大紀元時報
トップ 妊娠
妊娠
(Shutterstock)
2019.11.01
健康のために水泳を運動習慣に加えるべき 7つの理由

水泳は良い気晴らしになるだけでなく、効果的な全身運動でもあります。またランニングと同様に多くのカロリーを消費できる一方で、体に与える衝撃はそれほど強くありません。...

(YouTube Screenshot/tlc uk)
2019.09.23
生まれつき筋肉のない女性 医師の反対を押し切り出産を決意

シェリー・クランピットさんは生まれつき、筋肉組織をほとんど持たない、先天性多発性関節症を患っている。特に彼女の容体は深刻で、医師からは1歳の誕生日も迎えることもで...

Rencie Horst/Pixabay
2019.09.16
女の子と双子の子馬が触れ合う動画がほっこりすると話題に

馬が双子を産むのは珍しいという。そんな子馬の様子を撮影したのは、ロバート・ピエゼンスさん。動画の中では生まれて間もない子馬たちとお母さん馬が仲良ご飯を食べている姿...

Shutterstock
2019.09.07
妊娠中にステージ4のガンと診断 奇跡の連続で3人のママに

生きる奇跡とも言える勇敢な母親がいた。妊娠中にステージ4のガンと診断された彼女は、病気と闘い、後に3人の子どもを授かった。2007年1月、ジョージア州ダグラスビル...

Shutterstock
2019.09.03
交通事故で夫を亡くし悲しみに暮れる妻、事故から1か月後に3つ子の妊娠が発覚

コートニー・ヒルはテキサス州シャーマンの海軍兵、ブライアンとイリノイ州の吹雪の中で出会った。2人は2012年に結婚し、数年後には娘のレーガンを授かった。夫婦には明...

(Illustration - Shutterstock)
2019.08.18
子どもはたくさん抱き締められるほど賢くなる=研究

1回のハグがその日をより良いものにするか悪いものにするかを左右するという事は、皆さん経験があるでしょう。 私達大人にとってもですが、子供にとってスキンシップはさら...

L: Facebook/God's Divine Nine-Sweet Home Sextuplets, R: YouTube Screenshot/TLC
2019.08.06
4度の流産で不育治療を選択 検査で明らかになった驚くべき事実とは!?

数か月前に流産を経験した家族は、再び妊娠がわかる不安と緊張に包まれた。それでも母親のコートニー・ウォルドロップさんは6人の赤ちゃんを無事出産した。近年の統計によれ...

Shutterstock
2019.08.06
胎児に10万人に1人の腫瘍 母親と医師の執念で誕生した「小さな天使」

17週目を迎える胎児の口から出ている出す奇妙な気泡の正体が、実は致命的な腫瘍だと知った時、母親は「必ず助かる方法がある」と自分に言い聞かせた。医者からは妊娠を終わ...

(Illustration - Shutterstock)
2019.07.28
4つ子を妊娠している母親は胎児の一人が子宮で死にかけていることを知り、厳しい選択をする

イヴァンナ・カルデナス-グティレズと夫デイビット・グティレズはイヴァンナが妊娠していると知ったときからこの驚くべき物語は始まります。医師が超音波検査を行ったところ...

YouTube Screenshot | WLKY News Louisville
2019.07.26
希少疾患を患う男の子、「新生児」に見えるも、実は3歳!?

我々の手のひらには、リンゴや硬貨、トランプなど多くの物が収まる。けれど、6-7ポンド(約3kg)の新生児は収まらない。

(Illustration - Shutterstock)
2019.07.19
突然、六つ子がやってきた 30年経った今は?

子どもを育てるのは戦争だと言う人がいますが、その6倍を想像してみてください。これは、イングランド、ウォルシーの夫婦が世界初の全員女の子の六つ子を育てた、騒がしく、...

(Illustration - Shutterstock)
2019.07.04
2014年、1絨毛膜1羊膜双胎が手をつないで誕生 双子の現在について

妊娠している母親が、とても危険な状態であると診断されました。あまり見られない症状です。彼女が妊娠している赤ちゃんたちの生存率は、わずか50%ということでした。

(Illustration - Shutterstock)
2019.06.25
「MOMOツインズ」の妊娠、生存率は25% 夫婦が決意

「妊娠おめでとうございます!」 医師からのこの一言は本当に嬉しいものです。それが双子だったらなおさらですよね。

イメージ写真。(Illustration - Shutterstock)
2019.06.11
リンゴ1個分の重さで生まれた世界最小の赤ちゃん、「奇跡」の退院

体重わずか244g、リンゴ1個分ほどの重さで生まれた赤ちゃんが、5か月入院していたアメリカ・カリフォルニア州の病院を無事退院しました。

(Shutterstock)
2019.05.23
がんと診断された妊婦の「出産」という決断

サラ・ウィックライン・ハルさんは、妊娠20週にして進行性のがんを患っていることが判明しました。 追い打ちをかけるように、母体を守るには妊娠を諦めるしかない、...

