大紀元時報
トップ 文化・歴史

文化・歴史

漢字の紐解き 古代中国の物語 歴史人物 古人の知恵
中国伝統の技、古典舞踊は驚くほど俊敏(神韻芸術団)
2018.04.11
【動画】これぞ中国の技!俊敏、豪快、エレガントを表す古典舞踊

ほどけるように咲く蓮の花、高山に吹き荒れる吹雪、厳しい修道の道など…中国古典舞踊は、多種多様な技法で、広大な大地が育んだ中国伝統文化を表現しています。

出発して5日後、羅倫は旅費が不足していることに気づいた。羅倫が困っていると、従僕は「数日前、私は金の腕輪を拾いました。質に入れれば旅費の足しになるのではありませんか」と言った。(灘 伏見/写真AC)
2018.04.11
情けは人の為ならず

中国明朝の時代、永豊というところに羅倫という人がいた。羅倫が科挙を受験しに上京して行く途中、羅倫に付き添ってきた従僕が金の腕輪を拾った。しかし従僕はその事を主人に...

おいしい焼売はある居酒屋店主が発明したと言われています。(NTDTV)
2018.04.02
美食秘話
居酒屋店主のひらめきから生まれた焼売

薄皮に具を包んで蒸し上げる焼売は、日本でも広く愛されている点心の一つです。その起源は約700年も前の元王朝にあると言われ、当時の社会を記した書物「朴事通」に登場す...

(George Lu/Flickr)
2018.03.26
【漢詩の楽しみ】 春 暁(しゅんぎょう)

【大紀元日本3月31日】春眠不覚暁処処聞啼鳥夜来風雨声花落知多少 春眠(しゅんみん)暁(あかつき)を覚えず。処処(しょしょ)啼鳥(ていちょう)を聞く。夜来、風雨の...

Robert Couse-Baker/Flickr
2018.03.25
中国伝統文化百景
女媧の功績

天が崩れた原因、女媧が天を補修した経緯について、二説がある。『列子』湯問には、「天地も物である。物には不足がある。ゆえに昔女媧が五色の石を煉ってその欠けたところを...

2018.03.18
中国伝統文化百景
「女媧」人類創造の女神

盤古が天地を切り拓いた後の世は、人間などの生命がおらず、荒涼たる世界であった。そこで、人類の創造主である女媧が盤古に次いで中国文明史に登場した。女媧は人を造るばか...

実は苦しみを嘗めることは、悪いことではありません。現実から言えば、苦難は人の意志を練磨することができ、それによって内心が強靱になり、将来の成功に結びつきます
2018.03.16
中国古典
憂患に生き 安楽に死すとは

中国の思想家、孟子は紀元前三百数年前、「憂患に生き 安楽に死す」と人々に警告したことがあります。しかし、わたしたちは往々にして気の向くまま、欲望の赴くまま流されて...

Tomoaki INABA/Flickr
2018.03.12
中国伝統文化百景
民間で口頭伝承されていた盤古神話

盤古は、天地創造の神として、人類創造の神である伏羲や女媧よりも前に存在したはずである。しかし『史記』(前漢時代)や『風俗通義』(後漢時代)に伏羲と女媧についての記...

(Fotolia)
2018.03.04
糟糠の妻

貧乏暮らしをしながら献身的に夫を支える「糟糠の妻」という言葉。最近では、成功した芸能人が苦労を共にした妻を捨て、不倫に走ったといったスキャンダルが目立ちますが、こ...

06年、ニューヨークで開催された全世界華人新年祝賀祭で歌う関貴敏氏(新唐人テレビ)
2018.02.17
神韻
元「中国歌王」共産党賛美の歌はもう歌わない

1944年、中国内陸部の山西省長治で関貴敏氏は生まれた。テノール歌手で80年代を中心に活躍。伸びやかな高音域と、西洋歌曲と民族歌謡の歌唱法を融合させた独特の歌の世...

旧正月、誕生日、入園入学入社、引っ越しなど、あらゆる祝い事に好んで作られる餃子。幸せを包み込む(China Photos/Getty Images)
2018.02.17
伝統文化
旧正月の祝い方 食べ物編:魚をひっくり返してはいけないのは何故?

旧正月は、家族の再会を祝って団欒し、新たな一年への希望を抱く時です。お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、叔父叔母、離れて暮らす親戚に電話をかけて、「新年快...

2月、旧正月の飾り付けがなされた北京市内の公園の樹木に触れる少女(NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2018.02.16
伝統文化
包丁を使わない「元旦」旧正月の祝い方 習慣編

2018年の旧正月は2月16日から。神々や先祖を敬い、伝統に基づき、家をきれいにして新しい服を着、新年を祝います。日本では江戸時代まで太陰太陽暦を採用していました...

帝でありながら北宋最高の芸術家とされる徽宗の院体画の傑作 桃鳩図(スクリーンショット)
2018.02.14
芸術を愛した皇帝 北宋・徽宗の明と暗 

中国歴代の皇帝は、その個人に初めから権威があったわけではない。つまり、権威の象徴は個人ではなく、あくまでも天から授かったとされる皇宮の玉座にある。その前提の上で、...

成語典故(図:柚子)
2018.02.03
【日本語に生きる中国故事成語】
実はプラス思考の表現だった「鳴かず飛ばず」

プロの世界で名を成すことのできる人は、ほんの一握りです。甲子園を沸かせ、鳴り物入りでプロに入りながら、「鳴かず飛ばず」で終わった選手は珍しくありませんし、演歌の世...

諸葛亮を得て、劉備はついに自身の本懐である漢室の復興を実現することになった
2018.02.02
【中国のことわざ】三顧の礼

ある人が劉備に諸葛亮を推薦した。彼が稀代の天才だというのだ。そこで劉備は、関羽と張飛を連れて隆中の諸葛亮に会いに行った。ところが、諸葛亮はあいにく不在で、どこに行...

