大紀元時報
トップ 党文化の解体
党文化の解体
党文化の下で「絶えず前進あるのみ!」(大紀元)
【党文化の解体】第4章(1)

 【大紀元日本1月15日】目次1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 1)今日中国人民の思想を統制する者 2)洗脳される側から自ら思考して罵り、共産党を擁護...

【党文化の解体】第4章(2)

 【大紀元日本1月26日】1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 1)今日中国人民の思想を統制する者 今日、中国人民は一体何を考えているのかを見てみたい。 ...

【党文化の解体】第4章(3)

 【大紀元日本2月8日】1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 3)朝令暮改式の党の考え方 一つの風刺的な現象として、もし中共の歴史を個々の時代に分けると、...

「安定が何よりだ」(大紀元)
【党文化の解体】第4章(4)

 【大紀元日本2月16日】1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 4)中共に期待するという矛盾 (1)経済の表面上の繁栄がもたらす視覚的衝撃:「経済水準を引...

【党文化の解体】第4章(5)

 【大紀元日本2月27日】1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 4)中共に期待するという矛盾 (3)誰でも同じ 「国情」は、中共が口実のために愛用している...

【党文化の解体】第4章(6)

 【大紀元日本3月13日】1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 4)中共に期待するという矛盾 (3)誰でも同じ(後半) ロシアがさしたる混乱もなく改革され...

【党文化の解体】第4章(7)

 【大紀元日本3月25日】1.悪党の思想と思考回路、悪党組織特有の言語 4)中共に期待するという矛盾 (5)共産党の対立する二面性 共産党は悪事を絶えずやってきた...

【党文化の解体】第4章(8)

 【大紀元日本4月1日】2.無神論から来る無鉄砲 無神論は党文化の核心の一つである。中共が人々の思想を改造できた理由は、民族の伝統文化を遮断し、マルクス・レーニン...

【党文化の解体】第4章(9)

 【大紀元日本4月8日】2.無神論から来る無鉄砲 2)天地と戦い、自然を破壊(後半) 「三峡ダムプロジェクト」「南水北調プロジェクト」(南部の水資源を北部に運ぶ計...

【党文化の解体】第4章(10)

 【大紀元日本4月16日】 2.無神論から来る無鉄砲 4)社会的な危機をもたらす性の氾濫 現下の中国では、「貧を嘲笑い娼を嘲笑わない」社会になってしまった。中共の...

【党文化の解体】第4章(11)

 【大紀元日本4月22日】 3 天地をも恐れず、嘘を偽り汚い言葉、下品な挙動 中国は昔「礼節の国」と言われていた。天を敬服し、神を信じ、善悪には報いがあると言うの...

【党文化の解体】第4章(12)

 【大紀元日本4月29日】 3 天地をも恐れず、嘘を偽り汚い言葉、下品な挙動 2)党文化は人をごろつきにさせ、下品な言葉を言わせる 嘘偽りを言うほかに、下品な言葉...

【党文化の解体】第4章(14)

 【大紀元日本5月13日】 4.党文化がなければ、もはや正常な話し方や思惟ができなくなっている中国人 今日の中国人は、もし党文化がなければ、もはや正常な話し方や思...

【党文化の解体】第4章(13)

 【大紀元日本5月27日】【お詫びと訂正】 5月13日付で掲載した【党文化の解体】(13)は「第4章-4」の内容で、本来、この「第4章-3-3)」の後に掲載される...

南泥湾の「大生産運動」は実は、ケシを植え、アヘンを製造していたに過ぎない(大紀元)
【党文化の解体】第4章(15)

 【大紀元日本6月3日】 4.党文化がなければ、もはや正常な話し方や思惟ができなくなっている中国人 1)人々の思想を統制する党文化の言語体系(後半) 中共の政権奪...

【党文化の解体】第4章(16)

 【大紀元日本6月10日】 4.党文化がなければ、もはや正常な話し方や思惟ができなくなっている中国人 3)人々の生活習慣になる党文化の闘争的意識 伝統的な中国人の...

(イラスト=大紀元)
【党文化の解体】第4章(17)

 【大紀元日本6月24日】 4.党文化がなければ、もはや正常な話し方や思惟ができなくなっている中国人  4)党文化という決まり切った思惟方法から抜け出せない中国人...

