大紀元時報
トップ 仙人
仙人
シャコバサボテンの花(大紀元)
2020.05.16
【ショート・エッセイ】天上から仙人が見下ろす国

仙人掌、仙人球、仙人鞭。中国語の辞書をめくっていて、たまたま目に留まった。どうやら、その形状で分類したサボテンの名称であるらしい。前から順にウチワサボテン、玉サボ...

Photo by Sandy Millar on Unsplash
2020.05.08
始皇帝と仙人の出会い

中国戦国時代の始皇帝(しこうてい、紀元前259~210年)は、仙人術を好んでいた。不老不死の仙薬を求めて徐福を海外に派遣した伝説は、よく知られている。

Pixabay
2020.05.02
伝説の仙人 呂洞賓が受けた10回の試練

中国八仙人のひとり呂洞賓(りょどうひん)は、唐代、山西省蒲坂県永楽鎮の人で、海州刺史呂譲の子と伝えられている。幼少より聡明で、科挙に行く途中に、仙人の鍾離権(しょ...

Maggie Meng/Flickr
2020.05.01
仙人が弟子を探す

あわただしい生活を送る現代人。生活は昔より格段に便利になったのに、時間のスピードは更に増している気がします。私たちを忙しくさせているものの正体は何でしょうか。物欲...

vivi14216 / Pixabay
2019.08.29
三国時代の名医、華佗の物語

華佗(かだ)は、字が元化で、名が敷と言い、後漢末期に生まれ、三国時代の名医でした。華佗は少年時代から故郷を離れ、遊学し、仕途を求めず医術を研鑽しました。彼は幅広い...

Little MiMi / Pixabay
2019.08.27
神仙の物語 仙人に出会い、そこで得た教訓

北宋時代、四川の成都府に許という画伯がおり、彼の描く絵は生き生きとして真に迫っていた。許の本名はわからないが、あだ名は「許偏頭(変形頭の許)」ということだけが伝わ...

Photo credit should read FRED DUFOUR/AFP/Getty Images
2019.08.01
娘は約束を守った八百屋の老人と結婚し、仙人と縁を結んだ

揚州に張老という八百屋の老人がいた。彼の隣人の役人韋恕の長女は成年の15歳になったので、仲人に頼み、良い結婚相手がいないかと探していた。張老はこの話を聞いて、仲人...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(元・任仁發 / パブリック・ドメイン)
2019.06.30
仙人が見た乱世の原因

近年来、家庭内の殺し合い、社会においての不可解な暴力事件、役人の不作為、自然界の異常気象や常識を超えた自然災害などのことが頻発しています。これらのことに多くの人々...

(Photo by Hulton Archive/Getty Images)
2019.03.04
【子どもに聞かせたい昔話】虎になった鼠

昔々、森の奥深くに仙人が暮らしていました。ある日、仙人が食事をしようと腰をおろしたときのことです。突然、空から鼠(ねずみ)が落ちてきました。どうもカラスが落とした...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2018.09.19
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

「張果老が唐玄宗を謁見する図」絹本の一部(作者・元の任仁發/ネット写真)
2017.03.27
八仙人のひとり
張果老 なぜ後ろ向きにロバに乗る?

中国の神話伝説「道家八仙人」の一人として知られる張果老。中国の史書によると、彼は唐の時代、恒州中條山に住み、当時すでに数百歳だったと伝えられています。張果老は何故...

(神韻芸術団フェイスブックより)
2016.07.16
漢字の紐解きシリーズ
「仙」

 唐の時代に李白という詩人がいました。 中国詩歌史上においてその名を轟かせた人物でしたが、自己の名声や富にこだわらず、一生を通して山奥で修業する仙人になりたいと思...

Chen Zhao/Flickr
2014.10.29
【佛家故事】 試練に耐えた三人の僧侶

南北朝の時代、五台山にある靈鷲寺に三人の若い僧侶がいた。ある日、彼らは食糧を携えて、山の奥に住む仙人を探す旅に出た。彼らは幾つもの森を抜け、食糧が底をついた後も志...

イラスト: SOH Network
2014.01.13
【世界むかしばなし】13 仙人と鼠

昔々、森の奥深くに仙人が暮らしていました。ある日、仙人が食事をしようと腰をおろしたときのことです。突然、空から鼠(ねずみ)が落ちてきました。どうもカラスが落とした...

2007.09.04
ファンタジー:個人タクシー「金遁雲」の冒険独白(番外編3-5)

 【大紀元日本9月4日】となりの水着姿の美女は、ちょこんと和尚の膝に乗るなり、「はい!極楽ちゃ~ん♪あ~んして♪」などと言いながら、牛肉を切り分けて和尚の口に運ん...

2006.12.29
仙人たちの修行の道・呂洞賓が受けた十回の試練

 【大紀元日本12月29日】中国八仙人のひとり呂洞賓(りょどうひん)は、唐代、山西省蒲坂県永楽鎮の人で、海州刺史呂譲の子と伝えられている。幼少より聡明で、科挙に行...

^