THE EPOCH TIMES
真実と伝統
トップ 国連安全保障理事会
国連安全保障理事会
9月26日、ニューヨークで開かれた国連安全保障理事会で円卓に座る米トランプ大統領(GettyImages)
評論   トランプ大統領の失望 習近平主席は「もう友人ではないかも」最後通告か
2018.09.29
7月、北朝鮮を訪朝の後にベトナムを訪問したマイク・ポンペオ国務長官(VOA)
米国務長官、北朝鮮に「ベトナムモデル」を希望
2018.07.09
 9月23日、イランは新型弾道ミサイル「ホラムシャハル」の発射実験に成功したと発表し、米国の圧力に屈することなく兵器開発を継続する方針を表明。写真は2012年2月撮影(2017年 ロイター/Morteza Nikoubazl)
イラン、新型ミサイル実験に成功と発表 米大統領は非難
2017.09.24
国連安全保障理事会は5日、北朝鮮に対して、更なる厳しい制裁決議を全会一致で可決した。専門家は、中国からの原油を停止しなければ、北朝鮮は核ミサイル開発を止めないだろうとの見方を示した(EDUARDO MUNOZ ALVAREZ/AFP/Getty Images)
経済制裁   中国の原油輸出停止なしに、北朝鮮の核は止められない=専門家
2017.08.17
米トランプ大統領は8月12日、休暇先で開いた記者会見で、緊張が高まる北朝鮮問題について「今夜、習近平主席と話し合いたいと強く考えている」と述べた。写真は7月7日、ドイツ・ハンブルグで開催された主要20カ国会議(G20)で、初日に隣合わせになった中国習近平国家主席と米トランプ大統領(PHILIPPE WOJAZER/AFP/Getty Images)
緊迫の朝鮮半島   北朝鮮めぐり「今夜、習近平主席と話し合う」=トランプ大統領発言
2017.08.12
7月16日、北朝鮮、ミサイル発射受けた国連安保理決議には拘束されないと表明写真は15日、北朝鮮の朴吉淵国連大使(2006年 ロイター/Mike Segar)
北朝鮮はあらゆる戦争抑止力を強化、安保理決議には拘束されず=KCNA
2006.07.17
^