイルス...

中国日報は、EU寄稿文から「ウイルス中国起源」を検閲で削除した。他国代表は不満を示し、原文をウェブサイトに乗せるなどの対応を取っている(GettyImages)
2020.05.08
中国紙、EU寄稿文から「ウイルス中国起源」を検閲で削除 他国代表が不満

中国政府系英字紙・中国日報(China Daily)は、欧州27カ国の中国大使およびEU代表部の共同寄稿文から「ウイルスは中国由来」とする一文を削除した。EU外交...

2020.05.07
<中共ウイルス>果たして欧州は目覚めたのか?―チャイナ・アングル

中共ウイルス(新型コロナウイルス)は、中国共産党の危険性を世に知らしめた。ある意味、現在のパンデミックは世界戦争とも言えるだろう。

米トランプ政権で首席戦略官を務めたスティーブ・バノン氏。写真撮影は2019年6月23日(王松林/大紀元)
2020.05.06
亡命中の武漢ウイルス研究所の研究者との面会、バノン氏は明言せず

大紀元メディアグループの衛生放送「新唐人テレビ」はこのほど、米トランプ政権で首席戦略官を務めたスティーブ・バノン氏に取材した。インターネット上では、バノン氏が海外...

米国太平洋空軍(PACAF)司令官のチャールズ・Q・ブラウン・ジュニア大将が4月29日、中共肺炎の感染防止対策をめぐって国際テレビ会議を主催(PACAFウェブサイトより)
2020.05.06
台湾、米太平洋空軍主催の国際テレビ会議に出席、米台軍事強化示唆

米国太平洋空軍(PACAF)司令官のチャールズ・Q・ブラウン・ジュニア大将は4月29日、中共肺炎(新型コロナウイルス感染症)の感染防止対策をめぐって、日本の航空自...

2020年2月25日、ジュネーブのWHO本部で記者会見にのぞむブルース・エイルワード事務局長補 (Fabrice Coffrini/AFP via Getty Images)
2020.05.04
<中共ウイルス>カナダ議会、同国出身のWHO事務局長補に召喚状 公聴会に強制参加

カナダ下院は4月30日、世界保健機関(WHO)事務局長補ブルース・エイルワード(Bruce Aylward)氏に正式な召喚状を送り、公聴会で中共肺炎(新型コロナウ...

ホンジュラスなどの台湾の友好国は4月末、WHOのテドロス事務局長に対し、台湾のWHA参加を求めた(GettyImages)
2020.05.04
ホンジュラス、テドロス氏に台湾のWHA参加を直訴

台湾の友好国である中米ホンジュラスなどはこのほど、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長とのテレビ会議で、5月中旬開催のWHOの年次総会(WHA)に台湾を招くよ...

^