(スクリーンショット)
2018.01.20
中国伝統文化百景
道を失って堕落した殷からの誡め

商(殷)(前1600頃~1046年)は天乙(湯)から帝辛(紂王)までの30代を経た。殷の後期に入ると、次第に先王の道から逸れてしまい、紂王の代にいたると、道を完全...

とんど同士がぶつかりあう!(写真/大道修)
2018.01.17
小正月 広島 尾道市で伝統のとんど祭開かれる

正月飾りや書き初めを燃やし、1年の無病息災を祈る伝統行事「とんど祭り」が広島県尾道市の山波小学校で、小正月の14日、催された。

元服の「元」とは首(はじめ)の意味で、男女とも髪を結いあげ、男子は髻(もとどり)を結いあげ、冠物(かぶりもの)を常用するようになる。女子は前髪をあげ、晴れのときには櫛・釵子(さいし)・簪(かんざし)などの髪揚げ具を着けるようになる。元服の「服」は、童形服から、大人の服へと改めることを意味する。(写真/國學院大學)
2018.01.12
奈良平安の古式ゆかしい「成人加冠式」 大学キャンパス内で厳かにとり行われる

奈良・平安時代に貴族の間で行われていた成人儀礼「成人加冠式」が20日(土)に國學院大學渋谷キャンパスでとり行われる。

(Photo AC)
2018.01.02
諸葛亮の羽毛扇に秘めた物語

中国の三国時代、蜀の劉備に仕えた軍師・諸葛亮。天文学や地理、兵法に通じ、神のごとく敵を翻弄する戦術で稀代の大天才と謳われた。諸葛亮の幼少時代については謎が多いが、...

東日本大震災をきっかけに、この黒丸の地から日本を応援したい、そしてこの黒丸地区を盛り上げようと始まった地域おこしのイベントで、今では清水寺の年越しイベントとして定着している(福岡県宮若市)
2017.12.31
大晦日 三千本の竹灯篭の暖かい灯り 宮若市「清水寺の竹灯籠」

三千本の灯りに包まれる幻想的な空間。福岡県宮若市の山あい、黒丸地区にある清水寺で、30日、31日、竹灯籠イベントが開催されている。気候条件があえば、元旦に雲海を望...

地球の表面は華やかさを失いますが、地球の胎内は冬眠生活の生命で満ち溢れています(AC PHOTO)
2017.12.16
師走のご馳走

師走は冬至に向かって、日足がどんどん速くなります。夜が最も長くなり、地球は冬眠生活に入ります。地球は冬眠生活の暖炉と食料を確保するために、木枯らしを吹かして生命の...

(iStock)
2017.12.07
回心向善
良いも悪いも「一念」で決まる よい人生を送るには?

何であんな事をやってしまったのか…と過去の出来事を後悔することはありませんか?どんな行動も、始まりは心に萌した「念」であって、人はその念にコントロールされています...

(iStock)
2017.12.04
真の親切とは
孔子と弟子たちの問答

儒教の始祖・孔子は「有教無類」を唱え、身分や地位にかかわらず、すべての人が教育を受けるべきだとし、私塾を開いて教育を普及させました。門下に3千人の弟子がおり、中国...

(iStock)
2017.11.27
神仙伝
天国への階段 入口の基準は?

どのような人が天国へ行けるのでしょうか?中国の故事によれば、天から見た「善い人」とは官僚や慈善家である必要はなく、単に正直で誠実な人物のことを指しています。さて、...

(lacily wu/creative commons)
2017.11.26
1250年前、世界初お茶の専門誌が生まれた

唐代に誕生した世界初のお茶の専門誌『茶経』は、現在でも中国茶道のバイブルとして珍重されている。著者である陸羽(りくう)(733~804)は、茶聖(茶の聖人)と称え...

(_paVan_/Flickr)
2017.11.23
興亡を決めるもの
国を亡ぼす4つ「酒味色台」とは?戦国時代から学ぶ

生まれては滅亡を繰り返してきた中国の歴代王朝。その興亡を決めるのは、国の執政者の資質であると古人は言います。いつの時代にも、権力者につきまとうのは抗いがたい誘惑で...

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった(JOHN THYS/AFP/Getty Images)
2017.11.19
中国文化の崩壊
心のない愛 子を見ない親 簡体字が映すもの

愛は「爱」に変わり、「心」を無くした。つまり愛に心がこもらず、うわべのだけの愛となった。

元主席戦略間の愛読書を、トランプ大統領も参考にしているのかもしれない。紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書・孫子(ウィキペディア/Creative Commons)
2017.11.17
中国古代の兵法書
トランプ米大統領、金正恩政権に不戦勝戦略か

「戦わずして相手を屈服させる」ー中国古代の兵法書大作・孫子に記された戦の理だ。核・ミサイル開発を止めず、国営メディアでは物々しい言葉で日本や米国を威嚇する北朝鮮に...

長野県松本市安曇の涸沢カールは紅葉の名所(撮影・野上浩史)
2017.11.12
フォトジャーナル
【写真】山岳信仰、秋山のいただき 紅葉の絶景が広がる「涸沢カール」

風がひやりと冷たくなる秋。山野や木々はカラフルに紅葉して冬支度前のショーを見せてくれる。いち早く紅葉が見れるのは高山だが、特に長野県松本市安曇野の涸沢カールは名所...

(麝影/大紀元)
2017.11.10
親孝行
古希を迎えた老萊子(ろうらいし)

「百善は孝を先となす」。中国の伝統文化において親孝行は重要な要素のひとつ。それにまつわる70歳の古老の逸話があります。

^