大紀元時報
トップ文化・歴史 三国時代
三国時代
Arek Socha / Pixabay
2019.09.05
『三国志演義』にちなんだ偉大な男・関羽の話

中国の歴史上、最も尊敬される人物の中には、あの有名な「関羽」が挙げられます。関羽に対する崇拝は三国時代からすでに始まりました。当時、関羽が亡くなってから、魏、呉、...

Pixabay
2019.08.12
三国志 ビジネス考
孔明から学ぶ!無理難題な取引先との調整方法

諸葛亮孔明は赤壁の戦いのときに、周瑜から2つの無理難題を突きつけられました。 一つは10万本の矢を集めること、もう一つは東南の風を吹かせることです。これをどのよ...

2019.08.12
三国志 ビジネス考
能ある鷹は爪隠す 陸遜の演技能力から学ぶビジネス能力

陸遜は三国鼎立の時代を迎え、赤壁以後の、呉と蜀が争う真っ只中で、荊州とよばれる地域を奪取しました。 ここでは陸遜の類まれな才能、演技能力からビジネスで役立つ部分...

Pixabay
2019.08.06
三国志 ビジネス考
立場は関係ない?典韋に見る上司との付き合い方

上司と部下の関係の中で、特に部下が上司とどう付き合っていけばいいのか、悩むこともあるのではないでしょうか。 ここでは、三国志の時代に「悪来」と呼ばれた典韋から見...

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.07.28
三国志 ビジネス考
類まれな調整能力を学ぶ|呉の裏方を支えた魯粛

魯粛は周瑜に仕え、赤壁の戦いでは劉備と同盟し、曹操と対抗することを提案し、曹操軍を退けたことはご存知だと思います。 そんな魯粛からビジネスに役立つ、調整能力を学...

(イメージ / Pixabay CC0 1.0)
2019.07.27
三国志 ビジネス考
陳羣に学ぶ社内規定 九品官人法と出世の関係

陳羣という名前はあまり聞いたことがなくても、九品官人法(もしくは九品中正法)についてご存じの方はいるのではないでしょうか。 そんな陳羣の作った九品官人法の意義と...

清・『増像全図三国演義』挿絵(パブリック・ドメイン)
2019.06.30
無学から国士となった名将 呂蒙

呂蒙(りょもう、178年―219年)は三国時代の呉の英雄であり、大都督まで上り詰めた人物です。しかし彼の家は貧しく、小さい時から字を読めませんでした。その後、彼は...

清の時代に描かれた諸葛亮と司馬懿の対峙の様子( パブリック・ドメイン)
2019.06.22
諸葛孔明でも天意に逆らえなかった

諸葛孔明(181年- 234年)は、三国時代の蜀漢の政治家、戦略家です。彼は天文、地理、軍事の学問に精通し、草廬(そうろ 孔明の出世前の住居)から出る前に、既に天...

兄の劉備を尋ねて千里を駆け抜ける関羽(北京・頤和園の回廊絵画)(Shizhao / Wikimedia Commons CC BY-SA 3.0 )
2019.02.24
偉大なる男・関羽

中国の歴史上、最も尊敬されている人物に、あの有名な「関羽」が挙げられる。

大紀元
2019.02.10
三国志
千年にわたり誤解され続けた大義の士:曹操

「三国志」というと、人々は劉備、関羽、張飛を義の士と言い、曹操は義が無いかのように言われている。実のところ曹操も義の厚い人間の王である。最も分かりやすい例は、趙雲...

GettyImages
2019.02.07
古代中国の物語
諸葛孔明の妻は本当に醜かったのか?

古代中国では、結婚式の際に花嫁が「紅蓋頭(ホンガイトゥ)」と呼ばれる大きな赤い頭巾をかぶる習慣がある。実は赤い頭巾を最初に使った女性は諸葛孔明の妻・黄月英であると...

草船で矢を拝借 (画:金協中)
2019.01.05
神韻へのいざない
天才軍師 諸葛亮 草船で矢を拝借

最高の贈り物は、友から来るのでしょうか? それとも敵から来るのでしょうか? 3日で10万本の矢が必要となった天才軍師は、最も便宜的な解決策を見出しました。敵の弓や...

2019.01.04
神韻へのいざない
中国四大名著の一つ:三国志演義

「昔から、天下の大勢は長く分かれていれば必ず一つになり、長く一つであれば必ず分かれるという」―『三国志演義』冒頭

関羽を祀る「関帝廟」の多くは文化大革命の時に破壊されてしまいましたが、日本の横浜にある関帝廟の他、世界中の中華街にある「関帝廟」で関羽の「義」のスピリットは生き続けているのです(横浜中華街・関帝廟/photoAC)帝廟」で関
2018.12.10
三国志 関羽が中国で神様と崇められた訳

青龍刀を片手に赤兎馬をかり、劉備の部下として数々の戦いで大活躍した関羽。三国志の英雄としては、名軍師として名高い諸葛亮とともに、日本でも非常に人気があります。

(大紀元)
2018.10.07
諸葛亮が子孫に残した家訓

諸葛亮の一生は、克己奉公したもので、後世の人の手本となった。彼は、自分の子女に遠大な志を持つことを教え、54歳のときに8歳の息子の瞻に有名な『誡子書』を書き残した...