【党文化の解体】第4章(18)

 【大紀元日本7月1日】 4.党文化がなければ、もはや正常な話し方や思惟ができなくなっている中国人 4)党文化という決まり切った思惟方法から抜け出せない中国人(下...

(大紀元)
【党文化の解体】第5章(1)

 【大紀元日本7月8日】 【大紀元日本7月8日】 まえがき 中共による統制下の中国では、異様であることが多い。印象深いものを一つ挙げれば、各種のスローガンが満天に...

「鉄鋼生産を2倍に、10年でイギリスを追い越し、15年でアメリカを追い駆けろ」(大紀元)
【党文化の解体】第5章(2)

 【大紀元日本7月15日】1.「共産党がなければ新中国はなし」  2)異なる時期における模様替え 「共産党がなければ新中国はなし」、多くの人はこの言葉はすでに何十...

「共産党がなければ中国はどうなる?」に対し、人々は「汚職官吏打倒」「腐敗根絶」を訴える(大紀元)
【党文化の解体】第5章(3)

 【大紀元日本7月22日】1.「共産党がなければ新中国はなし」 3)共産党がなければ、中国はどうなる 「共産党がなければ新中国はなし」と言うスローガンが宣伝しよう...

江沢民は、少なくとも数百万平方キロメートル以上の不法に占領された中国の領土(黄色部分)を正式にロシアに帰属させた(大紀元)
【党文化の解体】第5章(4)

 【大紀元日本7月29日】1.「共産党がなければ新中国はなし」 4)共産党は中国に何をもたらしたのか 一世紀近くの歴史を振りかって見ると、「三座の大山を押し破り」...

清の乾隆期から今日までの中国のGDPが世界のそれに占める割合(大紀元)
【党文化の解体】第5章(5)

 【大紀元日本8月12日】1.「共産党がなければ新中国はなし」 4)共産党は中国に何をもたらしたのか (4)社会の富への略奪と無駄遣い 眼下の中共は、毎年8%のG...

北京ではSARSに対応させるため、急遽若者を入党させた。上海では江沢民が「避難」のために逃げた(大紀元)
【党文化の解体】第5章(6)

 【大紀元日本8月19日】2.「両親である父母といえども、党ほど親しくはない」 今日の多くの中国人にとって言えば、「父母といえども、党ほど親しくはない」と言うスロ...

「党よ、親愛なる母よ、共産党がなければ新中国はなし、党中央の周囲に緊密団結せよ…共産党による日々の洗脳」
【党文化の解体】第5章(7)

 【大紀元日本8月26日】2.「両親である父母といえども、党ほど親しくはない」 2)「母たる党」の心情を教え込む 「民謡を歌って、党に聞かせよう、私は党を母に喩え...

延安整風運動(大紀元)
【党文化の解体】第5章(8)

 【大紀元日本9月2日】2.「両親である父母といえども、党ほど親しくはない」 3)悪人を父と看做す心理的原因 (3)ストックホルム症候群 1973年8月23日、ス...

人民の権利、私が全部を代表する(三つの代表論)(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第5章(9)

 【大紀元日本9月16日】3.党の話を聴け、党について行け 宣伝の中で、中共は単に人々が「共産党がなければ新中国はなし」を信じさせ、「感謝」の気持ちを持たせるだけ...

共産党歴代の要人(イラスト・大紀元)
【党文化の解体】第5章(10)

 【大紀元日本9月23日】3.党の話を聴け、党について行け 2)「党の話を聴く」は人々に何をもたらしたのか 暦次の政治運動と洗脳を経歴した今日の中国人は、すべてと...

【党文化の解体】第5章(11)

 【大紀元日本10月7日】3.党の話を聴け、党について行け 2)「党の話を聴く」は人々に何をもたらしたのか(続き) 八九年の学生運動で打出したスローガンは「腐敗に...

邪教コンテスト―中国共産党第一位(大紀元)
【党文化の解体】第5章(12)

 【大紀元日本10月14日】3.党の話を聴け、党について行け 3)「党について行く」についての幾つかのパターン 共産党はもはや過去の共産党でなくなり、その上、今日...

^