大紀元時報
トップ 健康
健康
Teammarche/Flickr
2015.08.22
最も早く効果的なダイエット法

効果的に脂肪を燃焼するなら、毎日少なくとも30分の有酸素運動が必要です。

Kikuko Nakayama/Flickr
2015.07.29
古代人の生活へタイムスリップ 暑気払い

古代中国の哲学では、万物は「陰」と「陽」の相反する二極に分類できると信じられていました。四季でいえば、春と夏は成長の季節で「陽」。その後、貯蔵の季節である秋と冬の...

MERSの感染が拡大する韓国(AFP PHOTO / Ed Jones)
2015.06.15
韓国MERS感染者激増 不安高まる

【大紀元日本6月15日】今年5月4日、バーレーンに半月間滞在した68歳の韓国人男性がMERS(中東呼吸器症候群)に感染していることを知らずに帰国し、11日に発症、...

Ian D. Keating/Flickr
2015.06.12
バナナの皮を使った美容マッサージ

【大紀元日本6月12日】バナナを食べた後、皮を捨てていませんか?実は、バナナの皮には女性に嬉しい活用方法があるのです。美容効果 あまり知られていませんが、バナナの...

Getty Images
2015.06.01
寝室の風水 健康への影響

寝室の前に便所 寝室のドア(出入り口)と便所が向い合う家は、便所から発生する湿気、臭気、汚い気が寝室に影響を与えます。

jenny downing/Flickr
2015.05.19
足の臭いの改善方法

ある調査によると、アジア人の20人に1人が足の臭いに悩んでいます。

Takashi Hososhima/Flickr
2015.04.10
簡単で効果的な健康法  足の薬湯

足の薬湯は簡単、安全、効果的な健康法として、中国では古くから行われてきました。この健康法を根気よく継続して実行すると、さまざまな慢性疾患や虚弱体質の改善などに効果...

2015.02.23
巨大な霊芝 不老長寿の仙薬になるのか

【大紀元日本2月23日】鄭州(ていしゅう)古道石刻博物館に直径1.5メートル、重さ12キロの巨大な霊芝(レイシ)が展示されたことが、中国大陸メディアにより報道され...

(W azuki2111/草花写真館 ウィキメディア・コモンズ)
2014.11.26
リバウンドしない 小豆(あずき)ダイエット

とても優れたダイエット食品として、意外と知られていないのが小豆です。小豆はリバウンドせずに痩せる漢方食品として、昔から伝えられています。小豆には痩身効果以外にも便...

Tauno Tõhk/Flickr
2014.10.17
古代中国からの智恵―長寿の秘訣

古代中国の医学書は、病気になる原因として、食べ過ぎ、頻繁に食べること、雑食(いろいろな種類を食べること)を挙げています。食べ過ぎを防ぐために、人々は薄味にし、一日...

Daniel/Flickr
2014.10.16
古代には長寿の人たちが存在したのか

洋の東西を問わず、古来の伝説や経典には驚くべき長寿の人物が多数存在する。例えば、旧約聖書にはアダムが930年生きたと書かれ、中国の文献には数百年生きた道士たちの記...

北朝鮮の金正恩第1書記 (AFP)
2014.09.26
北朝鮮・金正恩第1書記、チーズ食べ過ぎで健康不良か

【大紀元日本9月26日】英紙デイリー・ミラーは18日、関係筋の話として、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記(31)が現在、チーズへの執着で体重が過度に増加...

Misawakatsutoshi/Flickr
2014.09.10
米のとぎ汁の活用法

【大紀元日本9月10日】米のとぎ汁には蛋白質、でんぷん、無機質などの養分が含まれている。 加熱したとぎ汁を飲めば、胃を守り、消化を助け、養生の薬にもなる。特に最初...

Nickolay Lamm
2014.08.15
幽霊のように人間を包む無線電波

日々発達を続け、私たちを取り囲む無線通信。その電波はどのような形で存在しているのか。

Kate Ter Haar/Flickr
2014.08.13
老廃物も病気の一因

医薬が発達した今日でも、症状があるのに病名が分からない、あるいは生活習慣病で悩む人が増えている。これらは体内の老廃物によって起こされたものだとする医学専門家がいる...

GollyGforce/Flickr
2014.08.08
ー目の検査でアルツハイマー病を早期発見ー

目の検査でアルツハイマー病を早期発見できる方法が、オーストラリアで研究開発されている。7月13日、デンマークのコペンハーベンで行われた「国際アルツハイマー病学会」...