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.02.23
クラシック音楽の健康効果 最新の研究によってそのメカニズムが明らかに

ラップやポップ、そしてハードロックなどが音楽シーンを席捲する現代にあって、クラシック音楽を愛好する人は少数派だ。しかしクラシック音楽の鑑賞によって、免疫機能の改善...

(Getty images)
2019.01.26
多動症候群
妊婦が喫煙すると、子どもがこの病気にかかるかも!?

妊婦の喫煙は流産、早産、死産および新生児の低体重などを引き起こしやすいことは知られているが、研究によると、子供の異常行動――多動症候群(注意欠陥多動性障害、ADH...

中国河北省にある商業銀行大手では、女性従業員に対して妊娠の事前申請承認制度を実施しているとわかった(Pixabay)
2018.11.22
河北省の銀行、妊娠・出産に「事前申請制」 違反者が解雇か中絶

中国河北省にある商業銀行大手では、女性従業員に対して、一人目か二人目かの子どもを問わずに、妊娠の事前申請承認制度を実施しているとわかった。違反の場合、同銀行は、解...

(Courtesy of Tara Delia)
2018.05.27
献血で250万人の新生児を救った男性

災い転じて福となす―輸血を受けたことがきっかけで体質が変わり、多くの新生児を救うことになった男性がいます。

(Epoch Times Uplift)
2018.01.10
37秒後に生還
自分の死を予言した女性 分娩の事故で現実に

悪夢や嫌な予感が時には現実になることもあります。自分の死を予言した女性アーノルドさんが命拾いしたケースをご紹介します。

(NTD Inspired)
2017.11.01
ミラクル
生まれ変わり? 事故で子供を亡くした夫婦に三つ子が誕生

幼くして命を落とした兄妹が、また両親のもとに戻ってきたのでしょうか。カイルくん(5)、エマちゃん(4)、ケイティーちゃん(2)が亡くなったのは、2007年5月。母...

亡くなったマシュー・ジェラルドさんの家族写真 (Facebook/Dechia Badeaux Gerald)
2017.09.29
ベビーが舞い降りた
夫と死別した女性「お腹に赤ちゃんがいる」という娘の言葉に感激

お腹に宿る命は、天の導きによるものでしょうか。アメリカ・ルイジアナ州に住むマシュー・ジェラルドさん(Matthew Gerald) が銃に撃たれて亡くなったのは昨...

秋篠宮家長女・眞子様と小室圭さんのご婚約内定会見が都内で開かれた。(SHIZUO KAMBAYASHI/AFP/Getty Images) 
2017.09.06
【写真】眞子様の婚約内定、キャサリン妃のご懐妊 世界の王室ニュース

日本の秋篠宮家長女・眞子様の婚約発表をはじめ、8月から9月にかけて世界で王室関係のご成婚・ご懐妊のニュースが続いた。

湖南省の王さんは、17カ月という長い妊娠期間を過ごしている。18カ月目に入るまでに帝王切開を望んでいる。参考写真(flickr)
2016.08.18
湖南省の女性、妊娠17カ月 医師「まだ成長必要」と帝王切開せず

妊娠期間は、およそ10カ月だ。しかし、湖南省の女性は17カ月目という長期におよんでいる。担当医によると、胎盤はまだ成長するため、帝王切開は提案していない。

(Creative Commons)
2016.04.26
奇妙な話
夫婦の縁は天が決める

「夫婦の縁は天が決めることで、変えることはできない。縁のある者が出会い、喜怒哀楽を共にする」  これは、母が話してくれた実話です。祖母は妊娠中、ある不思議な...

Tobias Lindman/Flickr
2015.12.01
【医学古今】妊娠中の鍼灸治療

妊娠中は胎児への影響を配慮し、多くの化学薬品の使用を控えることになります。しかしだからと言って、妊娠中に発生する様々な症状をただ我慢するだけでは、妊婦は大変苦しい...

B@ni /Flickr
2015.11.03
最良の選択

 南アフリカのある辺鄙な町に、夫婦がいました。夫の名前はジョージ、妻の名前はヘレン。ジョージは町の北の方にある農場で働いていました。毎日朝早く出勤し、帰りは夜遅く...

マッコイさん一家
2015.10.22
世界初の7つ子 まもなく成人に

1997年、アメリカのアイオワ州で世界初の7つ子が誕生した。医師はこの赤ちゃんたちは何日も生きられないのではないかと心配したが、7人とも無事に成長して今年11月1...

四川省成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地のパンダ(Paul Gilham/Getty Images)
2014.08.28
日本生まれのパンダ 「待遇向上」のため想像妊娠?=四川省

【大紀元日本8月28日】四川省成都のジャイアントパンダ繁殖研究基地は最近、体調変化から「妊娠待遇」を受けていた日本生まれのパンダ・愛浜(アイヒン)は、実際は妊娠し...

赤ちゃんを抱える老人 (Sherrattsam/Flickr)
2014.04.21
中国、大気汚染で低体重児や先天性疾患が増加=米研究

【大紀元日本4月21日】がんリスクの増加や精神疾患、作物汚染など様々な人体への悪影響が明らかになっている中国の大気汚染。最近の研究では、低体重児や先天性疾患の増加...

^