大紀元時報
トップ 三国時代
三国時代
vivi14216 / Pixabay
2019.08.29
三国時代の名医、華佗の物語

華佗(かだ)は、字が元化で、名が敷と言い、後漢末期に生まれ、三国時代の名医でした。華佗は少年時代から故郷を離れ、遊学し、仕途を求めず医術を研鑽しました。彼は幅広い...

清・『増像全図三国演義』挿絵(パブリック・ドメイン)
2019.06.30
無学から国士となった名将 呂蒙

呂蒙(りょもう、178年―219年)は三国時代の呉の英雄であり、大都督まで上り詰めた人物です。しかし彼の家は貧しく、小さい時から字を読めませんでした。その後、彼は...

兄の劉備を尋ねて千里を駆け抜ける関羽(北京・頤和園の回廊絵画)(Shizhao / Wikimedia Commons CC BY-SA 3.0 )
2019.02.24
偉大なる男・関羽

中国の歴史上、最も尊敬されている人物に、あの有名な「関羽」が挙げられる。

(iStock)
2017.09.15
【二十四孝】竹にすがり泣く親孝行の孟宗

中国三国時代、呉国に孟宗(もう そう)という親孝行の息子がいました。幼い頃に父を亡くし、高齢の母は重い病にかかっていました。彼は医者から、母に新鮮な筍のスープを作...

(暁韻/大紀元)
2017.02.03
古風悠々
自分に厳しい諸葛亮 自らの降格を要求

三国時代のお話です。丞相(じょうしょう)の諸葛亮は劉備の遺志を継ぎ、建興6年(西暦228年)に北伐を敢行し、魏の拠点を次々と攻め落としました。しかし、武将の馬謖(...

男の子の勇気が住民を救った(ネット写真)
2017.01.28
古代中国の物語
項羽に立ち向かう男の子 町の人々を救う

秦の末期、項羽は激戦の末、ようやく劉邦の家臣・彭越将軍に勝ち、「外黄城(現河南省)」を攻め落としました。気性の荒い項羽は、自分に反抗した城の住民への戒めとして、1...

古代よりリーダーに求められるのは度量の大きさ(Epoch Times)
2017.01.26
古代中国の物語
寛容で度量の大きい宰相 蒋琬(しょうわん)

三国時代、蜀の君主は諸葛孔明が病で亡くなると、孔明の生前の言葉に従って、蒋琬(しょう わん)を起用し、宰相に任命しました。蒋琬は仁徳を備えた寛容な人だったと言われ...

^