大紀元時報
トップ 党文化の解体
党文化の解体
「保先運動」(大紀元)
【党文化の解体】第5章(13)

 【大紀元日本10月28日】4.党に言われる通り何でもやる 正常な人の行動は自己の判断により行うものである。この種の判断は的確な情報と普遍的道徳基準を基礎とすべき...

大紀元が発表した『九評』(共産党に対する九つの論評)と題する一連の特別社説により引き起こされた共産党離脱ブーム(大紀元)
【党文化の解体】第5章(14)

 【大紀元日本11月4日】4.党に言われる通り何でもやる 2)「服従道具」は何の目的に服務する 中共は、ただ単に赤裸々に「党の言う通りにやれ」と人々を嗾けているだ...

中共による法輪功学習者生体臓器摘出(イラスト=大紀元)
【党文化の解体】第5章(15)

 【大紀元日本11月11日】4.党に言われる通り何でもやる 4)飲まざるを得ない苦果 中共は不定期的に各種の政治運動を発動する。毎回の運動は巨大な災難をもたらす。...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(1)

 【大紀元日本11月18日】 まえがき 言語―民族の魂と記憶 人類がその記憶の保存、情報の交換、経験の伝承、後世への教育のための道具となるものは言語である。民族の...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(2)

 【大紀元日本11月30日】1.互いに呼び合う「同志」 中国人にとって最も熟知している「党話」は「同志」だろう。張同志、王同志、老同志、小同志、男同志、女同志、好...

【党文化の解体】第6章(3)

 【大紀元日本12月2日】1.互いに呼び合う「同志」(続き) 実は、豊富な呼称を「同志」に簡単化させるのは共産党のイデオロギーである「闘争」の需要である。確かに、...

思想と認識を統一させ、常に党中央と高度な一致を保つ(イラスト=大紀元)
【党文化の解体】第6章(4)

 【大紀元日本12月9日】2. 典型的な「党八股」用語 1)会議精神、路線、認識、思想報告――中共邪教が国民の精神を統制する手段 「○○会議の精神」を伝達させるこ...

「610弁公室」は法律と政府を超越し、警察、検察、裁判所、国家安全局、メディアなどを全部迫害の凶器として使っている(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(5)

 【大紀元日本12月16日】2. 典型的な「党八股」用語 3)宣伝、貫徹(徹底した理解)、執行、呼びかけ(呼集)、労働模範、上級、代表、委員会――厳しい等級を持つ...

【党文化の解体】第6章(6)

 【大紀元日本12月27日】2. 典型的な「党八股」用語 4)奮闘、自己批判、闘争、批判と自己批判――闘争を扇動して「党」の結束力を強める「運動が起きた! 運動が...

【党文化の解体】第6章(7)

 【大紀元日本1月1日】3.中国共産党は「党話」で中国人の生活を再編 1)慣れてしまい自覚もしなくなる「党話」 現在の中国社会に「党話」は精神信仰、政治体制、経済...

下の文字:中国共産党のマジックショー
 帽子に書かれた文字:中国特色を帯びる社会主義、財産私有制度を消滅、調和のとれた社会、社会主義の初級段階、マルクス主義、毛沢東思想、_deng_小平理論、江沢民代表、共産主義(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(8)

 【大紀元日本1月6日】3.中国共産党は「党話」で中国人の生活を再編 2)党話に強制的に築かれた政治体制  (1)党話の核心である共産党 「共産党」は党話の核心で...

【党文化の解体】第6章(9)

 【大紀元日本1月14日】3.中国共産党は「党話」で中国人の生活を再編 3)党話が強制的に築いた精神面の環境 共産党はその指導する思想を世界と人生にとって唯一の「...

【党文化の解体】第6章(10)

 【大紀元日本1月20日】3.中国共産党は「党話」で中国人の生活を再編 4)国民の私的空間に大挙侵入する党話  中国共産党は厳密に社会を統制しているため、正常社会...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(11)

 【大紀元日本1月27日】4.大規模な粛清を経て確立された党話 言語の形成と発達は一つ自然なプロセスである。漢字システムの安定性は、中華文明の安定と統一を維持させ...

「世界中のブルジョア政権を覆せ!」と叫ぶレーニン(大紀元)
【党文化の解体】第6章(12)

 【大紀元日本2月4日】4.大規模な粛清を経て確立された党話 2)党話の成り立ちと変遷党文化の本質を見極めるには、その変わる所と変わらない所に注意しなくてはならな...

