大紀元時報

米韓演習中止で米軍困惑、即応体制維持できるか

2018年06月17日 22時19分
 6月13日、トランプ米大統領が米韓合同軍事演習の中止を表明し、北朝鮮に予期せぬ譲歩を示したことを受け、米軍当局者は在韓駐留軍の即応体制をどう維持できるか、その対応を迫られている。韓国龍仁市で2016年8月撮影。提供写真(2018年 ロイター/Ken Scar/U.S. Army)
 6月13日、トランプ米大統領が米韓合同軍事演習の中止を表明し、北朝鮮に予期せぬ譲歩を示したことを受け、米軍当局者は在韓駐留軍の即応体制をどう維持できるか、その対応を迫られている。韓国龍仁市で2016年8月撮影。提供写真(2018年 ロイター/Ken Scar/U.S. Army)
 6月13日、トランプ米大統領が米韓合同軍事演習の中止を表明し、北朝鮮に予期せぬ譲歩を示したことを受け、米軍当局者は在韓駐留軍の即応体制をどう維持できるか、その対応を迫られている。韓国龍仁市で2016年8月撮影。提供写真(2018年 ロイター/Ken Scar/U.S. Army)

 

^