大紀元時報

日米交渉、過去の経済連携協定内容が最大限=安倍首相

2019年03月14日 12時29分

[東京 14日 ロイター] - 安倍晋三首相は14日午前の参院予算委員会で、日米通商交渉では過去の経済連携協定の内容が最大限と共同声明で合意しており、これが大前提と述べた。その上で「農林水産業に携わる人の不安に寄り添いながら、わが国の農林水産業を守り抜く」と強調した。紙智子委員(共産)への答弁。

紙委員は、日米間でTPPと同水準で合意すると発効時期のずれによって米産牛肉の関税がTPP諸国より高い状態が継続するため、米国は必ずTPP以上の水準を求めてくるのではと質問。首相は「共同声明を大前提に、関税が下がるスピードも勘案しながら国益を確保するが、交渉の詳細は差し控えたい」と述べるにとどめた。

(竹本能文)

^