【党文化の解体】第6章(13)

 【大紀元日本2月10日】4.大規模な粛清を経て確立された党話 3)段階を経る一時期の党話と制度としての党話 ある語句は中国共産党の発展のそれぞれの段階を貫いて使...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(14)

 【大紀元日本2月18日】4.大規模な粛清を経て確立された党話  4)党話と正常な人間社会の言葉との関係 (3)中国語の元来の語意を変える  一部の中国語の元来の...

【党文化の解体】第6章(15)

 【大紀元日本2月24日】4.大規模な粛清を経て確立された党話 4)党話と正常な人間社会の言葉との関係 (5)語彙が持っている「連想意味」を変える  語義学から見...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(16)

 【大紀元日本3月3日】4.大規模な粛清を経て確立された党話 5)党がやくざ世界の隠語を押し付けたという党話の本質 中国共産党の設立当初はやくざの一派であり、政権...

古い書き方では、「党」の上半分は「尚」と書いて下半分は「黒」と書く。孔子は『論語』に「君子は矜にして争わず、群して党せず」と説いた(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(17)

 【大紀元日本3月12日】5.党話の特徴  党話には、多くの捉えやすい特徴がある。例えば、よく言われるのは「うそが多い、大げさ、内容が薄い」、粗野で野蛮で、殺気に...

「打ち殺してもただである」、「法輪功学習者を打ち殺したら自殺として片付ける(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(18)

 【大紀元日本3月20日】5.党話の特徴 2)党話の多層的な欺瞞性 党文化は多層的な性格を持っている。表向きの性格、中間層の性格、核心の性格に分けることができる。...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(19)

 【大紀元日本3月27日】5.党話の特徴 3)党話の抽象性と詭弁性  正常な人間社会の言葉は具体的で、理解しやすいものである。古代の中国人は「身を修めて家を斉え、...

【党文化の解体】第6章(20)

 【大紀元日本4月3日】6.党話が広められた結果 1)文化、言語の面で亡国となった中国の現実  人類の歴史上、外来の侵略者はある国の土地を占領できても、その国の民...

失業後の辛い思い出。「労働者階級は最も先進的な階級です。卒業後、あなたは工場に行きたいですか、それとも行政機関、病院などに行きますか」
「工場に行きたいです!」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(21)

 【大紀元日本4月14日】6.党話が広められた結果 3)党話―当代中国人の色眼鏡 言語は思想の道具であり、人間の思想は単語と語句の組み合わせによって表現される。党...

【党文化の解体】第6章(22)

 【大紀元日本4月17日】6.党話が広められた結果 3)党話―当代中国人の色眼鏡 (2)中国人が正常に物事を考えられなくなった党話  党話を使うと中国人が正常に思...

「安定はいかなることより優先させるべき」(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第6章(23)

 【大紀元日本4月24日】結び:党話を除去して、正常な言葉で話す 1)どのように党話を見分けるか  党話を除去するには、まず党話を見分ける必要がある。党話に沿って...

店員が「時代劇」「道徳番組」「反腐敗番組」「改革ドラマ」のコップに、漏れなく党文化を混ぜて飲料を作っている(大紀元)
【党文化の解体】第7章(1) 日常生活の中の党文化

 【大紀元日本5月1日】どの偉大な文明もみな、長い間の蓄積と進化の過程を経てきた。五千年にもおよぶ中華文明の中で、一代また一代と帝王が死に、そのたびに一つの時代が...

(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第7章(2)

 【大紀元日本5月8日】1.中国の伝統皇暦を「旧暦」もしくは「陰暦」と称し、中国新年を「春節」と称する 1)中国の伝統皇暦を「旧暦」もしくは「陰暦」と称する(続き...

かまどの神様(イラスト=大紀元)
【党文化の解体】第7章(3)

 【大紀元日本5月15日】1.中国の伝統皇暦を「旧暦」もしくは「陰暦」と称し、中国新年を「春節」と称する 2)「春節」と称される新年  年越しは華人社会の最も大切...

清明上河図
【党文化の解体】第7章(4)

 【大紀元日本5月22日】2.伝統的な祝日を廃止、党が按配した「党の祝日」  伝統的な祝日の中では、年越しを中国共産党が「春節」と称した以外にも、党がこれを廃止し...

^