大紀元
2018.10.02
諸葛亮の名言十選

諸葛孔明の十の名言を身につければ一生受益し、自然と本領発揮して成し遂げることができるでしょう。

ウィキペディア
2018.09.27
三国時代の輝かしいスター・曹操の本当の姿

三国時代の輝かしい政治スター曹操と言えば、頭に何が浮かぶでしょう?人々は「三国演義」で描かれた悪賢く、奸佞、手段を択ばない梟雄を思い浮かぶでしょう。実は本当の曹操...

2018.09.18
諸葛孔明は預言者

諸葛孔明は預言者?諸葛亮(紀元181年~234年)、字は孔明、劉備の名軍師で劉備を補佐して漢の復興を謀った。劉備は「三顧の礼」を持って、諸葛孔明に「天下三分の計」...

諸葛亮を得て、劉備はついに自身の本懐である漢室の復興を実現することになった
2018.02.02
【中国のことわざ】三顧の礼

ある人が劉備に諸葛亮を推薦した。彼が稀代の天才だというのだ。そこで劉備は、関羽と張飛を連れて隆中の諸葛亮に会いに行った。ところが、諸葛亮はあいにく不在で、どこに行...

(Photo AC)
2018.01.02
諸葛亮の羽毛扇に秘めた物語

中国の三国時代、蜀の劉備に仕えた軍師・諸葛亮。天文学や地理、兵法に通じ、神のごとく敵を翻弄する戦術で稀代の大天才と謳われた。諸葛亮の幼少時代については謎が多いが、...

(全景林/大紀元)
2017.10.25
教育
心に響く 古代の賢人の言葉

「イクメン」という言葉がもてはやされ、子育てに積極的な男性が増えています。女性にとっては朗報ですが、子供の忍耐力や道徳心を育てる、真の「イクメン」が増えてほしいと...

(iStock)
2017.09.15
【二十四孝】竹にすがり泣く親孝行の孟宗

中国三国時代、呉国に孟宗(もう そう)という親孝行の息子がいました。幼い頃に父を亡くし、高齢の母は重い病にかかっていました。彼は医者から、母に新鮮な筍のスープを作...

(Flickr/Robin Zebrowski)
2017.08.23
度量の広いリーダー
部下の裏切りを許した武将

三国志に登場する天下人・曹操(そうそう)。当時の歴史をドラマチックに描いた「三国志演義」の影響から、冷酷で計算高い人物とされていますが、実は部下からの信頼が厚く、...

(大紀元資料室)
2017.08.12
夫婦の絆
嫁は顔よりも性格

古代の中国の子どもが習ったという「三字経」。その儒教の教えの中に、君臣の義(ぎ)、父子の親(しん)、夫婦の順(じゅん)という三網(さんこう)が出てきます。この三つ...

(暁韻/大紀元)
2017.02.03
古風悠々
自分に厳しい諸葛亮 自らの降格を要求

三国時代のお話です。丞相(じょうしょう)の諸葛亮は劉備の遺志を継ぎ、建興6年(西暦228年)に北伐を敢行し、魏の拠点を次々と攻め落としました。しかし、武将の馬謖(...

古代よりリーダーに求められるのは度量の大きさ(Epoch Times)
2017.01.26
古代中国の物語
寛容で度量の大きい宰相 蒋琬(しょうわん)

三国時代、蜀の君主は諸葛孔明が病で亡くなると、孔明の生前の言葉に従って、蒋琬(しょう わん)を起用し、宰相に任命しました。蒋琬は仁徳を備えた寛容な人だったと言われ...

赤い頭巾を被り、結婚式へ向かう花嫁 (Cormac Heron/Flickr)
2016.02.24
古代中国の物語
諸葛孔明の妻は本当に醜かったのか

古代中国では、結婚式の際に花嫁が「紅蓋頭(ホンガイトゥ)」と呼ばれる大きな赤い頭巾をかぶる習慣がある。実は赤い頭巾を最初に使った女性は諸葛孔明の妻・黄月英であると...

2016.01.18
弟子規 (21)

真正な君子は、物質的な方面で他人に及ばなくてもかまわず、品德、学問或いは才能、技術の上で他人に及ばないときに自ら刻苦精励する。また、着ている服や口にする飲食が他人...

2015.12.06
中国古典舞踊への誘い
探海

三国時代の魏の始祖、曹操は、武術に長けていました。それだけでなく、詩人としても讃えられています。曹操が詠んだ『観滄海』はこの「探海」の技能にまつわる情感を見事に表...

2015.10.19
弟子規(8)

^