大紀元時報
トップ 医学古今
医学古今
(Martin Cathrae/Creative Commons)
【医学古今】 栄養学と食養生

【大紀元日本10月3日】栄養学は現代医学の食事指導の基本理論です。栄養の過不足によって起きた健康問題は、この理論に基づいて指導すれば効果が得られます。しかし、原因...

【医学古今】 鍼灸 予想外の効果

【大紀元日本10月18日】鍼灸治療を施していても、治療効果を予測できない場合がよくあります。軽い病気でもなかなか効果が得られないこともあれば、難しい病気に対して非...

(Longtrekhome/Craetive Commons)
【医学古今】 慎重に選択すべき医療法

【大紀元日本10月31日】漢方医学の古典には「有病不治、可得中医」という言葉があります。つまり、病気になった時に、たとえ治療を受けなかったとしても、中等レベルの治...

(Wonderlane/Creative Commons)
【医学古今】 古代医学の祝由科

【大紀元日本11月28日】現代医学が臨床で治療科を分類するように、古代医学においてもいろいろな治療科に分類されていました。例えば、明の時代には十三科の分類方法があ...

(Acidpix/Creative Commons)
【医学古今】 経絡敏感人

【大紀元日本12月5日】現代医学は過剰に検査機器に依存し、人間自身の持つ感知能力を無視する傾向があります。一方、伝統医学は最大限に人間の感知能力を生かして、生理や...

【医学古今】 お屠蘇 疫病予防に効果

【大紀元日本12月19日】昔から正月にお屠蘇を飲む習慣があります。疫病の予防に効果があると言われていましたが、今それを信じて飲む人はほとんどいないでしょう。これを...

(yakobusan Jakob Montrasio/Creative Commons)
【医学古今】 腎気不足と便秘症

【大紀元日本1月7日】一般的に腎臓は尿の生成と排泄に密接に関係していることが知られていますが、排便機能にも強く関係していることはあまり知られていません。漢方医学の...

(toyo/PhotoAc)
【医学古今】 目の病気に肝を治す

現代医学の理論では、目と肝臓には繋がりがあると考えられていません。一方、漢方医学の理論では、目は肝に属する器官であり、目の状態は肝臓と密接に関係していると考えられ...

Worldizen/Creative Commons
【医学古今】 咽喉痛に奇穴の効果

【大紀元日本1月30日】先日、肩こりを治療している患者(40代の女性)さんが、風邪に続く咽喉の痛みも治療してほしいと訴えました。そこで、体質を判断したうえで、咽喉...

(Flowers.Lover/Flickr)
【医学古今】 体のだるさに鍼灸治療

【大紀元日本2月27日】もしあなたが体のだるさを訴えて病院を受診しても、ほぼ無視されるでしょう。というのは、体のだるさは病気ではなく、病気の付随症状でしかないから...

(William Brawley/Flickr)
【医学古今】 鼻水に命門のお灸

【大紀元日本3月14日】鼻水は鼻粘膜の分泌異常によって起きる症状で、現代医学では耳鼻科で治療しますが、漢方医学の場合、鼻は肺の付属器官だと考えています。ですから、...

【医学古今】 唇の異常に脾を治す

【大紀元日本3月27日】漢方医学の理論では、すべての器官が臓腑に帰属しています。例えば唇は脾臓、舌は心臓、耳は腎臓、鼻は肺臓、目は肝臓などに関連しています。そこで...

(Mikebaird/Fickr)
【医学古今】 花粉症に未病の治療

漢方医学に「未病を治す」という言葉があります。つまり、現れる前に治療するということです。 花粉症の患者さんは、症状が出てはじめて治療を始めるのですが、漢方医学の理...

(TANAKA Juuyoh/Flickr)
【医学古今】 免疫力増強に鍼灸の療法

【大紀元日本4月24日】免疫力の増強にワクチン接種は有効な方法です。しかし、これによって得られた免疫力は特定の感染源にしか効果がありません。感染源が特定できない場...

(AC/Flickr)
【医学古今】 狭心症に漢方療法

【大紀元日本5月9日】狭心症(きょうしんしょう)とは、心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の異常(動脈硬化、攣縮など)による一過性の心筋の虚血のため、胸痛や胸部圧...

