大紀元時報

英国、北朝鮮に非核化交渉再開へ取り組み求める 飛翔体発射受け

2019年09月11日 11時42分
9月10日、英国は北朝鮮が新たに飛翔体を発射したことを受け、同国に対し、米国と非核化交渉を再開するとの表明を尊重するよう求めた。写真は2017年6月にジュネーブで撮影(2019年 ロイター/Pierre Albouy)
9月10日、英国は北朝鮮が新たに飛翔体を発射したことを受け、同国に対し、米国と非核化交渉を再開するとの表明を尊重するよう求めた。写真は2017年6月にジュネーブで撮影(2019年 ロイター/Pierre Albouy)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国は北朝鮮が10日に新たに飛翔体を発射したことを受け、同国に対し、米国と非核化交渉を再開するとの表明を尊重するよう求めた。

英外務省は声明で「北朝鮮が新たに短距離弾道ミサイル発射実験を行い、再び国連安全保障理事会決議に違反したことを強く懸念している」と表明。「北朝鮮に対し、米国との有意義な交渉に臨むとの表明を尊重するとともに、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化に向け前進するよう求める」と訴えた。

北朝鮮は、崔善姫(チェソンヒ)外務次官が9月末に米国と「包括的な協議」を行う意思があるとの声明を国営メディアを通じて発表した数時間後に、飛翔体を発射した。

^