大紀元時報

テレビ番組が提供した1万ドル相当の歯科治療で大変身!

2019年09月22日 09時07分
(Illustration - Shutterstock)
(Illustration - Shutterstock)

この女性は、ボーイフレンドの元交際相手からずっと受けている嫌がらせを止めて欲しいと2015年にイギリスのテレビ番組『ジェレミー・カイル・ショー』に出演。その意志とは裏腹に、視聴者から彼女の歯並びに対するひどいコメントの嵐となりました。しかしその災難の末、彼女は大変身を遂げることに。

ジェマ・スイフトがまだ6歳の頃、ふざけて後ろ向きに歩いて振り向いたところ、郵便ポストに激突しました。

その後、怪我は治ったものの、歯並びに悪影響が出てしまいます。激突した時の衝撃が強すぎたために歯が正常に発育せず、びっくりする容姿になってしまったのです。だからといって、大人になってからの生活や、デートすることに何の支障も感じていませんでした。

Peter Macdiarmid/Getty Images


しかし、彼氏トニーの元交際相手がジェマの外見に対し、ずっと嫌がらせをしてきたため、番組への出演を決意。いざ出演したところ、視聴者は彼女の歯に対する印象が強烈で、番組放送後も「あの歯の女性」などと呼ばれ、映画に出てくるような恐ろしいモンスターや気持ち悪い生き物のような扱いを受けたのです。彼女は自身の外見がどういうものか分かってはいましたが、まさか番組でそんなにひどい反応になるとは思ってもみませんでした。

番組のホストであるカイルと制作チームは、今後二度とそういう扱いを受けて欲しくないと、彼女に全ての歯を新しく入れ替えるための1万ドル相当の歯科治療をプレゼントし、治療後もう一度番組に出演することを約束しました。

1年後、全く見違える彼女が歯科医と一緒に番組に戻ってきます。かなり突き出ていた前歯は、いまは入れ歯ではあるもののまっすぐに整っており、何年ぶりかに自信を持った笑顔を見せました。
 

新しく歯を入れ替えたことに対し否定的な意見もありましたが、ネットでは圧倒的に大多数が彼女を祝福し応援する良い反応でした。それにより彼女の中で、今後はいい方向に上がっていくだけだという自信がより強くなりました。

今では日中外で「顔を上げて」歩けると言います。途中どんなにつらいことがあったとしても、この経験により彼女の人生は変わったのです。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連キーワード
^