大紀元時報
トップ 党文化の解体
党文化の解体
中国共産党第一回全体大会に参加した一部の代表者(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第7章(5)

 【大紀元日本5月29日】2.伝統的な祝日を廃止、党が按配した「党の祝日」(続き) 六月一日の「児童デー」を祝う国はみな「社会主義」あるいは「元社会主義」国である...

【党文化の解体】第7章(6)

 【大紀元日本6月5日】3.天地の神に感謝せず、党に感謝する婚礼の新しい形式 1)正統文化の結婚式 正統文化が重視する四大礼節に、冠礼、婚礼、葬礼、祭礼がある。「...

女性も天の半分を担える。男性:子供が泣いているので、様子を見に行ってごらん。女性:私も忙しいのが分らないの?(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第7章(7)

 【大紀元日本6月13日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 党文化は政治、経済のような公共の分野を占領したほか...

【党文化の解体】第7章(8)

 【大紀元日本6月19日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 1)産児制限 2006年、中国メディアがこのような...

【党文化の解体】第7章(9)

 【大紀元日本6月26日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 2)革命の同志である夫婦 東方の伝統文化でも、西方...

【党文化の解体】第7章(10)

 【大紀元日本7月3日】4.子作りを制限する、夫婦は革命の同志である、男女に区別なし、女性も天の半分を担える 3)男女に区別なし、女性も天の半分を担える(続き) ...

【党文化の解体】第7章(11)

 【大紀元日本7月11日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 1)干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う 自然災害に言...

共産党の指示に従って戦う(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第7章(12)

 【大紀元日本7月17日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ...

「これでもまだ法輪功の修煉を続けるか?」「転向しないなら火葬してやる!」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第7章(13)

 【大紀元日本7月24日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ...

カメラマン:「紙に書いてあるとおりに読み上げたら、治療費が免除されるよ」。(看護婦が手に持っている紙の内容:「私は法輪功学習者だ」)。お婆さん:「主人は法輪功の修煉をしたことないのに?」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第7章(14)

 【大紀元日本7月31日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ...

【党文化の解体】第7章(15)

 【大紀元日本8月7日】5.干ばつ対策、洪水対策、自然と闘う、共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ 2)共産党の指示に従って戦う、階級闘争の観念を持つ ...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(1) 習慣化された党文化の思惟

 【大紀元日本8月14日】一つの文化が形成されるまでには通常きわめて長い時間を要するが、ごく短い数十年で、中国共産党は尋常でない宣伝と残酷な政治運動を通じて中国で...

娘が父親に「あなたとの間に一線を画す!」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(2)

 【大紀元日本8月21日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 1)誰に対しても警戒心を持つ (1)習慣的な警戒心は党文化がもたらした結果  中国...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(3)

 【大紀元日本8月28日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 1)誰に対しても警戒心を持つ (2)警戒心の伝承 自分はそのような政治運動を経験し...

【党文化の解体】第8章(4)

 【大紀元日本9月4日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 2)闘争意識を持つ言語 2001年、中国本土の言語学者は若い世代の流行語を調査して、...

【党文化の解体】第8章(5)

 【大紀元日本9月11日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 2)闘争意識を持つ言語 (1)言葉中の闘争意識の成因  「誰に対しても警戒心を持つ...

警察の言葉「まだ法輪功が良いと言ったら、苦しめてやる!」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(6)

 【大紀元日本9月18日】1.誰に対しても警戒心を持ち、言葉に闘争意識を帯びる 2)闘争意識を持つ言語 (3)闘争の言葉がもたらした悪い結果 闘争の言葉は人の心を...

【党文化の解体】第8章(7)

 【大紀元日本9月25日】2.党から離れない創作の習慣性 二〇〇五年十一月十三日、吉林省石油化学製品会社の工場が爆発して、松花江は大量の発ガン性毒物に汚染された。...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(8)

 【大紀元日本10月7日】2.党から離れない創作の習慣性 2)「党」から離れない創作内容 延安時期の早くから、「文芸は政治のために奉仕すべき」として、中国共産党は...

【党文化の解体】第8章(9)

 【大紀元日本10月13日】2.党から離れない創作の習慣性 3)「党」から離れられない創作時の思考過程 党文化が文芸の創作に対してもたらした影響とは、人々の思考を...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(10)

 【大紀元日本10月16日】3.党に符合しない観念は危険な意識 「このような話はこれから止めてくれ、特に外で言ったら駄目だ」、「あなたの考えは反政府的で、とても危...

指定範囲内で活動を許される。「広い心に感謝します」「教育に感謝します」「知遇の恩に感謝します」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(11)

 【大紀元日本10月23日】3.党に符合しない観念は危険な意識 警官「家でインターネットするなら、事前に公安局に登録しろ!」(イラスト・大紀元)互いの警戒心は人々...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(12)

 【大紀元日本10月30日】4.中国人に八股文を習慣化させた党文化 「真面目に×××の模範的事例と崇高な精神を学んで、×××を保って発展させて、引き続き各民族と団...

邪霊に取り憑かれる(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(13)

 【大紀元日本11月7日】4.中国人に八股文を習慣化させた党文化 2)党八股の背後にある心理 党八股の話し方の背後には、実は一種の強迫観念が存在する。人々は党八股...

「優秀な道徳、高尚な風格」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(14)

 【大紀元日本11月14日】5.混同された党と政府、国、民族の概念 中国共産党は権力を奪い取ったことを「建国」と称して、まるで私たち五千年の歴史は地球上に存在した...

「党のいかなる組織も党中央に服従すべき」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(15)

 【大紀元日本11月20日】5.混同された党と政府、国、民族の概念 1)「一切」である党 (8)国と民族の代弁者と自称する党 愛国の情熱と民族に対する愛着は最も質...

【党文化の解体】第8章(16)

 【大紀元日本11月27日】5.混同された党と政府、国、民族の概念 2)党と政府、国、民族との概念を混同した中国人 米国の大統領を批判した人がいたとしても、その人...

愛国とは何であろうか(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(17)

 【大紀元日本12月4日】5.混同された党と政府、国、民族の概念 4)愛党ではない愛国  中国では古来より愛国者が後を絶たなかったが、国を愛することは党を愛するこ...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(18)

 【大紀元日本12月11日】5.混同された党と政府、国、民族の概念 6)中国共産党に鳴る弔いの鐘 (イラスト・大紀元)中国共産党の終焉について耳にするとすぐに「で...

「反省して、中国共産党という憑き物を取り除く」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第8章(19)

 【大紀元日本12月18日】 結び:正常な考え方に回帰 人間の頭は巾着のようなもので、黄金を入れれば黄金の巾着になり、党文化を入れれば共産党思想の巾着になり、知ら...

^