大紀元時報
トップ 修行
修行
Pixabay
2020.05.02
伝説の仙人 呂洞賓が受けた10回の試練

中国八仙人のひとり呂洞賓(りょどうひん)は、唐代、山西省蒲坂県永楽鎮の人で、海州刺史呂譲の子と伝えられている。幼少より聡明で、科挙に行く途中に、仙人の鍾離権(しょ...

Chie Gondo/Flcikr
2020.04.29
京都でできる座禅体験6選

座禅とは、姿勢を正して座り、精神統一を行う仏教の修行法のこと。心を落ち着かせて精神を鍛える座禅を体験できる京都の寺院をご紹介します。

白隠禅師の画作「江戸時代仏画」、米インディアナポリス美術館所蔵(ネット写真)
2020.03.27
修行の極み 心が動じない白隠禅師

白隠慧鶴(はくいん えかく)は江戸時代に生まれた禅僧で、芸術家で作家でもある。人々に白隠禅師(はくいん ぜんし)と呼ばれていた。臨済宗の中興の祖、「五百年に一度の...

絵/志清
2017.01.05
中国古代の名医
孫思邈(そん・しばく) 人々を救う医学書を残す

唐代の書物「独異志」(唐代朝廷や民間の逸話を集めたもの)の中に、中国の歴史上有数の名医の一人・孫思邈(そんしばく)の逸話があります。

白隠禅師の画作「江戸時代仏画」、米インディアナポリス美術館所蔵(ネット写真)
2016.10.12
修行の極み 心が動じない白隠禅師

白隠慧鶴(はくいん えかく)は江戸時代に生まれた禅僧で、芸術家で作家でもある。人々に白隠禅師(はくいん ぜんし)と呼ばれていた。臨済宗の中興の祖、「五百年に一度の...

月岡芳年画/明治時代
2016.01.27
修行の心
わざと顔を火傷した美女

千代野(1223~1298年)、またの名を千代能は、鎌倉中期に絶世の美女としてその名を馳せた禅宗の尼師である。当時の日本には幕府の権力を握る北条氏や皇族とともに三...

kafka4prez/Flickr
2014.09.25
【道家故事】 商道

ある書生は度々科挙の試験を試みたが失敗に終わった。薄情な世間が嫌になり、書生は官職を諦め、俗世の名誉と利益を捨てて修行の旅に出た。 人づてに聞いた山の洞窟に行き、...

Lucía Puertas/Flickr
2014.09.05
【佛家故事】 悪魔の妨害に動じない蓮花色

釈迦牟尼が生きていた時代、蓮花色という尼僧が古インド舎衛国で修行をしていた。ある日、彼女は木の下で乞食の格好をし、禅定に入った。この時、悪魔は修行している彼女を見...

Kathleen Tyler Conklin/Flickr
2014.08.26
【一本のかんざし】

【大紀元日本8月26日】一本のかんざしで修煉の機縁を失ってしまった修煉者の物語である。 山奥に庵を結び、一心に修行に励む修煉者がいた。彼は世の中の名誉、利益、色欲...

(Sandra Mu/Getty Images)
2011.08.28
≪医山夜話≫ 彼の病気は本当に治ったのか(38)

 【大紀元日本8月28日】数年前、ある末期の肝臓ガン患者が私を訪ねてきました。彼は、大手の病院ではもう治療の施しようがないので、漢方で運試しするしかない、と言いま...

合掌して仏様を拝む猫(YouTubeより)
2010.07.24
肉食もせず、殺生もしない「修行猫」=韓国

 【大紀元日本7月24日】韓国慶尚北道(キョンサンブクト)尚州市 (サンジュシ)にある龍興寺に、特別な「信者」がいる。それは、一匹の猫。法名を「解脱」といい、肉食...

諸葛亮(著者=百楽兎、ウィキペディアより)
2010.05.31
諸葛亮の羽毛扇に秘めた物語

 【大紀元日本5月31日】中国の三国時代、蜀の劉備に仕えた軍師・諸葛亮。天文学や地理、兵法に通じ、神のごとく敵を翻弄する戦術で稀代の大天才と謳われた。諸葛亮の幼少...

世界大主教協会執行理事で、国連平和大使、キリスト教駐アフリカ大陸巡回大使、大主教のアルフレッド・アデレカン博士は、神韻は「神性」を表現していると称えた。(写真=戴兵/大紀元)
2008.12.29
国連平和大使:「神韻」、神性を帯びた演出

 【大紀元日本12月29日】人類の正統な芸術、およびヒューマニティの復興を趣旨とする「神韻芸術団」(米・ニューヨーク)の舞踊・音楽公演は昨年、世界66都市で60万...

2008.10.13
孔子の諭し「忠信の徳」

孔子が遊説先の衛国から魯国へと戻る帰路、橋の上で車を停めると、眼前に絶景が現れた。それは巨大な滝で、高さは約80m、その下には大きな滝つぼが渦を巻き、その激流は4...

2007.12.03
【ショートストーリー】タイキョクさん

 【大紀元日本12月3日】ある村に、古寂びた祠があった。どれぐらい古いのかというと、村の古老が、「その祠のある神木が、村人三十人が手をつないでやっと一周できるくら...

2006.12.29
仙人たちの修行の道・呂洞賓が受けた十回の試練

 【大紀元日本12月29日】中国八仙人のひとり呂洞賓(りょどうひん)は、唐代、山西省蒲坂県永楽鎮の人で、海州刺史呂譲の子と伝えられている。幼少より聡明で、科挙に行...

2006.06.03
気を採って生きる人間

 【大紀元日本6月3日】先般、ネパールの瞑想少年の話題が広くマスコミに取り上げられた。瞑想そのものは珍しいことではないが、注目されたのは、この少年が飲食せずに10...

2006.03.16
【生命のなぞ】修道者が残した不朽の肉体

 【大紀元日本3月16日】修行をよく積んだ修道者が亡くなった後、その肉体に特別の処理を何もしないのに、自然環境下で長期間保存しても何の変化も起こらないという生命現...

^