Ecodallaluna/Flickr
2014.05.16
ー孫思バクの「養生十二少」ー

【大紀元日本5月16日】唐代の名医・孫思バク(そん・しばく)は中国の歴史上、著名な医学者であっただけでなく、百歳以上生きた長寿者でもありました。これには孫思バクの...

rachel CALAMUSA/Flickr
2014.05.02
養生の道 男は食事、女は睡眠

女性:睡眠が足りてこそ気血が満ちる 女性にとって睡眠は、どの養生・スキンケアよりも大事なことです。

古代中国の名医・華佗(ウィキペディア)
2014.04.28
100歳まで生きた名医の秘訣

2千年前、名医で知られた華佗は養生の達人でもありました。目も鼻も健康で歯も丈夫だった華佗は、100歳まで生きたと伝えられています。 「健康で長生き」は、どの時代で...

(Mario Tama/Getty Images)
2014.04.07
デジタル家電 児童の健康に悪影響

【大紀元日本4月7日】米国とカナダの小児科医師協会は、携帯やパソコン、テレビなどの電化製品が児童の健康に悪影響を及ぼすと指摘した。ハフィントン・ポストが伝えた。 ...

Justin Smith/Flickr
2014.03.28
栄養に関する11の大きな嘘

肉では太らない、卵のコレステロールは気にする必要がない―これまでの栄養の常識が誤りであったことを指摘する記事が、米国のニュースサイト「ビジネス・インサイダー」で発...

Odyssey/Flickr
2014.02.03
古人の知恵 薬用風呂

薬用風呂は、古人の知恵の結晶であり、生薬と温浴の効果を合わせて、さまざまな病気に安全かつ有効な治療効果を発揮します。健康維持の養生法としても効果的です。

Kanko/Flickr
2014.01.27
蒸して食べる果物の効果

【大紀元日本1月27日】栄養補助食品として普段なにげなく食べている果物。実は、果物を加熱して食べると消化吸収しやすくなるばかりでなく、生のままでは得られない効果も...

Amytrippmyers/Flickr
2014.01.17
健忘症を撃退する健康法

【大紀元日本1月17日】健忘症の最大の原因は加齢だが、若年層に広がる傾向がある。若年の健忘症は、継続的なストレスや緊張、疲労、睡眠不足などにより引き起こされた脳循...

常青華さん(右)と劉儒さん(左)
2013.11.15
体重140キロの新妻 「釣り合うため」細身な夫は40キロ増量目指す

【大紀元日本11月15日】体重140キロある常青華さんは、彼氏探しに合コン番組に18回も参加したことがあったが、結果はいつも振るわない。そんな彼女の前に王子様が現...

北京の糖尿病医院の様子、9月4日 (WANG ZHAO/AFP/Getty Images)
2013.09.05
中国の糖尿病11.6% 急増に「警戒すべき」

【大紀元日本9月5日】最新の研究報告は、中国の成人の糖尿病人口は約1億1390万人で、成人人口の約12%が糖尿病であることを示した。 このデータは『米国医師会雑誌...

オンドルの上に座って寛ぐ観光客
2013.03.12
韓国のオンドル文化

【大紀元日本3月12日】 韓国の伝統的な床暖房であるオンドル。床の上に直接座ったり、寝たりする習慣がある韓国人にとって、床を温めるオンドルは最適な住環境である。 ...

(Gettyimages)
2012.11.01
【修煉と健康】 医学の常識を超えた奇跡

修煉とは超常的なものであるため、修煉中に起きた現象も常識ではなかなか理解されない。次に紹介するのは、中国河北省保定高碑店市に住む、ある法輪功修煉者の体験談である。...

余明さん(大紀元)
2012.10.25
【修煉と健康】 90度に曲がった腰が伸びた

【大紀元日本10月25日】今年78歳になった余明さんは、6年前、法輪功を修煉してから90度に曲がっていた腰が完全に伸びたと話す。 余明さんは若い頃、高圧電線の修理...

煉功する林嘉祥さん
2012.10.04
【修煉と健康】 心から更生した薬物犯罪者

【大紀元日本10月4日】修煉とは、心身の両面から生命の質を向上する方法であり、修煉者はまず良い人から、更に良い人になることを目指し、身体の変化を得ると共に、心身の...

^