大紀元時報
トップ > フィスコ経済情報
フィスコ経済情報
2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(12):医薬品製造事業の第1歩として藤永製薬を子会社化

■中長期の成長戦略と進捗状況 4. 医薬品製造販売事業の進捗と今後の考え方 クオールホールディングス<3034>は2019年3月期決算の決算説明に際し...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(11):アウトソーシングニーズの高まりでCMR派遣は順調な成長が続く見通し

■中長期の成長戦略と進捗状況 3. BPO事業の成長戦略と進捗状況 クオールホールディングス<3034>のBPO事業は子会社のアポプラスステーションと...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(10):マンツーマン薬局と親和性の高い「地域連携薬局」認定取得を進める方針(2

■中長期の成長戦略と進捗状況 (2) 薬機法改正に対する同社グループの対応 薬機法改正(認定薬局の出現)に対する直接的な対応策については、その認定基準...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(9):マンツーマン薬局と親和性の高い「地域連携薬局」認定取得を進める方針(1)

■中長期の成長戦略と進捗状況 2. 保険薬局事業の成長戦略と進捗状況 調剤薬局ビジネスをめぐっては、薬機法改正が今まさに進行している。これは各社の...

2019.12.13
注目トピックス 市況・概況
東京為替:ドル・円は高値圏、ポンドの値動きに警戒も

 13日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、109円60銭台で推移。英総選挙の結果や米中貿易協議の原則合意について欧州勢の動向が注目されるなか、ポンド...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(8):3事業で中期目標の売上高3,000億円、営業利益250億円を目指す

■中長期の成長戦略と進捗状況 1. 中期成長戦略の全体像 クオールホールディングス<3034>が掲げる中期目標とそれに向けた成長戦略は従来から一貫して...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(7):中核のCSO事業でCMR数が過去最高水準、セグメント業績は増収増益で着地

■クオールホールディングス<3034>の業績の動向 3. BPO事業の動向 BPO事業の第2四半期は、売上高6,123百万円(前年同期比10.8%増)...

2019.12.13
注目トピックス 経済総合
韓国の経済を分析する vol.3 変調時の外貨水準に不安【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】

【フィスコ世界経済・金融シナリオ会議】は、フィスコ・エコノミスト、ストラテジスト、アナリストおよびグループ経営者が、世界各国の経済状況や金融マーケットに関する...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(6):既存店において処方箋応需枚数、処方箋単価がいずれも着実に伸長

■業績の動向 2. 保険薬局事業の動向 保険薬局事業の第2四半期は、売上高75,660百万円(前年同期比18.7%増)、営業利益3,309百万円(同1...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(5):保険薬局事業、BPO事業ともに順調に伸長し、期初予想を上回って着地

■業績の動向 1. 2020年3月期第2四半期決算の概要 クオールホールディングス<3034>の2020年3月期第2四半期決算は、売上高81,249百...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(4):コントラクトMR派遣のCSO事業を中核にCRO事業など4つの事業を展開

■クオールホールディングス<3034>の会社概要 3. BPO事業 BPOとはBusiness Process Outsourcing(業務プロセスの...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(3):『マンツーマン薬局』と異業種連携による『新業態』薬局の2つの業態で展開

■会社概要 2. 保険薬局事業 (1) 事業規模と業界内でのポジショニング 保険薬局事業セグメントの具体的な事業内容は、調剤薬局の運営と病院内売店の...

2019.12.13
本日の注目個別銘柄
村田製、三井住友、WSCOPEなど

<6981> 村田製 6671 +89 反発。トランプ米大統領が中国との第1段階の貿易合意を承認と伝わっている。15日に発動予定だった中国からの輸入品約16...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(2):保険薬局事業とBPO事業の2つの既存事業を展開。医薬品製造販売事業に進出

■会社概要 1. 沿革 クオールホールディングス<3034>は1992年、現代表取締役会長の中村勝(なかむらまさる)氏により設立された。1993年に日...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
クオールHD Research Memo(1):薬機法改正は大きな転機となる可能性。マンツーマン薬局をアドバンテージに

■要約 クオールホールディングス<3034>は大手調剤薬局チェーンの1社で、調剤薬局店舗数で第2位、売上高で第3位(上場企業ベース)の位置にある。マンツ...

