大紀元時報
トップ 乳がん
乳がん
(Gerry Broome/AP)
2020.03.30
乳房切除と化学療法を受けた後に、誤診が発覚した母親の物語

英国在住のサラ・ボイルという女性は医者による誤診の被害者です。この話は2013年に遡ります。当初サラは胸の部分にしこりがあることに気が付きました。しかし医師はそれ...

(Photo courtesy of Aime Soon)
2019.12.05
ステージ3の乳がん治療の母親、無事に娘を出産する

2019年10月18日、あるマレーシア女性が発信したSNSの投稿が話題を呼んでいる。エイミー・スーンさん(40)は、ある日、胸のしこりに違和感を覚え、病院で検査を...

(Gerry Broome/AP)
2019.08.29
乳房切除と化学療法を受けた後に、誤診が発覚した母親の物語

英国在住のサラ・ボイルという女性は医者による誤診の被害者です。この話は2013年に遡ります。当初サラは胸の部分にしこりがあることに気が付きました。しかし医師はそれ...

Photo courtesy of Higia Technologies
2019.05.31
乳がん早期発見願う ある19歳青年の取り組み

どんな境遇の女性でも、手軽に乳がんの早期発見が出来るようになれば・・・ 19歳のメキシコの青年、フリアン・リオス・カントゥさんのその願いは、画期的な発明を生み出...

牛乳の弊害について訴えていたジェーン・プラント教授(スクリーンショット)
2017.06.01
余命2カ月からの回復
牛乳をやめたらガンが消えた

日本では3人に1人が罹患して亡くなるといわれるガン。遺伝や生活習慣など、ガンにかかる要因は様々に言われているが、根本的な治療法はいまだにわかっていない。一方、ある...

ガンを克服したキャサリン・オキーフ・カナボスさん。ベストセラー「Surviving Cancerland」の著者であり、夢分析の専門家でもある (Photo courtesy of Kathleen O'Keefe-Kanavos)
2017.05.14
夢に助けられた
三度のガンを克服した女性

当たるも八卦、当たらぬも八卦。夢占いに科学的な根拠はないが、身体のどこかに病気がある時、教えてくれるという説がある。米国在住のキャサリン・オキーフ・カナボスさん(...

怒りは体の器官に大きなダメージを与える(ネット写真)
2016.10.27
これらのダメージを知っても、まだ怒る?

怒りは体の器官に大きなダメージを与える。脳充血、心拍数の異常、肺へのダメージ、胃腸障害、怒りによる肝臓の鬱積、腎臓へのダメージ、乳がん、外見の変貌(醜悪になる)な...

中国国内の最新報告書、がんによる死者は1日7500人に相当すると発表(STR/AFP/GettyImages)
2016.01.29
中国がん急増の原因、大気汚染など=最新報告書

中国国内の研究チームが発表した報告書によると、中国人のがん罹患者数が急増した主な原因は慢性感染症や喫煙、大気汚染だという。2015年に新たにがんと診断された中国人...

気功は放射線治療の副作用をやわらげると報告(bilbord99/flickr)
2013.06.24
研究報告: 気功で乳がん患者の抑うつ症状が改善

【大紀元日本6月24日】がん治療には辛い副作用を伴うことがある。身体に深刻なマイナス作用を引き起こす可能性のあるストレスは、適切な対処が必要だ。中国伝統の心身健康...

Dinner Series/Flickr
2013.06.03
乳がんの発症とがん抑制遺伝子変異の関与度

【大紀元日本6月3日】米人気女優のアンジェリーナ・ジョリーさん(37)が乳がんの発症を防ぐために乳房の切除術を受けたことが話題になった。がん抑制遺伝子のBRCA1...

(JOE KLAMAR/AFP/Getty Images)
2011.01.09
≪医山夜話≫ (17)ナンシーのカルテ②

 【大紀元日本1月9日】「手術を受けている時、自分が2人いるような感覚でした。一人は手術台に載せられていて、もう一人の魂は宙に浮いて手術の過程を見ているのです。先...

(PATRIK STOLLARZ/AFP/Getty Images)
2011.01.02
≪医山夜話≫ (17)ナンシーのカルテ①

 【大紀元日本1月2日】「先生、私はどうしてこんなにも不幸なのかしら?」ナンシーは私の診療室で、涙ながらにここ数ヶ月間の出来事を話してくれました。 「私は、自分の...

胎児が持つ強い防御能力のある微細胞複合体が母体に移るため、出産経験のある女性の乳がん発生に予防作用を発揮しているという (photos.com)
2007.10.10
出産経験女性が乳がんに罹りにくい原因を究明=米最新研究

 【大紀元日本10月10日】ワシントン大学とシアトルのフレッド・ハッチンソン(Fred Hutchinson)癌研究センターの研究チームの研究では、出産経験のある...

真ん中にピンクリボンのシンボルマークの付いた25セントコイン(大紀元)
2006.06.13
【バンクーバー通信】乳がん撲滅運動、カナダ造幣局もコインで支援

 【大紀元日本6月13日】私が最初にこのコインを手にしたのは2カ月くらい前でした。その時は「えっ、これってなに?本物かしら?」と思いました。コインには“CANAD...

^