TANAKA Juuyoh/Flickr
【医学古今】 狭心症の治療穴

【大紀元日本5月22日】狭心症の治療によく使われるツボに壇中(だんちゅう)と内関(ないかん)があります。 壇中は両乳頭を結ぶ線が胸骨体正中線と交わるところ、高さは...

Moyan Brenn/Flickr
【医学古今】 左側の病気に右側のツボで治療

【大紀元日本7月2日】体の右側の症状を治療するために左側のツボ、左側の症状を治療するために、右側のツボを使う場合がよくあります。漢方医学の古典『黄帝内経』の中で、...

森野猫/Flickr
【医学古今】 咽喉痛に液門穴の効果

【大紀元日本7月10日】液門(えきもん)穴は第4と第5指の間、第5中手指節関節前の凹部にあります。三焦経のツボで、頭痛、目赤、耳痛、耳鳴、喉痺などの症状に使われま...

【医学古今】 火鍼治療法

【大紀元日本7月24日】漢方医学には「寒則熱之」という治療原則があります。つまり寒冷の病症に温熱の療法を施すという意味で、寒邪によって起こした疼痛性症状に火鍼で治...

ttbus/Flickr
【医学古今】 瀉血療法

【大紀元日本7月31日】漢方医学では瘀血という概念があります。瘀血は一般的に血流状況が悪くなり、局部に血が止まったり滞ったりすることを...

Chris West/Flickr
【医学古今】 頻尿の鍼灸治療

【大紀元日本8月21日】頻尿は高齢者によく見られる臨床症状の一つです。現代医学では、この症状を主に膀胱の機能状況を考えて治療しますが、漢方医学では、主に腎の機能状...

Samuel John/Flickr
【医学古今】 ヘルペスにお灸

【大紀元日本9月4日】単純性ヘルペス、俗に言う「熱のはな」はウイルス感染症ですから、抗生物質を使って治療します。しかし、お灸治療でも非常に早く効果を得られます。 ...

Kanko/Flickr
【医学古今】 リウマチと湿邪

【大紀元日本9月25日】現代医学では、リウマチは自己免疫性疾患の一つで、今でも原因が分かっていません。自分の体を守るはずの抗体がなぜ自分の細胞を攻撃するのでしょう...

Puamelia/Flickr
【医学古今】 秋の風邪に漢方医学

【大紀元日本10月8日】風邪なら葛根湯と思っている方は多いと思います。しかし、これは漢方医学の考え方ではありません。漢方医学で風邪を治療する場合、少なくとも季節の...

Peasap/Flickr
【医学古今】 虫刺されに鍼灸の効果

【大紀元日本11月6日】先日、肩こりと腰痛を訴えて当鍼灸治療院に通っていた患者さん(70代男性)の両下腿に、直径10センチほどの赤い腫れがみられました。数日前に虫...

Zaggora Hot Pants/Flickr
【医学古今】 踵の痛みに漢方と鍼灸

【大紀元日本12月9日】踵に痛みについて、現代医学では主に局部の骨、滑液包、腱、腱膜などの病変を治療しますが、漢方の場合、臓腑と経絡(けいらく)理論から原因を分析...

liz west/Flickr
【医学古今】 慢性蕁麻疹(じんましん)の鍼灸治療

【大紀元日本12月24日】長年、蕁麻疹に悩まれている患者さんがいます。抗アレルギー剤で一時的に改善しますが、薬を飲まなければ再発します。このような患者さんは漢方か...

【医学古今】 踵の痛みに手首のツボ

【大紀元日本1月7日】踵(かかと)の痛みには腎経と膀胱経のツボを取って治療します。ところが手首内側にある大陵(だいりょう)というツボで非常に良い効果が得られました...

Pieter van Marion/Flickr
【医学古今】 月の満ち欠けと鍼灸の補瀉

【大紀元日本2月5日】月の満ち欠けは潮位に影響しているので、海の仕事に携わっている人たちは常に注意しなければなりません。一方、月に満ち欠けは、鍼灸治療とも強く関係...

Yannick Bammert/Flickr
【医学古今】 目の奥の痛みに鍼灸治療

【大紀元日本3月19日】眼の奥の痛みには頭痛もしばしば見られます。症状が両目に現れる場合もあれば、片目だけの場合もあります。肩こりを伴う場合も少なくありません。 ...

^