2019.12.13
注目トピックス 市況・概況
日経VI概況:大幅に低下、米中間の歩み寄り期待で日経平均は24000円台回復

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は13日、前日比-1.19pt(下落率7.47%)の1...

2019.12.13
相場概況
日経平均は大幅続伸、1年2カ月ぶり24000円台回復

日経平均は大幅続伸。12日の米国市場でNYダウは続伸し、220ドル高となった。米中が貿易協議の「第1段階」で合意したと伝わり、投資家心理が上向いた。また、英総...

2019.12.13
注目トピックス 市況・概況
マザーズ先物概況: 大幅続落、時価総額上位銘柄群がそろって重しに

13日のマザーズ先物は前日比22.0pt安の852.0ptと大幅に5日続落した。なお、高値885.0pt、安値は846.0pt、取引高は3183枚。本日のマザ...

2019.12.13
注目トピックス 市況・概況
Eワラント:売れ筋・値上がりランキング(大引け)

■eワラント売れ筋トップ10(2019/12/13 15:30現在) 順位 銘柄名(権利行使価格) 前日比 レバレッジ 販売価格 1 日経平均 マイナ...

2019.12.13
ビットコインニュース
STANDAGE、ブロックチェーン活用の貿易エスクロープラットフォーム正式版を提供開始【フィスコ・ビットコインニュース】

ブロックチェーン技術を使った貿易決済プラットフォームサービスを展開するSTANDAGEは13日、2019年12月13日に貿易エスクロープラットフォーム「Sha...

2019.12.13
注目トピックス 市況・概況
東証業種別ランキング:全33業種が上昇、非鉄金属が上昇率トップ

全33業種が上昇、非鉄金属が上昇率トップ。住友鉱山<5713>が5%近く上昇したほか、古河電工<5801>や住友電工<5802>も3%以上上昇するなど全般堅調...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(9):配当性向は15〜20%を目安に安定配当を実施

■株主還元策 インタースペース<2122>は配当の基本方針として、業績動向や資金ニーズ、将来の事業展開のための内部留保などを総合的に勘案して決定するとし...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(8):EV/EBITDA倍率は5倍台と相対的に低位評価

■同業他社比較 アフィリエイト運営会社の大手はインタースペース<2122>のほかファンコミュニケーションズ、アドウェイズ、バリューコマース、リンクシェア...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(7):将来的にメディア運営事業をインターネット広告事業と並ぶ規模まで拡大する方針

■今後の見通し 2. 事業方針 インタースペース<2122>は2020年9月期の事業方針として、「広告事業の再成長に向けた取り組み強化」「グローバル展...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(6):2020年9月期は減収減益見通しだが、下期は2ケタ増収増益に転じる見込み

■今後の見通し 1. 2020年9月期の業績見通し インタースペース<2122>の2020年9月期の連結業績は、売上高が前期比5.4%減の27,000...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(5):財務内容は健全、M&Aは手元キャッシュの範囲内で検討進める

■業績動向 3. 財務状況と経営指標 インタースペース<2122>の2019年9月期末の総資産は前期末比270百万円増加の9,091百万円となった。主...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(4):eコマースの大型案件獲得によりインターネット広告事業が増収増益に

■インタースペース<2122>の業績動向 2. 事業セグメント別の動向 (1) インターネット広告事業 インターネット広告事業の売上高は前期比1.3...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(3):大型受注案件の獲得で2019年9月期は増収、営業増益を確保

■業績動向 1. 2019年9月期の業績概要 インタースペース<2122>の2019年9月期の連結業績は、売上高が前期比1.2%増の28,552百万円...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(2):アフィリエイトサービスとメディア運営事業を展開

■事業概要 インタースペース<2122>は1999年にインターネット広告事業を主目的として設立され、現在はアフィリエイト広告を中心とするインターネット広...

2019.12.13
注目トピックス 日本株
Iスペース Research Memo(1):2020年9月期は成長基盤を構築するための投資期間と位置付け

■要約 インタースペース<2122>はアフィリエイト広告を中心としたインターネット広告事業と、育児支援サイト「ママスタジアム」を中心としたメディア運営事...

^