三度のJ1制覇 サンフレッチェ森保監督 電撃辞任

2017年07月04日 21時00分

 サンフレッチェ広島は、4日、森保監督の辞任を発表した。

 森保一監督は2012年にミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現・浦和)の後任として監督に就任してから、3度のリーグ優勝を成し遂げるなど素晴らしい功績を残していたが、今季は前半戦終了時2勝4分11敗で17位と低迷し、3日、辞任の意を申し出たという。

 森保監督は辞任にあたってチームのHPでファン・サポーター、選手、スタッフ等、サンフレッチェ広島に携わるすべての人に感謝を述べ、「プロは結果がすべての世界。皆さまに喜んでいただけるような結果を残すことができず、申し訳ありません」とコメントを残した。

 後任は暫定的に横内昭展ヘッドコーチが監督として暫定的に指揮を執ることとなる。

(編集・大道修)

関連キーワード

関連特集

^